樹木希林さんの「全身がん」癌ニュース(2018/8/18 8:00)

By




スポンサードリンク



SWITCH VOL.34NO.6(2016JUN.) 【特集】 樹木希林といっしょ。/スイッチ・パブリッシング


樹木希林さんの全身癌 - 癌(がん)専門情報サイト

おそらく乳がんと直感してから、手術するまでの間、自分なりに本を読んだり、インターネットで調べたり、どのように癌と向き合うかを模索していたのだと思う。



 しかし、多くの人が行う、手術という選択を取る。片方の乳房を全摘手術するという選択をした。術後、女性ホルモンを飲むように言われるが拒否、医者や家族からヤイヤイ言われて、やっと少しだけ飲むことにする。



 少しだけ、1か月飲んで身体の調子を慎重にみていると、これは飲んではいけないものと、身体が訴えていることを直感する。樹木さんの偉い所は、ここで女性ホルモンをきっぱりと、断ち切っている。



 その後、2008年には、腸、副腎、脊椎に転移が見つかる。やがて全身癌と宣告される。この時点において、樹木さんの取った行動が現在の、生活の質を低下させないで、仕事をしながら元気に生活できる状態を作り上げた原点となっていると想像する。



 樹木さんは、抗癌剤治療、手術、などは一切受けないことにする。九州の病院USAオンコロジーセンターで四次元ピンポイント放射線治療を受ける。担当医の植松稔先生は「抗癌剤治療のウソ」という本を書いた人である。


“全身がん” 樹木希林さん75歳、骨折で手術 - FNN.jpプライムオンライン

前橋赤十字病院・浅見和義整形外科部長は、「(大腿骨の骨折は)現在は約20万人を超えて、70歳以上の方が8割以上。骨粗しょう症が進みやすい女性の方が圧倒的に多くて、男女比にしますと、男性1に対して女性が4と。手術しないと、なかなか歩けるまでに治る期間が非常に長くて、だいたい2カ月くらいは歩けない状態で。結局、寝たきりになっている方が多いので、ほとんどの方は手術して、リハビリして、なるべく早く歩けるように戻すことが目標です」と話した。


尾崎亜衣、子宮頸がんで全摘…08年フジ系昼ドラ主演(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

2008年3~6月のフジテレビ系(東海テレビ制作)昼ドラマ「花衣夢衣」に主演した女優の尾崎亜衣(34)が子宮頸(けい)がんを患い、今年4月に子宮の全摘手術を受けていたことが16日、分かった。本人のブログによると、3月に病院で若年性がんでステージ1Bと診断された。



スポンサードリンク


悪い病気には必ず「こんな兆候」がある(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(2/6)

●胃がん

 空腹時にみぞおちあたりが痛む、食後にムカムカする―このような症状を繰り返したら、要注意だ。

「これは胃潰瘍の症状ですが、胃がんとの合併症が多い。このような症状の出た方が胃カメラを飲むと、胃潰瘍と一緒に胃がんが見つかるケースがよくあります」

 こう指摘するのは、都立駒込病院(東京都文京区)外科部長の岩崎善毅医師。胃がんは、初期の場合、症状がないことが多く、検診で発見されるケースがほとんどだという。では、がんがさらに進行した場合はどんな症状が出るのだろうか。

「食欲がなくなる、貧血、便に黒っぽい血液がまじる黒色便などの症状が出ます。食道と胃の境目にできたがんが大きくなると、食べ物がつかえるような感じがする。

 胃の下部、腸との境目にできると、食べてもすぐにお腹がいっぱいになったり、吐いてしまう、体重が急に減ってくるなどの症状が現れてきます。ここまで来ると、かなりがんは進行している。そうなる前に、胃の不具合を感じたら、消化器科の医師に相談しましょう」(岩崎医師)


「ソウルの女王」アレサ・フランクリンさん死去 76歳…膵臓がん - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

「ソウルの女王」と呼ばれた米音楽の伝説的な黒人女性歌手、アレサ・フランクリンさんが16日、膵臓(すいぞう)がんのため中西部ミシガン州デトロイトの自宅で死去した。76歳だった。米メディアが報じた。

Aretha Franklin - I Say A Little Prayer

関連記事