【癌になる原因】がんの統計データって結局どうなの?

By




スポンサードリンク


こんにちは。癌ブロガーのMです。ここ最近、ほとんど眠れない日々を過ごしていたため、今日は何も考えず、ただひたすら寝ることに努めてみました。おかげで少しだけ頭がスッキリ。やっぱり人間にとって睡眠はとても大切なことなんだなぁ~と改めて感じた次第です。



そろそろ、やらなければならない事に取りかからなければ…と思っていたところ、癌のニュースを読んでいたら気になる記事を見つけました。





このニュース記事。要約すると、癌になる原因を「遺伝的要因」、「偶発的要因」、「環境要因」の3つに分類。一部のがんを除き、多くの発生原因は偶発的要因によるものが最も多いと説明しています。



癌の統計データ



スポンサードリンク


がんの統計データについて



たしかに、ネット上では「がんの統計データ」を結びつけ、『癌にかかる原因』なるものをつづった記事が無数に乱立していますよね。



癌にかかりやすい原因として、タバコお酒加工肉など、大体いつも決まった要素が危険因子として羅列されます。たしかに、これらは体には良くないのでしょうが、だからといって「ボクは〇〇を多用したことが原因で癌になりました。」とは誰も証明出来ないわけです。



そもそも、「がんの統計データ」って何でしょうか?これは、癌を罹患した患者さんからアンケートを募り、データを集計したものですね。



しかしこれって、「これは癌のリスクがありそうだなぁ」と昔から言われているものを候補に羅列し、その中から選択されたものをかき集めただけでしょう?



よって、これらの選択肢はいずれも研究者の単なる「嗜好」によって選ばれたものに過ぎないんですよね。それなりに目ぼしいものをリストアップして後付けでまとめただけ。とすると、統計データは入り口の時点からして科学的根拠に乏しいことになるのです。



すなわち、癌になりやすいリスクはもっと他のところに存在するのかも知れないし、それが発見されていないだけなのかも知れないし…。誰も気付いていないことがあるのかも分からないのです。ノーベル賞で話題のオプジーボだって、研究の過程でたまたま発見した偶発的産物だと受賞者が語っていますからね。



ボクが胃癌になった原因は?



ちなみに、ボクが胃がんになった原因は?と考えますと、「遺伝的要因」が絡んでる可能性が高いです。なぜなら、父親が同じ胃がんで亡くなっていますから。



だからといって、「ボクは遺伝が100%の原因で胃癌になりました」とは断言できない。なぜなら、父親は胃の下部に癌が出来ましたがボクの場合は上部。たった上下だけの違い?と思われそうですが、治療法や後遺症には雲泥の差があります。



しかも、ボクの胃の上部ガンについては「食の欧米化」も影響していると主治医から指摘を受けました。



これらを鑑みると、ボクが胃がんになった原因は「アレもコレも関わっていそうだけど結局のところ不明」ということになってしまうんです。分かっているのはピロリ菌が無関係なことだけです(ボクの体の中にピロリ菌は見つからなかった)。



はっきりとした癌になる原因は誰も分からない



結局のところ、先の記事にも「偶発的要因」とあるように、一部を除いて癌になるはっきりとした原因は誰も分からない、というのが本当なのではないでしょうか?



癌の統計データやがんの原因をつづった記事についても、あまり真に受けないほうが良いのでは?と考えます。はっきりと「1+1=2」という答えが存在しないからさまざまなデマも横行してしまうのだと思うんです。



大切なのは、「どうすれば癌にならないか?」を気にするよりも、いつ自分が癌になるか分からないのなら、「いかにして癌を早いうちに見つけてそれを対処できるか?」という備えの方だと思います。



そのためには、「定期的な検査を怠らず、健康的な日常生活を送ることに努め、1日1日を悔いのないように生きる」ことが大事。月並みですが(汗)当たり前のことがなかなか出来ないんですよねぇ…。

関連記事


Tag
がんガン癌になる原因がんの統計データ癌ブログがん遺伝的要因がん偶発的要因がん環境要因癌ニュース
Share

スポンサードリンク