あなたの胃がんは?「がんもどき」がいつまでも議論される理由

By




スポンサードリンク


こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。


今回は「がんもどき」についてひと言。といっても、食べ物のことではありません。あれはボクも好きで、おでんに入ってるとついつい食べすぎちゃいますけどね(^_^;)


それはさておき、これからボクが書くのは「癌」の方です。



すなわち「がんもどき」とは、『放置しても転移しない癌』という意味で、治療しても治らない「本物のがん」と対比して使われたりもしています。


以前、ネットでニュースに目を通していたら「大橋巨泉さんのがん治療は正しかったのか?」と題した記事を見た記憶があります(現在はなぜか削除されています)。


ボクが「がんもどき」という言葉を知ったのはこの記事を読んだことがきっかけで、内容的には確かこんな感じに書いてあったと思います。


「胃がんや乳がん等、癌がカタマリをつくる固形がんは、臓器への転移がない『がんもどき』と、転移している『本物のがん』があり、早期胃がんのほとんどについては放置しても転移せず、患者が亡くなることもないがんもどきである。」


ちなみに、この記事を執筆した近藤誠という方は20年前の著書で、どちらのがんであっても手術は不要で有害だと発表したそうです。



これって本当でしょうか?




ここから先は限定公開にしたいので有料(ブロマガ)にしていて申し訳ないのですが。



noteでも公開しています。


購読料は、ブログ執筆のための商品購入などになります。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?