【A型は胃がん】に注意!血液型別「死にいたる病気」癌ニュース(2018/7/18 18:00)

By




スポンサードリンク


A型は胃がんに注意!血液型で“死にいたる病気”は違う!



A型は胃がんに注意!血液型で“死にいたる病気”は違う! | 女性自身

世界的には北欧など寒冷地に多いA型。O型に比べ、血が固まりやすく、ケガや出産時に出血が止まりやすいのが特徴だ。



「寒冷地では極寒の冬に出産に危険が伴いやすい。そのため、出血が止まりやすいA型が多いのではないかという説もあります」



しかし半面、血の固まり(血栓)ができやすいことがわかっている。



「’07年の英国の調査では非O型はO型に比べ、血栓のリスクが1.79倍。脳血栓や心筋梗塞の危険がそれだけ高いということです」



それだけではない。A型でもっとも大きなリスクは胃がんだ。



「スウェーデンの研究チームが100万人を対象に35年間のデータを調べた結果、A型はO型に比べ1.2倍もそのリスクが高いと報告されました(’10年)」



同じように、’11年には日本の研究チームが703人の胃がん患者を調べたところ、やはりA型がもっともかかりやすいという結果が出ている。A型は胃がんに要注意だ。


がんとうまく付き合う 本人も周囲も、支え合うには:朝日新聞デジタル

いま、家族の形はさまざまです。夫婦2人ともがんで互いに支え合っていたり、がんの両親を娘1人で世話していたり。かつて、終末期の女性に寄りそっていた夫が持病のうつを悪化させていることがわかり、彼の薬の量を増やす治療をしたこともありました。

 家族も大きなストレスを抱えることから、医師の中には「患者」ではなく、「患家(かんけ)」、つまり家族単位で診なさい、という人もいます。闘病生活が安定しているケースで多くみられるのは、患者が家族に一方的に支えられているのではなく、家事や家業を手伝うなど、患者自身もできる範囲で誰かを助けている「双方向性」です。


世界が注目する最先端がん医療が日本では「怪しい治療」扱いの理由 | 情報戦の裏側 | ダイヤモンド・オンライン

がん患者を救いたい。その一心だけで「医師」から未知の世界に乗り込んで、徒手空拳でゲノム研究の道を切り拓いてきた中村氏にとって、「日本の医師」は生ぬるくてしょうがない。ましてや、「標準治療」というガイドラインから外れた患者に、ああだこうだと屁理屈をこねて、何も手を差し伸べようとしないような医師は、「職務怠慢」以外の何物でもないのだ。

「一言で言えば、勉強不足。たとえば、世界のがん医療で常識となっている免疫療法に対して、『エビデンスがない』などと主張している医師がまだ大勢いる。海外の論文に目を通していないか、科学の基本的な素養がないとしか考えられません」



スポンサードリンク


がん手術は5歳刻みで選択が変わる あえて手術しない判断も│NEWSポストセブン

「手術はがんを除去できるメリットがある半面、メスを入れることや全身麻酔などによる負担が大きい。術後の後遺症や合併症もあり、部位やステージ、それに年齢次第ではリスクがベネフィットを上回る。末期の場合は別として、進行が遅く、命にかかわらないケースが多い前立腺がんなどは典型的ですが、年齢が増すほど『あえて手術しない』という選択肢を検討することが重要になってきます」


医師芸人しゅんしゅんクリニックP“肉食”渡辺直美に胃がんを警告 | 女性自身

【渡辺直美 判定:C】



体形を維持するために深夜2時にラーメンを食べているという渡辺。3時間で5,000キロカロリーを摂取することもあるそうだ。目を大きく見開きながら、しゅんしゅんはこう語る。



「直美さんは、成人男性の1日の摂取カロリーの2倍以上を摂取しています! しかも直美さんの場合は太りすぎ。もし意識がなくなるようなことがあった場合……人工呼吸管理をするとき、口の中にチューブを入れづらそうですね(苦笑)」



さらに、渡辺は「肉を食べる誘いは絶対に断らない」というほど“大の肉好き”を公言している。



「ステーキが大好物ということですが……実は、豚肉や牛肉などの赤い肉は、大腸がんのリスクを上げるという研究結果が出ています。まずはできるだけ牛肉を、魚に替えてほしいですね」

関連記事


Tag
A型胃がん渡辺直美がん免疫療法がんワクチン癌ニュースまとめ
Share

スポンサードリンク