徳永英明が救急搬送、「もやもや病」の悪化が原因か⁈

By




スポンサードリンク


歌手徳永英明さん(57)が4日の午後、都内で体調不良により救急搬送されたそうです。

VOCALIST VINTAGE / 徳永英明

この日、都内の事務所でスタッフと打ち合わせ中だった徳永さんは突然、激しい立ちくらみのような症状に襲われたといいます。

しばらく横になっていた徳永さんですが、スタッフが大事をとって119番通報し、以前からの治療先である病院に搬送されたものとみられます。

その後は簡易検査を受けたのち、念のため入院。大事をとり、さらに精密検査を受ける予定とのことです。



スポンサードリンク


報道によると、徳永さん自身は意識もあって元気な様子のため、検査の結果に問題がなければ今週末に予定される新潟と富山での全国ツアーは行なう意向のようです。

徳永は過去に「もやもや病」と診断され、休養していたことがあります。2016年2月には、もやもや病による脳梗塞発症予防で開頭手術も受けています。

1. 「もやもや病 (ウィリス動脈輪閉塞症)」とはどのような病気ですか

もやもや病は脳の血管に生じる病気です。内頚動脈という太い脳血管の終末部が細くなり、脳の血液不足が起こりやすくなります。このため、一時的な手足の麻痺、言語障害を起こすことがしばしば見られます。血流不足を補うために拡張した脳内の血管、“もやもや血管”が脳底部に見られることが特徴です。
もやもや病で細くなる血管は“ウィリス動脈輪”という血管の環状交差点(ロータリーのようなもの)をつくっています。そのためウィリス動脈輪閉塞症とも呼ばれます。一方、脳細胞に血液を供給するため太い血管から枝分かれした細い血管が、太くなり不足した血液を補います。しかし、本来の太さ以上に拡張して多量の血液をおくるため切れやすく、頭蓋内に出血を起こすこともあります。現在のところはっきりした原因は解明されていません。
引用:難病情報センター | もやもや病(指定難病22)

今回の事態は、もしかするとこの「もやもや病」の悪化によるものなのでしょうか?あまり聞き慣れない病名なだけに、心配になりますね。

関連記事