胃ガンになって胃全摘6年目、食事スタイルでボクが守り続けること

By




スポンサードリンク


こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。


胃がんになって、手術で胃を全摘してからはや6年。


いわば「長距離ランナー」のボクにとって、今でも悩ましい大敵は『食事』です。これは、いくら時が経過しても改善されませんでした。


そんな中、ボクが胃がんの術後から料理を覚えつつ、試行錯誤や工夫を繰り返してきた結果、落ち着いた「食事スタイル」というものがあります。



もうすぐで胃全摘して6年半。胃がんで胃の切除後、6年半たった今の食事スタイルを備忘録のつもりで書いておこうと思います。



スポンサードリンク


胃がんで胃全摘、6年半後も食事スタイルは「一汁一菜」が基本


まもなく術後6年半を迎えるボクが今でも続けてる食事スタイルは「一汁一菜」。やっぱりこれが基本ですね(^^)


ちなみに、この「一汁一菜」という言葉。胃がんになる前は聞いた事すらありませんでした。


術後に料理を覚えていくなか、土井善晴さんの「おかずのクッキング」やこちらの本で食事の基本が一汁一菜にあることを知りました。

「食事はすべてのはじまり。
大切なことは、一日、一日、自分自身の心の置き場、
心地良い場所に帰ってくる暮らしのリズムをつくること。
その要となるのが、食事です。

一汁一菜とは、ただの和食献立のすすめではありません。
一汁一菜というシステムであり、思想であり、美学であり、
生き方だと思うのです」(本書より)

日常の食事は、ご飯と具だくさんの味噌汁で充分。
何も気負う必要はありません。
基本となる食事のスタイルを持てば、生活に秩序が生まれます。気持ちに余裕もできて、そこから新たな暮らしの楽しみが生まれるのです。

長年にわたって家庭料理とその在り方を研究してきた土井善晴氏が、
現代にも応用できる日本古来の食のスタイル「一汁一菜」を通して、
料理という経験の大切さや和食文化の継承、
日本人の心に生きる美しい精神について考察します。



ちなみに健常者の頃、仕事中といえばランチでハンバーガーにフライドポテトとコーラ。



これもある意味で一汁一菜ですが、これを何十年も続けたら癌にもなりますよ。そりゃあ(^_^;)


現在、そんなに多くの量を食べられなくなりましたが、美味しいお粥に美味しい味噌汁があればいい。


やっぱり、胃全摘後の食事はシンプルイズベスト。あまり工夫を凝らし過ぎると腸が腫れて苦しくなります。


そして、食欲がない時のために即席で漬物も作る。


漬物を自分でささっと作る発想はこちらの本で知りました。


卵は毎食1個ずつ、キャベツも欠かさず!



今日は、昨日ブログに書いた茶粥。味噌汁は、里芋とキャベツ、オクラで。


味噌汁はまず、オリーブオイルで具材を炒めてから煮込むようにしています。これはカレー作りの発想と同じですね。味に深みが増します。


卵は必ず毎食1個ずつ食べるようにしています。最近はお粥が多いので、TKGはやめて味噌汁の仕上げに使います。



漬物は大好きなきゅうりで!!


ちなみに、食品は味噌やオクラなど血糖値を抑える働きのあるものを多用しています。



キャベツも癌を予防する働きがあるので毎食、積極的に活用。



しかし、オクラに関しては今でもまったく消化できません。繊維質のものは何年経っても駄目ですね(汗)


今宵は食べる味噌汁「豚汁」です


晩ごはんはガッツリと。



食べる味噌汁。大好きな「豚汁」を食べることにしました。



味噌汁は具材の工夫しだいで立派なおかずにもなって便利ですね。



仕上げに卵を落として完成。


うん。美味い(๑˃̵ᴗ˂̵)

関連記事


Tag
胃がんブログ胃全摘後の食事胃切除後の食事胃がん術後の食事
Share

スポンサードリンク