ゆうらり Happy Smile
【1回限りの近況報告】自ら動いて「シン・胃がん闘病記」の足がかりを着々と…(ページ1/3)

【1回限りの近況報告】自ら動いて「シン・胃がん闘病記」の足がかりを着々と…(ページ1/3)

胃がんブログ
2019/09/28
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がん闘病記 #胃がん再発ブログ #胃がんブログ #転移性肝がん #胃がん転移ブログ #がん終末期ブログ #胃癌ブログゆうらり #がん余命宣告ブログ #転移性肝がんブログ #シン・胃がん闘病記

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。2013年7月にブログを開設してから長きにわたり続けてきた「胃がん闘病記」ですが、9月20日をもって最終回とさせて頂いたことは以前の記事でご報告しました。

ところがその後、多くの人からたくさんの激励や心配の声をメールで頂いております。それに対してまったく返信できなくなった自分自身の体力の低下には苛立ちや腹立たしさを感じる次第です。

本当にどうもすみませんm(__)m

ちなみに、胃がん闘病記をやめてしまったことについて、リアルな友達からは「思いの捌け口がなくなってしまうと逆にMさんにとってストレスになってしまうのでは?」と、心配してくれています。

しかし、僕もいっぱしの日本男子です。一度決めてしまったことなので、もう二度と更新することはないと思います。

だからといって、決して再発したがんの治療や生きることを諦めた訳ではありません。そのために「シン・胃がん闘病記」というカテゴリを設けているのです。

これは、再発がんの治療が始められた暁には胃がん闘病記の代わりとして新たな闘病記録を書き記していくためのもの。未だに治療を行なえていないので記事数はゼロのままですが…。

前置きが非常に長くなりました(汗)多くの様々な声が続々と寄せられていることもあるので、「1回限り」という条件で今回は近況報告をさせてもらいます。

なお、便宜この「胃がんブログ」のカテゴリで書くことにしましたが、このカテゴリは本来プライベートな日記をつづる場所ではなく、どちらかといえば胃がんの一般的な情報をデータベース化する場所。よって、本記事は後で別の場所に移動するか削除するかも知れません。

スポンサードリンク

最後に動ける体力を使って…自ら再発がん治療の足がかりを作ることに

がんの終末期に幽体離脱しそうな患者

つい先日のことですが、昨年10月24日に胃がんの再発による「転移性肝がん」で最長1年の余命宣告を受けてから、あと残り1ヶ月を切りました。

とうとう、この段階を迎えた今。自分としてはどうするべきなのか?弁護士にはずっと説得交渉をお願いしてはいるものの、その無為無策ぶりにさんざん苦しんできたことは胃がん闘病記のほうで書き記してきた通りです。

きっと、このままでは何もしないうちに「死の宣告日が確実に訪れることが明白。悩んだ末に僕の考えたことは、最後に動ける体力を使って自ら動くことでした。

« 前へ
次へ »
現在のページ1/3
あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング
胃がんブログ