「はぐれ刑事純情派」の名脚本家・石原武龍さん死去、胃ガンで

By




スポンサードリンク


テレビドラマはぐれ刑事純情派」シリーズなどで知られる脚本家石原武龍(いしはら・ぶりゅう、本名:純一)さんが24日、胃ガンのため死去されました。享年66歳。

石原さんは昭和27年生まれで静岡県の出身。54年にテレビドラマ「七人の刑事」でデビューを果たしました。

はぐれ刑事純情派 主題歌セレクション

その後も「事件記者チャボ!」や「はぐれ刑事純情派」シリーズなど多くの作品を手がけ、テレビドラマで活躍されました。

また、映画では、平成21年の長編アニメ「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」も手がけた(共同脚本)ことで知られています。

まだ66歳という若さでの惜しまれる訃報に謹んでご冥福をお祈りいたします。

関連記事