ゆうらり Happy Smile
【まとめ】台風19号が直撃。猛烈な強い台風が発生する理由とは⁈

【まとめ】台風19号が直撃。猛烈な強い台風が発生する理由とは⁈

今日のエッセイ
2019/10/13
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#台風 #台風発生原因 #台風定義 #台風19号2019 #台風19号 #台風19号気象庁 #台風19号被害 #防災対策 #大雨特別警報 #災害時の備え

2019年の台風19号は、10月12日から東海地方や関東甲信でかつてないほどの記録的な大雨となり、大雨特別警報が発令されました。さらに台風の北上によって強い雨の範囲は12日夜遅くには東北地方に移っています。

台風19号にともなう大雨の影響は、各地の河川での増水被害をもたらしました。多くの川では氾濫危険水位に達したほか、下記の川で氾濫が発生。

  • 宮城県の吉田川
  • 福島県の宇多川と新田川
  • 栃木県の田川と秋山川
  • 埼玉県入間川流域
  • 東京都の多摩川
  • 長野県の千曲川など

多摩川氾濫 取材記者が見た急激な水位上昇|テレ朝news

 台風の影響で東京・世田谷区などを流れる多摩川が二子玉川駅の周辺で氾濫し、住民からの救助要請が相次ぎました。その増水した多摩川から報告です。

 (延増惇記者報告)
 (Q.現在の多摩川の水位はどうなっているのか?)
 多摩川の水位は依然として高い状態です。ただ、3時間ほど前から雨と風は完全にやみましたので、水位はピーク時に比べて少し下がってきたように思います。ただ、向こうの川岸は堤防ぎりぎりの所まで水位はまだあるので、危険な状態は続いているといえます。引き続き警戒をお願いします。
 (Q.今回の台風では刻々と状況が変わっていったと思うが、ずっと取材をしていて突然、雨や風が強まったことはあったか?)
 丸一日、多摩川周辺や羽田空港周辺を取材しましたが、やはり12日午後9時から午後10時の間はとんでもなく猛烈な雨、風でした。その時間は今振り返ると、まさに台風が川崎市、東京・大田区を通過している時間帯でした。その時間帯の多摩川はみるみる水位が上昇する様子を肉眼ではっきり見ました。今も堤防ぎりぎりまで水位はありますので、これ以上に雨量があって堤防を超えたり決壊していたら、どんな大規模災害になっていたのかなと想像するだけで恐怖を感じます。
 (Q.周辺に住んでいる住民も多摩川の水位を息をのんで見守っていたと思うが、実際に刻々と水位が上がっていく状況はどんな印象だったか?)
 周辺住民も「こんな多摩川、見たことない」と口をそろえるくらい川幅がどんどん広がっていく、そして堤防ののり面が刻々と時間を追うごとに徐々に上がってきました。堤防を超えると住宅に浸水するわけですから、恐ろしさと恐怖、そして災害が今まさに目の前に迫ってきているということを実感することになったので、やはり自然災害の恐ろしさというのは非常に大きいものがあるなと感じました。

2人死亡9人行方不明 一時13都県に大雨特別警報 8都県で河川氾濫 - 毎日新聞

 大型で強い台風19号は12日午後7時ごろ、静岡県の伊豆半島に上陸した。東日本では記録的な大雨や暴風に襲われた。気象庁は12~13日、静岡、東京、神奈川、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨、長野、新潟、宮城、福島、岩手の13都県で重大な災害が発生する恐れがあるとして「大雨特別警報」を発令し、最大級の警戒を

各地で大規模な停電も発生しており、被害はさらに拡大していくとみられています。

33万5000戸が停電 東京電力管内 千葉県で12万戸超 - 毎日新聞

 東京電力によると13日午前4時4分現在、管内で約33万5000戸が停電している。  内訳は、千葉県約12万4800戸▽神奈川県約10万4000戸▽茨城県約4万2800戸▽静岡県約2万7400戸ーなど。

また、東京都では台風19号の被害が出ると予想される9市町村に災害救助法を適用すると発表。今回の台風は甚大な被害と大きな爪跡を残すことになりそうです。

令和元年10月13日3時の台風情報

torrential-rain-weather令和元年10月13日3時の台風情報 出典:気象庁 | 台風情報

最近は台風が本土を直撃する例が非常に多くなりました。なぜこのように「猛烈な」台風が生まれるのでしょうか?

スポンサードリンク

どうして最近は猛烈な強い台風が続くのか。その理由は⁈

最近の天気はおかしい…。異常気象の拡大については誰もが疑う余地のないところだと思います。さらに、襲ってくる台風が強くなるということは、それだけ南の海上の水温が上がっていることを表しているようです。

ただし、日本に猛烈な強い台風の上陸が相次ぐ理由については、決定的に「なにか」と言えるようなものがまだ分かっていないとのこと。すなわち、いろんなことが関係して、今回のような猛烈な台風を引き起こしているものと考えられています。

気象庁でも、現象を解析していくにあたっては様々なファクターを考慮して考えていく必要があることから、現段階で特定の要因を抜き出すことは難しいということのようです。

なお、気象庁は2018年8月に中四国地方で激しい被害をもたらした豪雨と猛暑に関して「地球温暖化の影響があった」と発表しています。

過去に猛威を振るった台風の例

過去に大きな被害をもたらした台風を振り返ってみましょう。

まずは、1954(昭和29)年に発生した「洞爺丸台風」から。

気象庁のホームページによると、死者1361名、行方不明者400名、負傷者1601名となっています。さらに、全壊した住居は8396棟、半壊の住居は21771棟にのぼります。

当時はまだ青森と函館を結ぶ「青函トンネル」が存在せず、青函連絡船が本州と北海道をつないでいる時代でした。

そして、死者・行方不明者数が観測史上最悪と言われるのは、1959(昭和34)年に発生した「伊勢湾台風」です。

気象庁のホームページによりますと、高潮によって大規模な浸水などが起こり、約5000人が死亡、あるいは行方不明になったとされます。

台風の「強さ」と「大きさ」の定義とは?!

今回の台風19号は中心付近の最大風速が55m/sということで、「猛烈な」台風と言われます。

台風の強さの階級分け

torrential-rain-weather台風の強さの階級分け 出典:気象庁

台風19号は、分類上では「大型」なものとされます。

台風の大きさの階級分け

torrential-rain-weather台風の大きさの階級分け 出典:気象庁

今回の台風が最小限に収まることを祈りたいものです。

▼関連記事

【大雨特別警報 発令中‼︎】台風19号の被害に備えて‼︎防災対策まとめ

2019年の台風19号は尋常じゃない雨風ですね。ちょっと恐いです…。気象庁は、異例とも言える最大級の危険レベル5に相当する「大雨特別警報」を発令しました。出典:気象庁 | 気象警報・注意報【大雨特別警報が出された1都11県の市町村】※12日午後8時25分現在■東京都八王子市、青梅市、町田市、福生市、羽村市、あきる野市、日の出町、檜原村、奥多摩町■神奈川県相模原市、小田原市、秦野市、厚木市、南足柄市、箱根町、湯河原町、...

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング
今日のエッセイ