AKB「会いに行けるアイドル」に終止符、相次ぐ握手会中止の裏側

By




スポンサードリンク


AKB48の51枚目となるシングル「ジャーバージャ」発売を記念した「大握手会&スペシャルステージ祭り」が10日~12日、千葉・幕張メッセで行われました。


しかしこのイベントについて、「AKBのコンセプト“会い行けるアイドル”に終止符が打たれた」など、さまざまな物議をかもしているようです。


AKB48 握手券 Teacher Teacher (10枚セット)
出典:AKB48 握手券 Teacher Teacher (10枚セット)


AKBで相次ぐ握手会中止に「体調不良」以外の理由が?

ある芸能記者は「そもそも開催前から“女王不在”ということで、ケチがついた催しではあったのですが」と語ったといいます。


これはご存知のとおり、今年の総選挙を制した松井珠理奈さん(21)のことを指すわけですが、体調不良で選挙以降から活動を休止している松井さんはこのイベントでも前々から不参加することが明かされていました。


とはいえ、運営側としては、選挙で3位の宮脇咲良さん(20)や選挙を辞退している指原莉乃さん(25)、柏木由紀さん(27)らの人気メンバーが顔を出すこともあり、心配はしていなかったといいます。


ところが、彼女たちすらも“体調不良”で途中欠席となってしまい、これが物議に発展するきっかけとなったようです。


この3人はいずれも途中からの参加とり止めとされ、さすがに名の知られた人気メンバーともなれば多忙で体調を崩したのか、と思われました。


しかし、一部の報道ではそうとも言い切れないフシがあると話題になっているのです。



スポンサードリンク


坂道の“握手会免除説”がAKBのコンセプトを崩した?

真偽のほどはわかりませんが、彼女たちが握手会を途中欠席した理由として次のような談話が報じられています。


「実際に体調を崩してしまったとしても、彼女たちの中で握手会に対するモチベーションの低下があるのは間違いないと思います。というのも、“坂道系”の人気メンバーは、握手会を免除されるといわれていますからね」


乃木坂46と、欅坂46ファンの間でささやかれるのが上の談話でいうところの“握手会免除説”です。



乃木坂46の場合で例にとると、21枚目のニューシングル「ジコチューで行こう!」の握手会が8月12日~10月27日の間に全国5カ所で開催が予定されています。


しかし、開催前から白石麻衣さん(26)や西野七瀬さん(24)ら人気メンバーはスケジュールの都合で参加しないことが発表されているのです。


これについてはファンの間で「10月の握手会の予定が6月に発表され、その時点ですでにスケジュールがつかないというのは??」と不満がささやかれているといいます。


一方のAKB48では、あの指原さんが参加しているように、基本的にそういった話はないのです。当事者からしてみれば「坂道は許されているのに何で?」となるのは当然なのかもしれませんね。


今後、乃木坂や欅坂が握手会をせずに活動していく事態にでもなれば、AKBのコンセプトである“会い行けるアイドル”は一体どうなってしまうのでしょうか?



≫もっと『AKBグループの記事』を読む

関連記事