がんリスクを高める病気が発表される(癌ニュース 2018/7/31 8:00)

By




スポンサードリンク



がんリスク


がんリスクを高める病気が発表される - Sputnik 日本

女性の糖尿病患者は腎臓、口、胃のがん、また白血病の発症リスクが男性よりも高いことが示された。男性の方が高かったのは、肝臓がんだけだった。


余命宣告トラブル 医師から「1年」、それから5年…仕事や財産手放し困惑|【西日本新聞】

「余命1年もないと医師に宣告されながら、5年たっても生きています」。難治性血液がんの成人T細胞白血病(ATL)と診断された男性から、特命取材班に悲痛な声が届いた。死を受け入れ、仕事や財産などの整理も済ませたという。「何も手元に残していない。どう生きていけば…」。そもそも余命宣告とは-。


「医師、未経験の治療だと説明せず」 がん患者ら提訴へ:朝日新聞デジタル

滋賀医大病院(大津市)の泌尿器科准教授が、自らが未経験だと説明せずに前立腺がんの放射線治療をしようとしたとして、患者ら4人が准教授と治療をさせようとした教授を相手取り、慰謝料を求める民事訴訟を近く起こす。「自己決定に必要な説明を医師から受けられずに精神的苦痛を被った」としている。



スポンサードリンク


[お笑いコンビ 藤崎マーケット 田崎佑一さん]腎臓がん(2)仕事中も「死」が頭よぎる : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

魚を取るテレビ番組では「大漁ですね!」と言いながらも「(自分は)がんなんやなあ」。「歌ネタ王決定戦」で優勝し、賞金300万円とラーメン10年分を手にして「やったー」と叫んでいても、「お金使う前に死ぬかもしれんけど」――などと思ってしまう。

 お客さんや妻のことを考えれば落ち込んだ姿は見せられないが、風呂で一人、急に寂しくなることもあった。


【ドクター和のニッポン臨終図巻】加藤剛さん、がんとうまく共生 揺らがぬ心まっとうした人生 (2/2ページ) - zakzak

胆のうがんはステージ1で発見できれば外科手術でほぼ完治しますが、発見時にはすでに他の臓器やリンパ節に転移していて、手術ができない場合が多いのです。

 加藤さんもおそらく、発見時に手術の適応がない状態だったのではないでしょうか。高齢を考えれば、亡くなる3カ月前までがんと知らずに、ごく普通に暮らしていたというのは、決して不幸とは思いません。がんとうまく共生ができていた、天寿がんとも言えるでしょう。亡くなる日の朝までご家族と会話し、穏やかに過ごされたそうです。

関連記事


Tag
がんリスク糖尿病余命宣告前立腺がん腎臓がん胆のうがんニュース胃がんブログ
Share

スポンサードリンク