ゆうらり Happy Smile
癌と腹膜播種の関係は?経験したことがないほどの貧血と目まいが襲ってきた(ページ1/3)

癌と腹膜播種の関係は?経験したことがないほどの貧血と目まいが襲ってきた(ページ1/3)

胃がん闘病記-日記
2019/09/19
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がんブログ #胃がん闘病記 #胃がん再発ブログ #胃がん転移ブログ #がん終末期ブログ #転移性肝がんブログ #胃癌ブログゆうらり #がん余命宣告ブログ #がん腹膜播種ブログ #がん貧血の症状

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。久しぶりに「胃がん闘病記」の更新となります。書きたいことが他にあったのだけれど、今回は癌の進行にともなう「貧血」をテーマに絞って書きたいと思います。

▼前回の記事

【雑感】癌の進行で頭に障害?目が開かず、物事が認識できなくなる…(ページ1/3)

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。昨日は、どういうことか、目を開けていられる時間が数時間にも満たない1日でした。今も状況はまったく変わらないのだけれど、ちょうど起き上がった良い機会でもあるので、体が許す限りではありますが、その間に頭の中で考えていた雑感を書き記しておきます。▼前回の記事10000回の記事を書き終えたらブログを続ける意味が分からなくなりました…胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。前回の記...

僕が今回あらためて貧血の話題をブログに取り上げたのは、昨日の午前中にトイレで下痢をしたことがきっかけでした。

スポンサードリンク

癌の進行を思わせる腹膜播種の疑いでずっと食事が出来ない苦しみの日々を過ごすなか、お腹を下したことは自分にとって良い事のように思えた気がしました。

お腹を下した原因は、ここ最近の気温の変化が影響しているのかも知れません。ちょっと体を冷やしたかな?という感じだったもので…。

お腹が痛くて下痢をしにトイレに向かう人

まあ、いずれにせよ、下痢が出てくれれば、体内の気道のほうも少しは通りが改善されるのでは?という期待があったのです。お腹がスーッとした感じになれば、食事も再開できそうですから。

ところが、トイレでかなりすごい下痢が出まして…。その瞬間から突然、強烈な目まいが襲ってきたんです。これはおそらく、貧血なのだと思いました。

それからは目が回り、まったく起き上がることが出来なくなったのです。下痢をしたのがキッカケで、こんなに強烈な目まいを体験したのは初めてのことでした。

癌の進行と貧血による目まいで寝込む人

ちなみに本日は、胃がん再発の「転移性肝がん」と診断され、癌の余命宣告を受けてから10ヶ月と26日が経過。また、「最長1年」という癌の余命宣告について、暦から逆算すると寿命は残すところあと『1ヶ月と5日』ということになります。

夜半になったところで、やっと体調が落ち着いてきたように感じ、何とか起き上がることが出来ました。そしてまず最初に僕のしたことは、「貧血」のことをあらためて再確認することでした。それほどに今回の貧血は僕にとって「もうヤバイ!」と観念させられるようなインパクトがある出来事だったのです。

« 前へ
次へ »
1/3
あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
胃がん闘病記-日記