【眠り方】仰向け、うつぶせ、横向き...健康によいのはどれ?

By




スポンサードリンク



無題


仰向け、うつぶせ、横向き 健康によいのはどの眠り方か(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

「寝るときの姿勢」は人それぞれ好みはあるだろうが、健康のためには意識的に「横向き」で寝たほうがよいとの調査結果がある。

 2015年に米ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の研究チームが「仰向け」「うつぶせ」「横向き」の3通りの寝方と認知症の原因物質とされるたんぱく質・アミロイドβの排出量の関係を調べたところ、「横向き」が最も脳内のアミロイドβを効果的に排出した。この結果から、「横向きで寝ることが認知症予防に繋がる可能性がある」と期待されている。快眠セラピストの三橋美穂氏が指摘する。

「横向きに寝ると気道が確保されていびきが少なくなり、質の高い睡眠をとることができます。横向きで寝ると、下になっている側の半身が圧迫されて寝苦しさを覚える人もいますが、抱き枕を使うと体や腕の重みを分散でき、ぐっすりと眠ることができます」


夕食は21時までに! 時間別“自律神経”ケア方法 - ネタりか

予定がない日は、21時までに夕食を摂る。
残業してて気づいたら22時。どうりでお腹が減ってるわけだ。「できれば、夕食は21時までに終えてください。というのも、副交感神経が高まって腸が一日で最も活発に動くのが睡眠中の夜12時から3時頃。その“腸のゴールデンタイム”の間は、胃の中に食べ物がないのが理想です。朝食まで時間があき、朝に食欲がわくメリットも」


「急なイライラを落ち着かせる方法」を怒りの専門家監修のもと解説します|ベビーカレンダーのベビーニュース

今にも怒りが溢れ出しそう! 衝動を静めましょう

感情のコントロールがいつもうまくいくわけではありません。日ごろから気を付けているつもりでも、子どもや誰かから、言われたくないことや心ない言葉をかけられたとき……。ふとした瞬間に、怒りが溢れ出てしまうことも。



怒りの限界が襲ってきたとき、まずは自分を静める習慣を身につけましょう。衝動的な怒りの感情は6秒でおさまるといわれています。怒鳴って後悔する前に、まずは6秒をやり過ごしましょう。



・吐く息を意識して。呼吸リラクゼーション

怒ると無意識のうちに呼吸が浅くなります。とくに「つい怒鳴ってしまう」という人は、怒鳴る代わりにゆっくり息を吐くことを意識してください。



・怒りの反射を遅らせるグラウンディング

怒りが溢れると次々とイライラを膨らませる言葉が浮かんできます。そんなとき、あえて目の前に見えているほかの物に意識を集中させます。ペンやコップ、自分の爪でもOK。意識を1点に集中させてやり過ごす方法です。



そのほかにも、いったんその場から離れる「タイムアウト」や、自分が安心できる言葉を用意しておく「コーピングマンドラ」などの方法があります。瞬間的に怒りが溢れてしまいそうなとき、自分に合った方法を知っておくと、とっさのときに役立ちます。



スポンサードリンク


50代以上で発症リスク増大…「脂肪肝」を招きやすい生活習慣12 | 女性自身

「検査の結果、50歳以上の閉経後のヤセた女性群では、筋力低下がみられ、筋肉量も少なく、いわゆる“サルコペニア”と診断される方が多かったのです。サルコペニアはお年寄りの転倒や骨折の原因となるもので、近年注目されているフレイル(虚弱)の特徴の一つです。彼女たちのうち、糖尿病予備群の割合はじつに37%に上っていて、これは同年代の標準体重の女性の17%に比べてかなり高い数値でした。さらに、若い女性にも同様の状態になっている方が少なからずいました。日焼けしたくないからと外を歩かない、日光を浴びないので骨量が少なく、骨粗しょう症になっている例さえあったのです。ヤセ願望の女性が炭水化物を取らない一方、彼女たちの体内では筋肉が運動のエネルギー源として欠かせないブドウ糖を作るため、結果自らの筋肉のタンパク質を分解することになり、筋量が低下します。これに脂肪分の多い食事が相乗的に悪影響を及ぼし、脂肪肝・脂肪筋になっていることが判明したのです」


料理の基本 強火と中火の違いは鍋底と火の先端で見分ける│NEWSポストセブン

【強火】
 強火は炎がちょうど鍋底全体に当たっている状態がベスト。鍋底から炎がはみ出しているのは火力が強すぎて、ガス代も無駄に。火加減は鍋の大きさに合わせて調整すること。鍋の中はグラグラと具材が動くほど勢いよく煮立っている状態。

◆適した料理
→青菜をゆでる。煮汁を煮立たせる。炒め物。肉の表面を焼くなど。

【中火】
 鍋底に火の先端が当たるか、当たらないかの火加減。ひと煮立ちしたら中火へなど、多くの料理に応用されるため、火加減と同時に鍋の中の状態も把握したい。鍋の中は煮汁がフツフツと煮立ち、具材が少し動く程度が目安。

◆適した料理
→煮物、焼き物と、ほとんどの料理向き。チャーハンも焦げない。

【弱火】
 火の高さがコンロと鍋底のちょうど中間くらいにある火加減。鍋の中は表面がやわらかく波打ち、具材はほぼ動かない。水を弱火にかけると、鍋肌に小さい泡がつく状態。「とろ火」はさらに弱めた火加減。

◆適した料理
→煮崩れしやすい煮物。ハンバーグに火を通す時やシチューなど。

関連記事


Share

スポンサードリンク