ガンの「薬」を産むニワトリをゲノム開発!!癌ニュース(2018/9/5 18:00)

By




スポンサードリンク



無題

がんの「薬」を産むニワトリ、ゲノム編集で開発 産総研:朝日新聞デジタル

がんや肝炎の治療薬に使われる有用なたんぱく質を含んだ卵を産むニワトリをゲノム編集技術によって作り出すことに、産業技術総合研究所などの研究グループが成功した。大腸菌などを使う手法はすでにあるが、今回の方法を使えばより安価に大量生産できるという。


飲酒歴がないのに「肝がん」に? メタボの人は「非アルコール性脂肪肝」にも要注意 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

「C型肝炎やB型肝炎が見つかると、定期的に検診を受け、がんになっていないかを確認します。このため比較的早期にがんが見つかっていたのですが、脂肪肝は本人も気づかないままで検診を受けることもなく、がんが進行した状態で見つかる傾向があります」

 脂肪肝には大量の飲酒が原因となるアルコール性脂肪肝と、明らかな飲酒歴がない(アルコール量1日20グラム以下)のに発症する非アルコール性脂肪肝がある。非アルコール性の主な原因は肥満で、食べすぎや運動不足などにより、過剰な中性脂肪が肝細胞に沈着して発症する。糖尿病、脂質異常症、高血圧、メタボリックシンドロームを合併している頻度が高い。


アメリカのがん専門家に聞いた、乳がんの全タイプを細かく解説 | MYLOHAS

「乳がんのタイプと治療法を判断するには、たいてい3つの要素を検討します」とピッツバーグ大学の内科教授で総合乳がんセンターの共同ディレクターを務める医師で、医学博士のアダム・ブラフスキーさん。

「浸潤性か、ホルモン受容体陽性か、HER2陽性か、この3要素の結果から、治療法が決まるのです」

アメリカがん協会(ACS)によると、ほとんどの乳がんは「がん腫(carcinoma)」と呼ばれる腫瘍で、身体中の器官や組織の「上皮(内側も含みます)」を構成する細胞から始まります。乳がんは大きく分けて2種類。まだ周囲の組織に広がっていないために治療可能性の高い「非浸潤性(in situ)と、周囲の組織まで広がっている「浸潤性(invasive)」です。

さらに、身体のほかの部分(多くは肺、骨、肝臓、脳)にまで広がっている「転移性(metastatic)」乳がんもあります。

では次に、知っておく方がよい乳がんのタイプを見てみましょう。


  • 非浸潤性乳がん:非浸潤性乳管がん、非浸潤性小葉(しょうよう)がん

  • 浸潤性乳がん:浸潤性乳管がん、浸潤性小葉がん

  • まれな乳がん:炎症性乳がん、葉状腫瘍、乳腺血管肉腫

  • 乳がんのサブタイプ:ホルモン受容体陽性(ルミナル)乳がん、HER2陽性乳がん、トリプルネガティブ乳がん



スポンサードリンク


生稲晃子さんがん闘病を語る「5歳の娘に言うべきか悩み」(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

芸能界では、山田邦子、麻木久仁子、北斗晶、だいたひかるらが乳がんと闘い、克服している。そのひとり、おニャン子クラブの元メンバーで、女優の生稲晃子さんは、2015年11月、右乳房の全摘、再建手術などを公表した。今回のさくらさんの死に際して、「『ちびまる子ちゃん』は娘と楽しみに見ていたので残念です」と言う。

 そんな生稲さんのがん発覚は43歳になった11年4月で、約5年間、周囲に伏せていた。

 たまたま受けた人間ドックで乳がんの告知を受けた。

「ショックだけでした。『どんな人生が待っているのだろう』と、不安で、頭の中は埋め尽くされました。夫は冷静に受け止めてくれていました。悩んだのが、5歳だった娘に言うか言うまいかでしたが、この子にも母親の状態を知っておいてほしいし、理解をしてくれると信じて話しました。娘は、『ママの入院が嫌、ママが死ぬのは嫌』と泣いていましたが、その泣く姿を見て、小さいながらも理解をしてくれたのだと安心しました」


20代で胃がん死EXILE中尾翔太さんも? がんは遺伝するのか|日刊ゲンダイヘルスケア

【Q】 父が肺がん、母が胃がんで60代で他界。両親ががんの場合、子供も発症リスクが高くなるのでしょうか?(30代・男性)


【A】 結論から言うと、遺伝による発症リスクはそう気にしなくていいでしょう。

 たとえば、先日胃がんで亡くなった「EXILE TRIBE」の中尾翔太さん。詳細は明らかにされていないようですが、22歳という若さを考えると、彼の場合は遺伝性のスキルス性胃がんだった可能性が高いように思います。一方、質問者の方のご両親は60代でがん。この年代以降の発症は、遺伝的要因よりも環境的要因の方が可能性は高いと考えられます。

 遺伝的要因が強いがんのひとつが、スキルス性胃がん。父親あるいは母親が50歳未満でスキルス性胃がんで亡くなっている場合は、早いうちに遺伝子検査の検討をお勧めします。

関連記事