東てる美 「肺腺がん」を告白、医療番組の人間ドックで偶然発見!!

By




スポンサードリンク


女優東てる美さん(61)が、「肺腺がん」を患っていることが12日にわかりました。幸いにも、がんは早期発見だったとのことで、近日中にも摘出手術を受ける予定だといいます。今後はしばらく芸能活動を休止して療養に努めるそうです。


株式会社広栄:東てる美・笹峯愛所属事務所


がんを早期発見したのは、TBS医療番組名医のTHE太鼓判!」の企画に出演したことがキッカケでした。東さんは5月に人間ドックを受診。心臓を中心とした検査でしたが、偶然にもX線検査で左肺に影が見つかりました。



スポンサードリンク


6月に精密検査を受けたところ、肺腺がんと診断されました。現在のステージはⅠBで、腫瘍は3センチ強と小さいためすぐに手術を受けることが可能とのこと。医師からは「完璧に治る可能性が高い」と言われているそうです。


東さん本人には自覚症状がないため、悪性の腫瘍であったことにはとても驚いている様子だといいます。


関係者いわく「日常生活で息苦しさや肺の不調を感じることもなかったようです。週に2、3回のフラメンコのレッスンを受けており、体は健康そのもの」と、現在も普段通りの生活を送っているようです。


タバコと酒が大好きな東さんは両親をがんで亡くしており、自身についても「今は2人に1人ががんになると言われているような時代。私もいつかがんになる」と覚悟をしていたと語っています。


東さんは今回、たまたまテレビ企画で検診したことで、症状が出にくいと言われる「肺腺がん」が早期で見つかったことを喜んでいるそうです。


「私は早期発見でラッキーだった。今後は検診の重要性を伝えたい」


関連記事


Tag
東てる美肺腺がん医療番組名医のTHE太鼓判!人間ドック
Share

スポンサードリンク