ちびまる子ちゃん作者さくらももこさん死去、乳がんのため

By




スポンサードリンク


さくらももこさん、乳がんのため死去「ちびまる子ちゃん」の作者

さくらももこ 公式ブログ Powered by LINE

人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の作者で知られる漫画家さくらももこさんが8月15日、乳がんで死去していたことがわかりました。今回の訃報はさくらももこさんの公式ブログで27日に報告されました。享年53歳。

さくらももこさんのプロフィール

  • さくらももこ
  • 日本の漫画家
  • さくら ももこは、日本の漫画家・作詞家・脚本家。 静岡県静岡市清水区出身。また、自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。血液型はA型。身長159cm。 一男の母親。 ウィキペディア
  • 生年月日: 1965年5月8日 (年齢 53歳)
  • 生まれ: 清水市
  • 配偶者: うんのさしみ
  • 兄弟姉妹: 三浦 範子
  • TV/映画: ちびまる子ちゃん、 映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年、 ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌




スポンサードリンク


さくらさんの公式ブログでは「さくらプロダクションからお知らせです。」と題し、次のようにつづられています。


さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)

これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。


長年のあいだ「ちびまる子ちゃん」でお茶の間を癒し続けてきたさくらももこさんの、惜しみても余りある53歳という若さでの死。あらためて乳がんという病の恐ろしさを痛感した次第です。


なお、さくらさんは自身が乳がんであることを近親者のみにしか伝えていなかったそうです。


謹んでご冥福をお祈りいたします。




≫もっと『ちびまる子ちゃんの記事』を読む

関連記事