夏バテ症状、実は がんの初期症状かも?癌ニュースまとめ(2018/9/13)

By




スポンサードリンク



無題


実はがんの初期症状? 注意すべき夏バテ症状



「食欲がない」は胃がんの初期症状?

昼ご飯といえば、そうめんやざるそば、冷やしうどんに冷麺ばかり。夏場はどうしても、食欲が進まない。これは、暑さの厳しい時期、誰しも経験する一般的なことです。

こんな時には、昼間の飲み物は、冷たいお茶やアイスコーヒー。夜は、ビールで乾杯!という風に体を冷やしていることが圧倒的に多いです。胃腸を冷やすと、何となく食欲が進まず、そのために、また口当たりのよい冷たいものを食べてしまうという悪循環に陥っていることがあります。意識的に、温かいお茶や、温かい麺類などを摂るとともに、夜は、半身浴で体をしっかりと温めることが大切です。

しかし、このような生活習慣の改善ではよくならない場合や、長期にわたって食欲不振が続き、体重減少が見られる場合には、胃がんや胃潰瘍の初期症状も、食欲不振や胃もたれであることが多いので、一度、内科の医師に相談してみることをおすすめします。


がんの5年生存率、病院ごと・ステージ別で230施設公表「受診の参考に」



国立がん研究センターが12日、病院ごとに病期(ステージ)別で公表したがんの5年生存率。患者団体の要望が強かったもので、今回初の取り組みだ。数値には病院により差があるが、同センターは「治療の優劣を示すものではない点に留意して、受診の参考にしてほしい」としている。

 5年生存率は、がん診療連携拠点病院など251施設で、2008~09年にがんと診断された約50万人分を集計した。病院別のデータは、公表を見送った病院を除く230施設について、主な5部位(大腸、胃、肺、乳房、肝臓)で、がんの進行度に応じたステージ1~4の数値を公表した。


古村比呂、「抗がん剤治療の効果がある」と報告 現在の顔写真も公開



がんが再発して闘病中の女優・古村比呂(52)が12日、公式ブログを更新し、抗がん剤治療の効果があらわれていることを報告している。

 古村は「CT検査」と題した投稿で、「昨日 CT検査の結果 抗がん剤治療の効果がある ということで 暫く抗がん剤治療を続けます」と、朗報を明かし、「深〜く 深く 深呼吸して 今私が 出来ることは 免疫力アップ ファイト わ・た・し」と、自らを鼓舞している。



スポンサードリンク


アメリカ同時多発テロから17年 約1万人の人々が9.11関連の癌に 今も9.11は終わっていない



癌の原因と考えられているのは、ビル崩壊により生じた有毒ダストだ。ダストは粉砕したコンクリートや燃えたジェット燃料、焼けたコンピューターなどの機器類に由来しており、アスベストやベンゼン、PCB、様々な化学物質(400種を超えると言われている)などが混入した、実体の知れない“化学物質のカクテル”のようなものだという。約9万人の人々が、有毒ダストを吸引したと言われている。

 特に、癌に罹患しているのは、現在、平均年齢が約55歳となったファースト・レスポンダーたち。当時、米国環境保護庁は、グラウンド・ゼロの空気は安全だと発表していた。ファースト・レスポンダーたちもそれを信じて働き続けたわけだが、後に、空気は有毒なものであることがわかった。

 世界貿易センターヘルスプログラムのマイケル・クレイン医師によると、ファースト・レスポンダーたちは、一般の人々と比べると、癌に罹患する率が最大で30%も高くなっているという。特に、甲状腺癌や皮膚癌に罹患する率が高く、膀胱癌になるリスクも高い。

 また、サバイバーたちも、非常に高い率で、乳癌や非ホジキンリンパ腫に罹患している。


さくらももこさん、たけしのANNファンだった「はがきを書いていた」



さくらさんは1991~92年に「さくらももこのオールナイトニッポン」でパーソナリティーを担当していた。

 故人がリスナーだったという「ビートたけしのオールナイトニッポン」の元ディレクターの森谷和郎専務は「たけしさんの番組のファンで、はがきを書いていたそうです。おしゃべりがユニークで、『ぜひオールナイトニッポンをやりたい』ということでスタートしました」とエピソードを披露した。


≫もっと『さくらももこさんの記事』を読む

関連記事