押切もえ、子宮頚がん検診で「異形成」の過去を告白(癌ニュース 2018/8/23 8:00)

By




スポンサードリンク



心の言葉/押切もえ


「今は心身ともに健康」 押切もえ、子宮頚がん検診で「異形成」診断の過去明かす|BIGLOBEニュース

モデルの押切もえさんが8月22日、過去に子宮頚がん検診で採取した細胞が、前がん病変の1つである「異形成」と診断されていたことをInstagramで告白しました。
 今回受けたという子宮頸がん検診の結果が陰性だったことを報告し「子供を授かる前ですが、実は過去にがんではなく異形成の結果が出てしまったことがあります」と切り出した押切さん。当時、再検査でも陽性の結果は変わらず、医師からは手術を勧められるも、“急ぎではないと言われた”ため、自然医療や人間の治癒力などについて調べたり専門医の意見を聞いたりした上で、根本的に自分の心や身体と向き合うことにしたようです。


「医師に質問しても機嫌を損ねない?」 がん患者が困る医師との関係 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

Q:医師に質問しても機嫌を損ねない?

A:損ねませんが同じ質問のくり返しは避けましょう

 担当医は患者のがんに真剣に向き合ってくれます。治療効果を上げるために、患者自身の理解が不可欠ということもよくわかっていますから、何度質問しても機嫌を損ねることはないでしょう。

 しかし、何度も同じ質問をくり返し、そのために診察時間を引き延ばすようなことがあると、担当医との信頼関係はこわれてしまうかもしれません。


大腸がんにならないために!今から意識しておくべきこと - ライブドアニュース

大腸がんのリスクを減らすためにすべきこと6つ


1.野菜を食べて腸内環境を整える
欧米化した食生活や外食の増加などで動物性の脂質を食べる頻度が増え、野菜類の摂取量が減っていることが大腸がんのリスクを高めています。
野菜類ががん予防に効果的なのは、食物繊維が腸の善玉菌を増やして腸内環境のバランスを整えたり、有害物質を排泄したり、免疫力を高めたりする働きがあるから。

 さらに、野菜類の多様なビタミン・ミネラル・ファイトケミカルが体内の活性酸素を除去し、がん細胞の増殖を抑えてくれるからです。(※2)
動物性の脂質が過剰になりにくい和定食を選んだり、野菜の小鉢やサラダを一品プラスしたりすると栄養のバランスが整いやすくなりますよ。



スポンサードリンク


「オプジーボ」3度目の値下げ 11月から、新型がん治療薬|【西日本新聞】

厚生労働省は22日、新型がん治療薬「オプジーボ」の薬価を改定し、現行より37・5%引き下げると決めた。8月に用法・用量が変更されたことに伴うもので、同薬の薬価下げは3度目。11月から新価格を適用する。


ストレスでリスク上昇 「不幸はがんを呼ぶ」は本当だった|日刊ゲンダイヘルスケア

国立がん研究センターが40~69歳の男女約10万人を対象に1990年から2012年まで追跡調査したもの。アンケートにより、6つの群に分けて長期的なストレスの変化とがん罹患との関連を検討した。

■肝臓は33%、前立腺28%、膵臓は26%アップ

 期間内でがんになったのは1万7161人。ストレスレベルが高い場合はすべてのがんで罹患リスクが高くなった。罹患したがんを臓器別にみると「肝臓」「前立腺」「膵臓」が多く、ストレスが高いとそれぞれ33%、28%、26%とリスクが上がった。また、女性より男性でその傾向が強く見られた。

関連記事