LINEテクで片思いの彼と仲良くなる方法!ヒューマンニュース(2018/8/20 7:00)

By




スポンサードリンク



LINE


試してみて!片思いの彼と仲良くなるためのLINEテク | ハウコレ

夜よりも朝に!「おはよう」LINEのススメ

好きな人についLINEを送りたくなる瞬間って、夜が多いと思いませんか?

夜はちょっぴり人恋しくなって、ポエマーになりがちな時間帯。自然と、好きな人の顔を思い浮かべることも増えます。つい夜になると「何してる~?」なんてLINEを送りたくなっちゃうんですよね。

これ自体がダメなことではないですが、もしLINEする時間帯が夜に偏っているなら、たまには朝に「おはよう」LINEを送ってみて!

夕方から夜にかけては、他の友達からの連絡も増える時間帯。あなたからのLINEを見逃したり、既読スルーしてしまう確率がアップするんです。でも朝なら、それほど他の連絡も入らないはず。

彼が朝起きてすぐに自分のことを思い出してくれる姿を想像するのも、嬉しいですよね♡


気配り上手な「A型君」を喜ばせる言葉 | TRILL【トリル】

几帳面という言葉を使わないで褒める

A型男性の特性として、まず挙げられるのは一般的に神経質で几帳面だというところです。

A型男性はデートの時にも、きちんとスケジュールを考えてくれて、その通りに行動する人が多いのではないでしょうか。

デートの別れ際に「あなたが考えてくれたプランはとても楽しかった」と声をかけてあげると、A型男性は報われた気持ちになります。また、仕事の場面ではA型男性の作成した資料を「見やすい」「的確」などと褒めてあげてください。

学生でしたら「いつもノートの取り方が整然としていてすごいわ。困った時は貸してね」というように、褒めた上で頼ってあげると、より自信を持てるでしょう。ただ、A型男性の中には、神経質だとか、几帳面だとかという言葉を嫌う人もいます。なるべく、その言葉を使わないようにした方が無難です。


愛されてハッピーな恋愛をする女子と、いつもうまくいかない女子の違いって? | ハウコレ

■「寂しいから誰かと付き合う」か「この人だから付き合う」か”

女子の中には「一人じゃ寂しいから」とか「とにかく彼氏が欲しいから」と、とりあえず誰かと付き合う人もいるでしょう。まぁ、相手男子との相性が良ければ勢いで付き合ったとしても良い関係が築けると思います。

けど、寂しさを紛らわすために相手の性格をよく見ず、とりあえず交際をスタートさせた場合、高確率でうまくいかず悩みが多くなるだけかと…。となれば、ちょっと時間の無駄に思いません?

『とりあえずで付き合っても続かない』と学べるのなら、それもいい勉強になるのでプラスですが、学べずにまた違う人を探し乗り換える感じで付き合う。で、また別れる……では、いつまでたっても幸せな恋愛はできません。



スポンサードリンク


2/3 本命と遊びの関係の境界線 [恋愛] All About

『恋愛のゴールは、好きな人の彼女になること? 相手に本気だと思ってもらうこと?』

相手に浮気されるのは、誰だって嫌だ。でも「この人と恋愛する!」と決めたら、信じ抜かないと意味がないと思う。才能でも性格でもいいから、この部分だけは自分のことより信頼できると本心で思えないと良い関係になんてなれない。裏切られたとか浮気されたというのは結果論だから。

まず信じ抜くことができたら、どんな結果でも学びはある。彼が浮気をしたくならないような信頼関係をつくることが、一番じゃないのかな。失いたくないと思わせる、いい女になることが。


焦りすぎた?結婚1年目のスピード離婚によくある原因 [離婚] All About

3)結婚を焦ってしまったために相手をよく見なかった

この頃、多いのがこのタイプです。女子会などで、「誰でも良いから、一回結婚したい!!」などと騒いでいませんか?

女性の場合は、妊娠が気になると、35歳前後で結婚に焦ってしまい、相手のことをよく見ずに、よく知らないままに結婚をしてしまう人も少なくありません。
特に、40歳が近くなると、「もう誰でもいい」となってしまう人も多いようです。
「好き」という感情よりも、「年収や条件」が優位になってしまうのも特徴で、結婚相談所などに入っても、条件だけを見て、片っ端からお見合いしてしまいます。

そのために、相手をキチンと見ようとか、相手を知ろうとしないために、結婚後に暴力的な男性だったと判明したり、恋愛感情が無いままに結婚をしたために最初からとても冷えた夫婦生活となってしまう事もあるのです。この場合、愛が無いので、ちょっとしたトラブルも乗り越えることが出来ません。相手の収入に惹かれて結婚をしたものの、結婚直後に相手から、実は借金があるから返済を手伝って、と告げられたり、などというパターンも少なくないのです。

関連記事