がん治療のあとも油断できない毎日【闘病から仕事復帰】癌ニュース(2018/8/25 8:00)

By




スポンサードリンク



がん闘病後の仕事復帰


がん治療を終えて──まだまだ油断できない毎日 闘病からの仕事復帰(1)【連載】 - レタスクラブニュース

抗がん剤。新しい習い事。仕事復帰。闘病前とは違う。でも、新しい私で、生きていく。──アラフォーでひとりぐらしで漫画家の私。ある日突然、がんになってしまいました。闘病中に立ちはだかった壁は、日常復帰と仕事復帰。はやる気持ちとは裏腹に、体は弱っていて……2回倒れてしまったことを機に、自分の生き方を見つめ直すことになりました。


100円ショップでも売っている人気除草剤にがん発症リスク | 女性自身

「『ラウンドアップ』は、植物の成長に不可欠なアミノ酸の合成をストップさせて枯らす除草剤です。モンサントは、『ラウンドアップ』に接触しても枯れない“耐性”を獲得した遺伝子組み換え作物も販売し、多額の利益を得ました。『ラウンドアップ』の主成分であるグリホサートについて、WHO(世界保健機関)が管轄する国際がん研究機関(IARC)は動物実験によって、《おそらく発がん性がある》との判断を示しています。また発がん性以外にも胃腸障害、糖尿病、うつ、自閉症、肥満、アルツハイマー病などとの関連も疑われています。さらに内分泌をかく乱する作用があり、生殖機能に影響を与える可能性も指摘されています」


[ニュース]乳がんを罹患した際、働き続けたいという人は約半数。仕事を続け... - 『日本の人事部』

■調査結果のポイント

◇乳がんを罹患したら半数の人が今の仕事を続けたい!ただ、今の会社の労働環境・仕事量・労働時間を不安視。
・乳がんを罹患した際、働き続けたいという人は約半数(51%)
・今の仕事を続けたくない理由は「今の会社では通院等で休みがとれないから」
・乳がんを罹患したら約半数(51%)が仕事量を変えたい
・乳がんを罹患したら約半数(55%)が労働環境・労働時間を変えたい

◇乳がんに罹患しても仕事を続ける場合、不安視するポイントは、年代によってばらつきが!
・乳がんを罹患して仕事を続ける場合、不安なことは、20代では「仕事量」、40代では「家庭との両立」
・乳がんを罹患したら、生活の中で不安なことは、20・30代は「子育て」、50代は「家族の介護」



スポンサードリンク


わいせつ医師を起訴 乳がん検査中の患者に | Daily Sun New York

乳がん検査中の患者にわいせつな行為をしたとして、マンハッタン地区検事局は23日、同区の医師、マーク・ジョンソン被告(59)を性的虐待と強制わいせつの罪で起訴した。各メディアが報じた。


乳がん検診でも見つからない場合も 絶対やるべきこと:日経ウーマンオンライン【今話題の○○に学べ】

まだまだ過渡期にある乳がん検診ですが、先の共同声明はこうも述べています。乳腺濃度は「受診者個人の情報」であって、「受診者の知る権利は尊重されるべきである」。

 ここは大事なポイントです。

 もし乳がん検診を受けたら、現行の通知結果だけで満足せず、「私の乳腺濃度は4グループのどこに入るのですか」と質問してください。

 自分の健康管理に必ず役に立ちますし、その積み重ねが、乳がん検診の成熟を促すことになるはずです。

 繰り返しますが、若い女性が乳がんで命を落とすことで悲しむ人が一人でも減る世の中になることを、切に祈っています。

関連記事