スキルス胃がんの増殖原因が特定、治療薬候補も‼癌ニュース(2018/8/14 9:00)

By




スポンサードリンク



スキルス胃がんの増殖原因が特定、治療薬候補も‼癌ニュース(2018/8/14 9:00)


慶応大、スキルス胃がん、増殖原因を特定 治療薬候補も  :日本経済新聞

慶応大学の佐藤俊朗准教授らは、治療が難しいとされる「スキルス胃がん」など一部の胃がんで治療の標的になるたんぱく質を突き止めた。このたんぱく質を阻害すると、がん細胞が増殖しにくくなることをマウス実験で確認した。他のがんで臨床応用が進む治療薬を使える可能性がある。

 成果は10日までに米科学誌「セル」に掲載された。

 胃がんで死亡する日本人は2016年で4万人超で、がんによる死亡原因の3位。減少傾向にあるが、なかにはスキルス胃がんなど難治例もある。がんが塊にならず散らばるように増殖するため発見が遅れやすく、有効な治療法が見つかっていない。


がん患者の「希望の光」となりえる“サバイバー生存率”とは何か(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

同データによると、日本人で最も多い胃がんの場合、女性の5年生存率は60%だが、サバイバー生存率は診断から1年後に78%、3年後に93%、5年後に96%まで上昇するという。100%に近づくほど、がんを患っていない人の生存率に近くなり、ほぼ治癒したと考えられる。


藤山直美、乳がん闘病から復帰「元に戻って普通の私がいる」 | AbemaTIMES

乳がん公表後、出演予定の舞台を降板し治療に専念していた藤山。去年5月には手術の成功を公表。今回、体力が回復したことから舞台に復帰し、「今日初めて皆さんの前に、動いている体で立たせていただいた。緊張というか…元に戻って普通の私がいる」と心情を明かした。



スポンサードリンク


乳がんによる死亡を防ぐ「BRCA検査」、本当に必要? | MYLOHAS

BRCA検査を受ける方がよさそうなのは、次のような人です。

50歳より前に乳がんになった人、60歳より前にトリプル・ネガティブ乳がんになった人、あるいは何歳のときでも両方の乳房の乳がんになったり、卵巣がんになったりした人。
何歳のときでも乳がんと卵巣がんの両方になった人。
50歳より前に乳がんと診断された親戚(血縁者)がいる人。
乳がんになった男性の親戚がいる人。
BRCA1またはBRCA2の変異を持つ親戚がいる人。
若いときに乳がんになった近親者(近い血縁者)が2人以上いる人。
祖先が「アシュケナージ系ユダヤ人」と呼ばれる血筋に当てはまっており、何歳のときでも乳がん、卵巣がん、またはすい臓がんになった近親者がいる人。
以上の要素があっても、必ずしもBRCA遺伝子変異を持つとは限りませんが、検査を受ける方がよいかどうか、専門家に相談してみる価値はあります。


合コン、旅行、新しい恋... 乳がんステージ4だった著者が綴る赤裸々闘病記(2018年7月31日) - エキサイトニュース(1/3)

35歳の時に乳がんと告知された白戸ミフルさんも、告知されたときには大きなショックを受け、涙が止まらなかったと言います。がんの進行が進んでいるとされる「ステージ4」と告げられた白戸さんは、精神不安定になったり、抗がん剤治療で心身ともに苦しんだりと、数々の苦難に遭遇します。普通ならば、ここから壮絶な治療との戦いや、闘病の葛藤が始まるのですが、白戸さんのデビュー作となったコミックエッセイ『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』では、タイトル通り、闘病中の白戸さんの意外な行動が描かれていきます。

関連記事