医師が「がん」を疑う症状、もしかして…?癌ニュース(2018/8/12 8:30)

By




スポンサードリンク



もしかして…?医師が「がん」を疑う症状


もしかして初期症状? 医師ががんを疑う症状とは [癌(がん)] All About

進行する貧血
何となくからだがだるい、息切れがする、めまい・ふらつきがある、といった症状は、通常の肉体疲労や、がん以外の疾患でも見られる症状です。貧血の症状としても多いです。ただし女性の場合は、多かれ少なかれ、貧血があることがほとんどなので、一回だけの血液検査や健康診断の結果だけで判断することはできません。

重要なのは、進行する貧血です。例えば生活習慣病でかかっている医療機関の3ヶ月ごとの血液検査で、ヘモグロビン値が、13mg/dlから、10mg/dlに下がるなど、7~8割以上の低下が見られる場合は要注意。

出血の原因は、消化器系(胃がんや大腸がん)のこともあれば、泌尿器系(腎がんや膀胱がん)、婦人科系(子宮がんや卵巣がん)のこともあります。

進行する貧血は、自覚症状のみではわかりづらいので、医療機関での血液検査が必要です。もし、貧血かな?と思っても自己判断せず、やはり採血して調べておくのがよいでしょう。


除草剤で男性が末期がんに 米農薬大手に約320億円の支払い命令 - ライブドアニュース

米カリフォルニア州在住で末期がんと診断されている男性が、がんになったのは農薬大手モンサント(Monsanto)の除草剤「ラウンドアップ(Roundup)」のせいだと同社を提訴した裁判で10日、陪審はモンサントに約2億9000万ドル(約320億円)を支払うよう命じた。

 陪審は全員一致で、モンサントの行動には「悪意があり」、除草剤「ラウンドアップ」とその業務用製品「レンジャープロ(RangerPro)」が、原告のドウェイン・ジョンソン(Dewayne Johnson)さんの末期がんの「実質的」な原因だったと結論付けた。モンサントは上訴する意向を示した。


抗がん剤39日間連続投与、副作用の影響で死亡|ニフティニュース

国立病院機構関門医療センター(山口県下関市)は10日、70歳代の男性患者に対して抗がん剤を過剰に投与する医療ミスがあり、男性が副作用の影響で死亡したと発表した。

 同センターによると、男性は2月中旬、土手から転落して足を骨折するなどして入院。男性は他の病院で脳腫瘍の治療を受け、抗がん剤を服用しており、親族がセンターに持参した。



スポンサードリンク


がん克服、甲子園で4番 「両親連れていく」手紙で約束:朝日新聞デジタル

「おなか痛い」。2006年2月の朝、5歳の上地君は泣きながら目が覚めた。母の佐代子さん(45)は「胃腸の具合が悪いのかな」。父の晃さん(46)が連れて行った病院で腫瘍(しゅよう)が見つかる。血液がんの一種。医師からは「生存率は7、8割」と告げられた。

 入院中、麻酔で眠らせ、点滴で抗がん剤を入れる。抜けていく髪の毛を面白がったり、医師にキャッチボールを挑んだり。無邪気な上地君のそばで両親は気が気ではなかった。「死んでしまうかもしれない」とハンディカメラで動画を撮り始めた。

 治療は成功した。抗がん剤の影響で成長や運動能力への障害も心配されたが、小学2年からは本格的に野球をできるように。中学でも続け、先輩がいる折尾愛真への進学を決めた。甲子園出場実績はなかったが「自分らの代で甲子園に行く」と両親に宣言した。


がん闘病中の古村比呂 手のしびれを嘆く「副作用は容赦ないです」/芸能/デイリースポーツ online

がん再々発を公表し、闘病している女優の古村比呂(52)が11日、公式ブログを更新し、「副作用は容赦ない」と、悩みを打ち明けている。

 古村は抗がん剤治療を受けているが、この日は「先ほど 縫い物をしたら 手先が痺れて 思うように縫えず 最近は 字を書くにも しっかりとペンが握れなかったり 副作用は 容赦ないです」と、副作用に嘆息。


≫もっと『古村比呂さんの記事』を読む


大林監督、脳にがん転移していた!肺がんで闘病中の昨年判明も「奇跡的に消えた」 (1/2ページ) - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

「実は去年3月、がんが脳に転移したんです」

 大林監督は6年前に前立腺がんを発病。克服したと思った矢先の2016年8月、今度は末期の肺がんで余命3カ月と告知された。手術は受けず、抗がん剤で劇的にがんが縮小したが、昨年、脳に転移が判明。「でも、放射線治療で奇跡的に消えたんです」と医学の進歩に感謝した。


≫もっと『大林宣彦さんの記事』を読む

関連記事


Share

スポンサードリンク