ゆうらり Happy Smile
【虎の巻】がん治療に役立つ情報収集 - がんの“闘病ブログ”と向き合う方法

【虎の巻】がん治療に役立つ情報収集 - がんの“闘病ブログ”と向き合う方法

がんブログ
2019/09/23
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#発言小町 #Yahoo!知恵袋 #投稿サイト #Twitter病気アカウント #がん情報 #がん治療 #がん情報収集 #虎の巻 #がん闘病ブログ #がん悩み相談

パソコン インターネット Webサイト ブログ運営

僕がインターネットを本格的に使いこなすようになったのは、胃がんを罹患したことがきっかけでした。

医師からは、すでに標準治療では治せないほどにがんが進行していると告げられ、とてもショックを受けたものです。幸いにも、臨床試験に参加することで何とか治療は開始されましたが、「自分はもう助からないのだろうか?」という先の見えない不安はいつも僕につきまといました。

そんな、がん治療への不安を解消するために、インターネットを使って「がんの情報収集」を始めたのです。まずは、SNSの活用を思いつき、病気専用のアカウントを作ってTwitterを始めました。さらに、投稿サイトをひたすら読んで自分に有益な情報がないか探してみたり…。

さまざまなことを試してきたなかで、僕にとって一番の心の支えとなった有益な情報は「がんの闘病ブログ」の存在でした。がん患者さんが日記形式でつづった日々の闘病記録は、がん情報が宝庫のように詰まっていて、まさに虎の巻だと思いました。今は僕自身がこうやってがんのブログを書いているのですから不思議なものです。

そこで今回は、がん治療に役立つ情報収集の虎の巻として最後に、がんの闘病ブログと向き合う方法をご紹介します。

スポンサードリンク

がん患者さんの「闘病ブログ」を読む

パソコン インターネット Webサイト がん闘病ブログ

胃がんを患った僕にとっては、がん患者さんの闘病ブログを読むことが最も役に立ちました。しかしそれと同時に、読むことが最も辛かったことも事実です。

なぜなら、闘病ブログという性質上、ブログを運営するがん患者さんはすでに他界しているケースも非常に多く、ブログを読んでいて胸が痛みました。

ブログ冒頭に出てくる最新記事は【ありがとうございました】と題されたものが多くて、最初にそれを読んだときは衝撃を覚えました。ご家族が訃報をお知らせ下さっているんですね。

最終的に、ブログの管理人さんはみんな亡くなっていて、ランキングの上位にあがっているブログほど、その傾向が強いようです。

また、手術の経過などを詳細につづっているブログも多く、そういう記事を積極的に読んでは入院中の生活に当てはめて、シミュレーションしていました。

また、がんの闘病ブログは途中で更新が止まっていることも非常に多く、その理由は2つあります。

ひとつ目は、先に書いたように、ブログ管理人であるがん患者さんが亡くなっているため。がんの進行とともに途中で力尽きてしまい、更新が止まってしまうのです。

そしてもうひとつは、がんの手術後5年が経過して、患者さん自身がすっかり元気になったケース。もうがんだったことなんて忘れているためです。後者の理由でブログの更新が途絶えているなら嬉しいことですが…。

▼関連記事

「終末期の症状が似ている…」ある胃がんブロガーさんが夢にあらわる

こんにちは。胃がんブロガーのMです。とにかく、毎日あまりにも目まいがしんどくて…。これはやっぱり胃の全摘にともなう後遺症(血糖値スパイクとか低血糖とか)などではなく、貧血によるものなんですよね(汗)ひどい貧血が発覚したのは2018年10月のこと。胃がんの手術から6年半が経過した時の血液検査でわかりました。▼関連記事唖然。まさかの再検査へ?!主治医「肝臓にがんの転移が見られるよ」前回の続き。診察室前の待合席で...

ただし、僕が読み始めた頃と比べると、現在は参考に出来る闘病ブログも少なくなりました。低所得層のサラリーマンやニートなどが一斉に「詐病ブログ」を始めたからです。理由として考えられているのは、「儲かるネットビジネス」などという謳い文句に騙されて高額な情報商材を購入した商品の中に「闘病ブログの始め方」というマニュアルが含まれているのだとか。情報商材は儲け話しにつられた人に売りつけるためだけに作られたデタラメの内容です。当然ながら詐病ブログを始めても儲かるはずがありません。ですから、闘病ブログをご覧になる場合は下記の記事を参考にしてくれぐれも騙されないようにご注意下さい。

ニセの闘病ブログで【ステージ4末期がん】とウソをつく人の「素顔」とは!?

術後1998日目。5年5ヶ月18日目です。おはようございます。今朝の体重47.8kg。何とか現状維持でした(汗)毎日毎日、自分の体重や体調で一喜一憂。胃がんになったこと、さらにその後遺症で苦しむことになった自分の運命にはウンザリで、怒りさえ覚える始末です。私のように同じく癌で闘病生活を続けながら後遺症に苦しんでおられる人、またはご自身の癌の苦しみを闘病日記のブログに綴ってらっしゃる人。さらに患者さんを看病しなが...

ステージ4と詐称、嘘のがん闘病ブログが暗躍するランキングサイトの闇について

胃がんブロガーのMです。今回は、「ステージ4」と嘘をついてがん闘病をつづる『詐病ブログ』の存在について。さらに、「ステージ4の末期ガン」だと詐称したニセのがん闘病ブログ・闘病日記が暗躍する『ブログランキングサイトの闇』についてもその所感を書こうと思います。最近になって気付いたことですが、Googleの検索窓にターゲットキーワードを入力すると、検索結果に自分の運営するサイトに関するキーワードのクリック数や表...

厚生労働省【医療機関ネットパトロール】でウェブ広告規制を開始 | うそや大げさなサイトの放置はダメ!誰でも通報できる

胃がんの手術後1978日目です。おはようございます。延々と続く「体調の悪化」。足の痛みがまったく治らず、苦しみのなか生きているのがやっとという感じです(汗)ストレスも極限まで来てるなか、昨夜は一瞬足の痛みがおさまったのを良いことに少し無謀なことをやってしまいました。>>ぎょうざカレー | カレーと餃子を融合した『禁断のレシピ』札幌のソウルフードが食通の心をくすぐる!当然のことですが、その後は苦しんで苦し...

「医療系サイト」もさまざま。中でもおすすめは⁈

医療系ウェブサイトのイメージ画像

がんの闘病ブログにつづられた生の現場の様子を読みながら、治療に関する情報収集で僕がよく参考にしたのが、いわゆる医療系サイトで書かれた記事でした。ここからは、多数存在する医療系サイトについて、僕なりの感想を書き記しておこうと思います。

「医師Q&Aサイト」を使うのはおすすめ出来ない

病院に行く前にあらかじめ医師に聞きたいことがある人や、病院では聞きにくい悩みがある人が質問を投稿し、登録されている医師(匿名)が回答するといういわゆる「医師Q&Aサイト」があります。

今では弁護士の法律相談などでもよく見かける形式のサイトですよね。しかしこれは、僕には最も合わないと感じたサービスのひとつでした。

僕は何度か胃がんのことで質問したことがありました。ところが、匿名のためか、医師の回答は非常にそっけないもので、「研修医か?」と思ってしまったほど。とても参考に出来る内容じゃなかったです。

病院や研究機関のホームページを見る

これは最も信用できる情報ですね。気になる時は今でも何度も見ています。なかでも「国立がん研究センター がん情報サービス」が一番信頼できるデータなのではないかと思います。

国立がん研究センター がん情報サービス

▼関連記事

がん患者、経験者などに向けたSNS「サバイバーネット」が本格始動

以前にも、がんニュースの記事で取り上げましたが、日本対がん協会による、がん患者や経験者、ご家族の方などに向けた会員制SNS「サバイバーネット」が運用を始めました。がん経験者の食事作りを助けるサイトが開設(癌ニュース 2019/4/12)こんにちは。胃がんブロガーのMです。今回は、気になった癌ニュースの中からピックアップしてまとめてみました。管理栄養士の指導のもとにがん患者さんの食事作りを助けるサイト「がんサバイ...

まとめ

会員制ウェブサイトのイメージ画像

僕はその他にも、医療記事や医師のインタビューがたくさん載っているバイラルメディア系のサイトを読んだりしたほか、がんの専門サイトに会員登録して、会員限定の記事もよく読んでいました。

そこでは、医療ロボットを使った手術についてや、分子標的薬について、血液1滴でがんを診断する検査キットについてなど、がん治療の最前線の記事が多くて、読んでいて希望を持ちやすい一面はありました。しかし、1人のがん患者の立場としてはまったく役に立たなかったですね。

このように、がんを患って不安な時はやみくもに情報収集をしたくなるものです。僕が今まで経験してきて言えることは、どの情報収集方法にも一長一短があるということ。これまでご紹介したことを参考に、自分に合った方法を見つけて頂けると幸いです。

« 前へ
次へ »
3/3
あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング
がんブログ