【実録】ガンになったらどれだけお金がかかる?癌ニュース(2018/8/6 8:00)

By




スポンサードリンク


【実録】ガンになったらどれだけお金がかかる?癌ニュース(2018/8/6 8:00)



がんになるとどれだけお金かかる?「薬代は3週間分で2万円以上」 - ライブドアニュース

ガンに関する支出と収入については、表のとおり。保険は、日本の大手生命保険と、外資系の生命保険のガン保険に加入していた。

「アフラックのほうは、当時、1年の掛金が1万7000円足らず。その金額で保障は入院一日につき1万円、さらに 20日以上の入院をすると、自宅療養費として20万円が支払われるんです。

 私の場合、入院して2週間を過ぎたころ、医師から『そろそろ退院してもいいよ』と言われたのですが、そこは “そろばん” をはじいて(笑)、20日間、入院しました」

 退院後は、抗ガン剤による治療がスタートした。処方された「ゼローダ」を2週間飲み続けて、1週間休む。この3週間が1クールで、8クール、計24週間、繰り返す。

「薬代は、1クール分で2万円以上。20万円の自宅療養費を給付してもらえて、本当に助かりました(笑)」


みぞおちの不快感や痛み…それって胃がんかも?(All About) - Yahoo!ニュース

胃がんの初期症状として気をつけて頂きたいことは、以下の2つです。

1. みぞおちの不快感や痛み
胃もたれ、むかつき、膨満感といったみぞおちの不快感、そして、しくしく、きりきり、ずーんといった痛みが長引く場合には、要注意です。

もちろん、これらの症状は、胃酸過多による胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍でも見られる症状で、市販の胃薬で改善するケースも少なくありません。

しかし、薬を飲まないと必ず痛む、食欲不振が長く続く、症状が以前より悪化している、といった時には、是非、内科の先生にご相談下さい。


胃がん手術成功の55歳男性が退職せざるを得なかった理由│NEWSポストセブン

胃がんの手術に成功したHさん(55)が、長年勤めた会社を辞めたのは、食事の摂り方の変化を周囲に納得してもらえなかったからだった。

「体調は悪くありませんでした。ただ、胃を切除したので、一度に『一人前の食事』を摂ることができなくなったのです。そのため、私は複数回に分けて昼食を済ませていました。上司にはその旨を説明し、了解をもらっていましたが、どうにも社内の目が気になる。ほかにも、胃がんの後遺症で“ダンピング症状”があったため、結局、退職願を書きました」



スポンサードリンク


ドラマ「義母と娘のブルース」で注目される「スキルス胃がん」その正体と検診の必要性 | おたくま経済新聞

ドラマに出てくるスキルス胃がんは極めて予後が良くない疾患として有名となっていますが、スキルス胃がんを含めた胃がん全体の5年相対生存率はステージ1では97.3%、ステージ2では65.7%、ステージ3では47.2%、ステージ4では7.3%(全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査 KapWeb(2016年2月集計)による)と、初期であればあるほどその生存率は高くなっています。早く見つける事ができればその分寿命は延びるとも言う事ができるのです。

 筆者の母の話になりますが、自治体の無料健診の年齢となったので特に自覚症状はなかったが、とりあえず受けてみようと検査を受けたらがんの疑いが濃厚との検査結果。二次検査を行いその検査結果を聞きに行ったらあっさりと「がんですね。切りましょう。」と言われそのまま手術の日取りが決められ入院、手術。それからかれこれ20年近く経ちますが、今では何事もなかったかのようにぴんぴんしています。

 無自覚のうちに、早期発見、早期治療の為に行うのが、がん検診の大きな意味なのです。


胃がん:「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報:テーマ別特集:日経Gooday(グッデイ)

これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。


【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

NHKが行ったアンケート調査で、高額療養費制度があるにもかかわらず、約70%もの人が「ガン治療は経済的負担が大きい」と感じていることが判明しました。中には、薬の費用負担の重さに耐えきれず、使用を諦めざるを得なくなった患者さんもいらっしゃいました。

例えば、腎臓がんや肝臓がんに使われる「ネクサバール」という抗がん剤がありますが、これは1日2回合わせて4錠の服用が基本です。ところが、1錠の値段がなんと4,547円(保険適用前)もするのです。わずか1日で18,000円余りかかることになります(保険適用前/患者3割負担で約5,456円)。

また、腎臓の「アフィニトール」は1日1回2錠を服用しますが、こちらは、1錠の値段が12,711円(保険適用前)です。こうした薬を飲み続けるには、たとえ保険が適用されたとしても、1ヶ月辺り数万円から十数万円も自己負担しなければなりません。

他にも、医療技術の進歩によって、さまざまな病気の治療が可能になってきましたが、通常の健康保険が適用されないため、全額が自己負担となりかなり高額です。先進医療もそうした治療法のひとつです。

例えば、ガン治療に用いられる重粒子線治療なら約300万円、陽子線治療なら280万円以上かかるとされています。治療方法の選択肢が広がり、治癒の可能性が高まったことは朗報なのですが、高くて治療を受けられない患者さんは少なくありません。

もしかするとあなたも、薬代や治療費のことで二重に頭を悩ませているかもしれません。病気のことだけでも大変なはずなのに、さらに経済的な負担が加わってくると、肉体的にも精神的にも追い込まれてしまうと思います。

では、一体ガンとどのように向き合っていけば良いのでしょうか?

関連記事


Tag
がんガンお金がん保険スキルス胃がん食事療法代替療法
Share

スポンサードリンク