【RIZIN.11】RENAが休養へ「1回普通の女性に」カンナに連敗

By




スポンサードリンク


「RIZIN.11」カンナに敗退のRENAが休養へ

RIZINパンチンググローブ


29日に「総合格闘技・RIZIN.11」がさいたまスーパーアリーナで行われました。RIZIN女子スーパーアトム級GP初代女王・浅倉カンナに惜しくも敗れ、リベンジを果たせなかったシュートボクシングの“ツヨカワクイーン”RENAが格闘技を一時休業する考えを示しました。



スポンサードリンク


今回は前回とは違い、1本負けではなかったRENA。「やってきたことは全部出し切れたかなと。負けてしまったのは悔しかったんですけど、自分の中で成長できたのが感じられたので、前回よりは納得できました」と振り返りました。

また、浅倉が「RENAが怖かった」とインタビューで語ったことについて、「絶対に勝つと、ぶっ倒す、ぶった切るというのを全面に出した。ポジショニングだけは負けてしまって。そこを改善すればチャンスはあるのかな」とコメント。

その上でRENAは「今は休みたいなと、成長も感じたられて楽しかったんですが、今は1回格闘技から離れたい。内容の濃い1か月だったので離れようと。そこから第2章が始まるのか始まらないのかまだ分かりません」と、落ち着いた口調で現在の胸中を語りました。

さらに、浅倉との再々戦については「すぐにはできないと思いますけど、私の成長レベルはすごいので次は負けない」と強気の姿勢を見せるも、「浅倉選手にこだわらず、海外にも挑戦したい。でも今はいったん格闘技から離れようかな。休もうかなと。1回普通の女性に戻りたい」と、可能性を残しながらも当面の間は休養することを希望しています。

ぜひとも“ツヨカワクイーン”RENAの復活を期待したいものですね!!


関連記事