【血糖値スパイク対策】 胃全摘後の食事で炭水化物を上手に摂る方法

By




スポンサードリンク


こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。手術で胃の全摘後に気をつけたいのが食事に伴うダンピング症候群。胃がなくなることで食べ物の消化がうまくコントロール出来なくなり、血糖値スパイクが起こってしまうんですよね。


そして、血糖値スパイクを引き起こす原因となるのが糖質。とくに、主食の炭水化物は糖質を多く含みます。胃を全摘すると白飯やパンが苦手になるのは、糖質量が多いために血糖値が乱高下して具合が悪くなるからです。


胃がんで胃全摘後の食事に注意したい炭水化物の例


だからといって、炭水化物を抜いてしまうと健康面にはどのような影響があるのでしょうか?





スポンサードリンク


胃全摘後の食事、炭水化物を上手に摂取する方法とは?


炭水化物を上手に摂取するためには、食物繊維を多く含む食品を選ぶのが良いそうです。


なぜかというと、炭水化物に含まれる食物繊維の分だけ糖質量が少なくなるからです。


ex. 炭水化物-食物繊維=糖質量



では、上手に炭水化物を摂取するのに適した「低糖質食品」にはどのようなものがあるのでしょうか?


「低糖質食品」で秋の味覚といったら?


食欲の秋」といいますが、今回は秋に美味しい『きのこ』について。


きのこ


きのこ類に含まれる炭水化物の多くは食物繊維のため、きのこ類は低糖質食材です。


そして、きのこに含まれる食物繊維はお腹の調子を整える働きもあるそう。


さらに、低カロリーなのに歯ごたえがあるので満足感も得られやすく、ダイエット食としても人気ですよね。


また、数種類のきのこを組み合わせることで旨味が増しますし、控えめの味付けでも物足りなさを感じることなく減塩にもつながります。


糖質コントロールには、きのこの活用がおすすめです。


ボクがこれまでに作った椎茸レシピをご紹介


しかし、胃を全摘すると、物理的な意味での消化の面が心配になりますね。ただし、胃全摘後の食事にはそれぞれ個人差があるようです。


ボクの場合、きのこは相性が良いと感じています。そして、きのこの中でも特に多用しているのが椎茸です。


椎茸はスーパーで大量にまとめ売りしているのでなるべく常備するようにしています。


他のきのこ類に比べ、椎茸は柔らかいので消化にも助けられてます。


鍋ものに入れてみたり、煮込んでみたり。炊き込みご飯にも風味が増して美味しいですよね♪



ボクはオーブントースターでピザ風に焼いて食べるのが一番好きな食べ方です(^^)

関連記事


Tag
胃がん術後のダンピング対策胃全摘後の食事胃切除後の食事低糖質の炭水化物低糖質食品きのこ低糖質胃がんブログ胃がん血糖値スパイク
Share

スポンサードリンク