【おひとりさま必見】一人暮らしに最低限必要な調味料は?

By




スポンサードリンク



無題

一人暮らしに最低限必要な調味料は? おすすめレシピ



◇そろえるべき一人暮らしの調味料セット
☆醤油
和食の調味料の代表でもある醤油。納豆、冷奴、お刺身などなど……。和食のあらゆる食べ物に醤油で味付けをしますよね。こちらは調味料の中でも一番といっていいほど消費の早い調味料です。一人暮らし調味料のマストアイテムと言えます。
☆味噌
味噌を使う料理と言えばやっぱり味噌汁ですよね。味噌汁は毎日の食卓に並んでも飽きないほど馴染みのあるものだと思います。冷蔵庫に余っている野菜を味噌汁に入れてしまえばそれだけで一品完成。栄養も摂れるので一人暮らしの人こそ毎日作るべき料理です。そんな味噌ですが、味噌汁以外にも幅広い料理に使えるのも魅力。味噌炒め、味噌煮込みという料理があるほど、とにかくどんな食材とも相性がいい! さらに赤味噌、白味噌、合わせ味噌など、地方によって使う味噌の種類が違うのもいいですよね。実家で使っていた味噌を買って「おふくろの味」を楽しんでみてください。
☆塩
和洋中関わらず、とにかく相当な確率で出てくる調味料が塩。最後の味の調整まで、とにかく出番が多いです。また、サラダを食べるときのドレッシングは、おいしいオリーブオイルと塩があれば十分とも言われています。塩とコショウはペアで使う場合も多いので、コショウも合わせてそろえておくと安心です。
「しょっぱい」調味料、つまり塩味のある調味料は、それ単体で使うことができます。例えば酒やみりんなどはそれだけ使うことはなく、他の調味料と合わせて使うことが基本。しかし、塩味のある調味料は味付けの核となるので、とても重要なものになります。まずは醤油、味噌、塩の3つを揃えてから、和洋中のメニューに合わせて他の調味料を買い足していくといいですね。



鍋サイズと具材の選び方は? 簡単「一人鍋」レシピ3選



■一人暮らしにオススメの鍋と具材セット

◇鍋のサイズはこれをチョイス

基本的には、蓋つきの鍋であればどんなものでも大丈夫。重要なのがサイズです。一人鍋とはいっても、火にかける前の野菜は意外とかさばるもの。「小さすぎず、大きすぎず」のサイズを選ぶことが重要です。オススメなのは、直径18~20cmほどの鍋です。このサイズの鍋は一人鍋にぴったり。最近では土鍋でも、このサイズだと1000円以下で販売されているものも多いですよ。まずは自分だけの鍋を用意しましょう。

◇一人鍋で使える具材って?

【基本の材料/1人分】

☆白菜(3枚程)

鍋に入れる葉物野菜で、一番使い勝手の良いのが白菜。芯の部分と葉の部分で食感がちがうのも、食べていて楽しいですよね。一人鍋のときはなるべく1/4サイズを買いましょう。1/4サイズで3~4回分の一人鍋を作れます。ざく切りして一回分を保存袋などに入れておくと、毎回使うときに楽ですよ。数日で使い切らない場合は、その状態で冷凍もできます。

☆人参(1/4本:50g程)

人参は根菜なので日持ちもします。全部使い切らない場合は残りをラップでしっかり包んで保存しましょう。鍋に入れるときは火の通りを早くしたいので、薄めにカットするのがオススメです。

☆きのこ(えのき:50g程)

きのこ類はどんな種類でもOKですが、今回は一番クセがなく、どんな味つけの鍋にも使いやすいえのきにしました。きのこは、だしがスープに溶けて旨味もアップします。こちらも白菜と同じく冷凍保存ができるので、カットしてから小分けにし、保存袋に入れて冷凍しておくのもいいですね。

☆豆腐(1/4丁)

野菜だけでは腹持ちが心配ですが、お肉や豆腐が入ればタンパク質もたくさん摂れますし、ボリュームもアップします。ただし、お豆腐は冷凍保存ができないのが難点。余った豆腐は売っていたときと同じように保存容器に水を張って保存し、早めに使い切りましょう。

鍋に使う食材は、白菜、人参、きのこ(えのき)、豆腐の4つを基本の食材として、プラスお肉が入れば、ほぼ完成したようなもの。あとはどんなアレンジをするかによって、材料を少し足したりする程度で十分です。


野菜不足な一人暮らしに! 野菜を簡単にとる方法



◇一人暮らしで買うべき野菜とは?
☆玉ねぎ
香味野菜としてどんなメニューにも使える万能野菜! 通年安いのも魅力です。カレーやハンバーグ、味噌汁にサラダなど、玉ねぎはどんなメニューにも入っていますよね。不足しがちな食物繊維も補えるので、幅広く料理に活用させましょう。どんな料理を作っているときでも「材料ちょっと少ないな」と思ったら、とりあえず玉ねぎでカサ増しするのが鉄板です。

☆人参
緑黄色野菜の王様とも言われている人参。こちらも玉ねぎに並びよく登場する野菜ではないでしょうか。緑黄色野菜と言えば体にいいと言われるカロテンが豊富なことで知られています 。

☆ミニトマト
トマトは一年の中で価格に変動がある野菜ですが、冬以外は比較的お買い得な場合が多いです。大きいトマトより、ミニトマトの方が一人暮らし向き。一人暮らしでは大きいトマトを一食で使い切ろうと思うと結構な量になりますが、ミニトマトは使いたいときに必要な数だけ使えて無駄もありません。また、トマトは人参同様、緑黄色野菜ですが、トマトに含まれるリコピンは強い抗酸化作用も持つので、美肌にも効果的と言われています。

☆きのこ類
きのこも通年安く買うことができます。しめじ、えのき、エリンギなど種類も豊富。さらにそれぞれ風味や食感が違うので飽きません。栄養が豊富なのはもちろんですが、中でも食物繊維やミネラルが特に豊富。何よりうれしいのは、ほぼゼロに等しいほどの低カロリーという点です。ダイエット中や夜遅い食事には、なるべくきのこをたくさん入れてカロリーのコントロールをしたいですね。


☆キャベツ
葉野菜の中でも特に使い勝手にいい野菜です。お手頃価格でボリュームたっぷり。一人暮らしだとなるべく1/2個、もしくは1/4個で購入するようにしましょう。キャベツはビタミン類が豊富です。千切りにしてお肉の付け合わせにしたり、サラダにしたりするのもいいですね。また火を入れても使いやすく、炒め物やスープ、お味噌汁等、どんな料理にも使えます。



スポンサードリンク


【裏技】ロールケーキを綺麗に切る方法 - 暮らしニスタ


包丁で切るよりも綺麗?!

ケーキの切り口がガタガタになってしまうことよくありませんか?
「ケーキ屋さんに並んでいるケーキのように綺麗にカットしたい!」
そんな時はこの裏技をぜひ試してみてください。
ロールケーキだけでなく、ようかんやチーズケーキ、カステラなどにも使える裏技です!



食費2万台も可能!すぐ挑戦したい「冷蔵庫空っぽ計画」



月に2~3回ほど行っているというkuruさんの冷蔵庫空っぽ運動♪調味料以外空っぽの状態にしてから激安のスーパーに買い物にいくそうです!写真は継ぎ足しの塩麹のみ!冷蔵庫の掃除も簡単になるので一石二鳥!

本当に冷蔵庫が空になるまで買い物に行かないようにすると無駄買いしていたものをやめて節約になり、メニューを考えるのも楽になってきますね!傷みやすくなる季節なので無駄なく使うものだけを購入し食費ダウン!

関連記事


Share

スポンサードリンク