がん検診の「デメリット」癌ニュース(2018/8/22 8:00)

By




スポンサードリンク



無題


(2ページ目)がん検診の「デメリット」ーー実はかなりの割合でがんが見逃されているという問題 | 文春オンライン

「我が国でのがん検診全般について認められることであるが、その利益と不利益については、現状では十分な説明が行われていない。(中略)検診の利益としての肺がん死亡率減少効果について適切に説明するとともに、偽陰性・偽陽性・被曝などの不利益について十分な説明を行う必要がある」

 がん検診を受けるときに、こうしたデメリットについて、どれだけの人が説明されたでしょうか。自治体のポスターなどでは、早期発見の重要性ばかりが訴えられていますが、デメリットまではっきりとわかるように書いたものを見たことがありません。これは、ガイドライン無視の「インフォームド・コンセント違反」にあたる重大な問題だと私は思っています。


備えたいがん保険!がんの金銭的リスクを知っていますか?(2ページ目)- 記事詳細|Infoseekニュース

最近は関心も高まり、がん保険の加入率は上がっている。がんの治療には医療費の心配だけでなく、長期入院となれば収入面の不安も出てくる。一般の生命保険に付帯された医療特約や単品の医療保険でも、入院や手術に対する給付金は支払われる。だが、がんと診断されたことによる給付はないものが多い。その点、診断だけで給付が得られるのが、がん保険の大きなメリットである。

がん保険の医療保険との大きな違いは、保証する対象が狭い分、医療保険より保険料が割安で、がんに対する保障は手厚くなっているところだ。医療保険の保障額を確認した上で、それに上乗せする形でがん保険に加入するのがベストだろう。


【がん電話相談から】胆管がん術前検査について - 産経ニュース

Q 51歳の男性です。1カ月前、黄疸(おうだん)の症状が出て、CT(コンピューター断層撮影)、内視鏡的逆行性胆管膵管(すいかん)造影(ERCP)を行ったところ、胆管に小さながんが疑われ、胆管にステントを留置しました。生検の結果、悪性ではありませんでしたが、主治医からがんの疑いがあるので手術した方がいいと言われました。胆嚢(たんのう)、胆管、膵臓の一部、十二指腸を切除する大きな手術になるそうです。どのように治療したらいいでしょうか。腫瘍が良性の可能性はありますか。



スポンサードリンク


ドラマ「義母と娘のブルース」で注目される「スキルス胃がん」その正体と検診の必要性 | おたくま経済新聞

■ がん検診の意味

 ドラマに出てくるスキルス胃がんは極めて予後が良くない疾患として有名となっていますが、スキルス胃がんを含めた胃がん全体の5年相対生存率はステージ1では97.3%、ステージ2では65.7%、ステージ3では47.2%、ステージ4では7.3%(全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査 KapWeb(2016年2月集計)による)と、初期であればあるほどその生存率は高くなっています。早く見つける事ができればその分寿命は延びるとも言う事ができるのです。

 筆者の母の話になりますが、自治体の無料健診の年齢となったので特に自覚症状はなかったが、とりあえず受けてみようと検査を受けたらがんの疑いが濃厚との検査結果。二次検査を行いその検査結果を聞きに行ったらあっさりと「がんですね。切りましょう。」と言われそのまま手術の日取りが決められ入院、手術。それからかれこれ20年近く経ちますが、今では何事もなかったかのようにぴんぴんしています。

 無自覚のうちに、早期発見、早期治療の為に行うのが、がん検診の大きな意味なのです。


「すい臓がん ステージIVから還ってきた男」が電子書籍化!~余命7ヶ月から寛解までの11年間に及ぶ奮闘記~ - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

本書は、すい臓がんステージIVという絶望から生還に至る11年間に及ぶ闘病記です。
著者は、生活と心を大転換し鮮やかな自己変革を成し遂げてすい臓がんを克服しました。闘病は苦悩と焦燥の日々。その中で、もがき苦しみながら食生活を180度変えて野菜中心にし、酒を断ち、たばこも厳禁。早寝早起きを徹底し、争わず、「奉仕」「施し」は自分のためと達観して社会に尽くす…という生き方を貫きました。
「がんで死なないために、そしてがんにならない」ために健康長寿な生き方を学ぶのにうってつけの教科書です。

関連記事


Share

スポンサードリンク