キャベツに「腸のがん」から身を守る物質が見つかる! - 癌ニュース

By




スポンサードリンク


大腸がんや直腸がんなど「腸のがん」に対して、キャベツに含まれるインドール-3-カルビノール(I3C)という物質が癌から腸を守ったり成長を遅らせることが発見されたそうです。身近な食材が健康状態を左右するなんてとても興味深い話しですね。まさに「食べものは薬」と言えると思います。



キャベツに「腸のがん」から身を守る物質が見つかる! - 癌ニュース


キャベツから、腸のがんから身を守る物質が見つかる - Sputnik 日本

キャベツ、コールラビ、ブロッコリーは、直腸がんや大腸がんの成長を遅らせる物質を含んでいる。Immunity誌に掲載された記事の中で述べられている。


急性リンパ性白血病に新たな治療法が登場 がん細胞だけを攻撃するメカニズムとは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

遺伝子操作した免疫細胞を体内へ戻してがんを治療する「CARーT(カーティー)細胞療法」という新たな治療法の開発が進んでいる。2018年2月から名古屋大学病院で、急性リンパ性白血病に対して臨床試験が始まっている。好評発売中の週刊朝日ムック「がんで困ったときに開く本2019」では、今後期待の最新治療として「CARーT細胞療法」を取り上げ、同院小児科教授の高橋義行医師取材している。


がんで困ったときに開く本 2019 (週刊朝日ムック)


【ニュースの深層】「AI診断」がん見落としの切り札に? 技術の高度化が生み出した病院の“死角”(3/3ページ) - 産経ニュース

横田氏によると、早期胃がんは炎症との判別が難しく、画像では専門医でも発見しにくいというが、「熟練医に迫る所まで精度を高めた」。がんの80%を見つけ、正常な組織の判断は95%。かかった時間は0・004秒だった。



スポンサードリンク


「がんエピゲノム」を検出する新手法 | 理化学研究所

多くのがんにおいて、エピゲノムの異常によるがん遺伝子の発現上昇が確認されています。BETファミリータンパク質[2]は高アセチル化[3]ヒストン[4]への結合を介してがん化に関わり、この結合を阻害する薬剤をがん細胞に投与すると、遺伝子発現パターンが正常細胞に近づくケースが知られています。しかし、このタンパク質がエピゲノムに結合するときの主要標的である、ヒストンH4の高アセチル化修飾に対する阻害剤の効果は不明でした。今回、共同研究グループは、BETファミリータンパク質に対する阻害剤をヒト肺がん細胞株に投与してもヒストンH4の高アセチル化は影響を受けず、この修飾が極めて頑強な「がんエピゲノム」の目印であることを突き止めました。


古村比呂 抗がん剤治療3種類から1種類に…医師の提案に「喜んで!」と即答(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

古村は「今日は 血液検査DAYでした」と報告。「抗がん剤治療後 二週間白血球数・赤血球数も少なかったですが」としつつ、医師から「身体の副作用を考えると今後 抗がん剤治療を3種類から 1種類にしましょう」と提案があったことを明かした。


≫もっと『古村比呂さんの記事』を読む

関連記事