さとう珠緒、医師に「脳動脈瘤の可能性」指摘される

By




スポンサードリンク


さとう珠緒に“脳動脈瘤”の可能性、「ちっちゃくできるんですか?」

さとう珠緒

タレントさとう珠緒さんが30日、テレビ東京で放送された「主治医が見つかる診療所」に出演した番組の中で脳ドックを受診したところ、医師から『脳動脈瘤の可能性』があると指摘されたことが分かりました。怖いですね~!!



スポンサードリンク


さとう珠緒さんが脳ドックにより脳の断面や脳の血管を立体的に撮影する検査を受けたところ、脳の血管にできた「小さなコブ」が見つかりました。

これがいわゆる“動脈瘤”というヤツですね。この「コブ」が破裂すると、くも膜下出血になる可能性もあるといいます。

番組で脳動脈瘤の可能性を指摘した脳神経外科医に対し珠緒さんは「ちっちゃくできるんですか?」と尋ねたが、無理との答えに「え~」とガックリしていました。

脳神経外科医は「9割以上が女性に発生する場所。これはまだ3ミリくらい。8ミリくらいになると危ない」といい、「少なくとも半年後にもう一度ちゃんと調べましょう」と説明しました。

これに対し、さとう珠緒さんは「え~、そんなにすぐ?」とショックを隠せない様子でした。

珠緒さんの対応はいかにも他人事のように感じられますが、実はなかなかのしっかり者。若い頃にはなかなか芽が出ず、たびたびヘアヌード(週刊誌のみ)にもなった先駆け。苦労人でもあります。

今回の指摘について珠緒さんは心中いかほどのものだったのでしょうか?

関連記事