名医が自分のために入る「がん保険」の名前は?癌ニュース(2018/8/26 8:30)

By




スポンサードリンク




病気をよく知る名医が、自分のために入る「医療保険・がん保険」実名(週刊現代) | マネー現代 | 講談社(1/5)

こちらも掛け捨ての医療保険だが、掛け金の安さから、名医たちが太鼓判を押すのが「共済保険」である。千葉県にあるさくらクリニック院長の石代誠氏(56歳)が言う。

「私は千葉県民共済の入院保障型に20年間加入しています。掛け金は2000円と安く、がんを含め、すべての病気やケガによる入院の保障があります。

入院は1日1万円で、すぐに保険金が下りるということで加入しました。病気により、2.5万~10万円が支給されますが、幸いなことに未だに一度も入院の経験はありません。

県民共済をはじめ、ソニー生命の『総合医療保険』や第一生命の『リード21』(現商品名・ジャスト)の医療保険特約、アフラックのがん保険などに入っていますが、そこまでの余裕がない人も多いでしょう。

周囲には最低限の県民共済に加えて、がん保険と医療保険にそれぞれ1社ずつ入ることをすすめています」


口腔底がんで余命3年のイノマー 医者を無視し手術直前ライブで絶叫 - ライブドアニュース

口腔底がんで余命3年であることを公表した性春ロックバンド「オナニーマシーン」のボーカル兼ベース・イノマー(52)が25日、東京・渋谷ラママで手術直前ライブを無事に成功させた。

 放送禁止用語だらけの歌詞と下品過ぎるライブパフォーマンスながらも、真っすぐな性愛を歌う“童貞のカリスマ”として支持されるイノマーは、7月21日(オ○ニーの日)にガンを公表した。首のリンパ節がボコッと腫れ、強い痛みで食事もままならない。9月第1週に10時間の大手術が予定され、年内は抗がん剤と放射線治療で入退院を繰り返すことになる。

 歌手の生命線である舌を「3分の2」も切るというから、今後は同じように歌うことはできないかもしれない。「刺激は禁物」という医者の指示を無視して、舌がある状態の“最後のライブ”を決めたわけだ。


石原さとみら『24時間テレビ』参加 - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w

女優の石原さとみ、貫地谷しほり、木村多江が25日の午後6時30分よりスタートする日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ41 愛は地球を救う』の企画内でナレーションに挑戦していることがわかった。貫地谷は25日放送『がんと生きる 山下弘子さん~最愛の夫と過ごした10か月~』(後8:20頃)、木村は26日放送『末期がんで天国へ旅立った4歳少女「余命4か月」家族が選んだ道とは』(後2:30頃)、石原は26日放送『山中教授とラグビー平尾誠二の友情と絆 人生を変えた親友の言葉』(後3:30頃)でそれぞれナレーションを担当している。



スポンサードリンク


麻木久仁子、脳梗塞と乳がんが教えてくれたもの(中西正男) - 個人 - Yahoo!ニュース

初期で見つかった乳がん

 これも、本当に、本当に、運が良かったとしか言いようがないんですけど、初期で見つかった。その後、私もいろいろ勉強しましたけど、最初は小さいまま潜伏しているがん細胞が、ある時からググッと増えだす。その増えだしたところで見つかるのが初期。たまたまこのタイミングに検査がハマるのが一番いいんですけど、少し前の潜伏している時期だったら、これは見つけようがない。たとえば1年に1回検査を受けていて、受けたのがググッと増える直前で、1年後に行ったら大きくなってしまっていた。そんなパターンも可能性としてはありえる。

 ただ、だからといって検査が意味がないというわけでは決してなく、やっぱり受けると早期に見つかる確率が上がることは間違いありません。行かないと100%見つけようもないわけですから。もちろん、お金もかかります。でも、私は身をもって経験しましたけど、このレベルだったら転移の心配はないだろうということで、抗がん剤治療をすることがなかった。早く見つかると治療の選択肢も増えるし、治療が楽になる可能性も上がる。だからこそ、やっぱり検査は受けるべきだと感じています。

 それと、私が脳梗塞と乳がんをやった間に母が心臓の病気になりまして。母こそ本当に健康自慢で、当時75歳だったんですけど、足腰もしっかりしているし、私より元気なくらいだったんです。ただ、大きな心臓の手術を受けて、母に関しても健康管理ということがより求められることになった。心臓の病気をきっかけに母と同居も始めましたんで、みんなの体のためにより一層、毎日の食事のことを考えるようになったんです。


【がん電話相談から】乳がん再発、抗がん剤治療しなくていい? - 産経ニュース

Q 52歳の母は4年前、乳がんで右乳房を全摘しました。ホルモン剤ノルバデックスの服用を続けてきましたが、1カ月前、腫瘍マーカーが上昇し、コンピューター断層撮影(CT)検査で肝臓、肋骨(ろっこつ)に多数の転移が見つかり、4年前の乳がんの再発と診断されました。母が抗がん剤を拒否したのでホルモン剤アリミデックスの内服を開始しましたが、CTでがんの増大が確認され、別のホルモン剤を使った治療に変更予定と聞いています。このまま抗がん剤治療を行わなくていいのでしょうか。

関連記事