ゆうらり Happy Smile
料理が苦痛になってきた…料理嫌いな主婦はもっと苦痛⁈ラクするためのコツは⁈

料理が苦痛になってきた…料理嫌いな主婦はもっと苦痛⁈ラクするためのコツは⁈

グルメ
2019/10/14
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#料理_苦痛 #料理_苦痛_主婦 #料理_苦痛_うつ #料理_苦痛_本 #料理_苦痛_専業主婦 #料理_苦痛_作ってあげたいと思えない #料理嫌い #料理苦痛 #料理嫌いな女性 #料理

この記事の内容

  • 料理が苦痛でストレスを抱える主婦さんが多いことを『料理が苦痛だ』という本で知った。
  • 主婦さんの中には「毎日の料理が苦痛で作ってあげたいと思えない」という女性が多いらしい。
  • そもそも「女性は料理好き」と考えるのは幻想⁈
  • 料理が苦痛の正体とは⁈

胃癌ブログ『ゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。

僕は、胃がんになって胃を全摘出してから生まれて初めて料理を作る自炊生活を始めました。それから早いもので7年半が過ぎましたが、正直に告白しますと料理が苦痛になってきました(~_~;)

現在の体調が悪いこともあって料理を苦痛に感じるのかも知れないのだけれど、実のところ、僕はいまだに食材のせん切りの仕方を知らない(そもそもやったことがない)し、揚げ物も作らない。

いわば、誰に食べさせるわけでもないことから、ストレスフリーな料理しかしていないというのに料理が苦痛で仕方がない(汗)もしかして、自分は料理が嫌いなのでは⁈と感じるようになりまして…。

料理を作る主婦

そんな時の悪いクセ?で、本を読んで調べてみたんです。料理レシピ本大賞2019「エッセイ賞」受賞で話題の書籍『料理が苦痛だ』を読んでみたところ、僕に限らず主婦さんの間でも料理を苦痛に感じていて、そもそも料理が嫌いだという女性もかなり多いことを知って驚いてしまいました。

スポンサードリンク

主婦のほとんどは料理が苦痛、女性は料理が好きというのは幻想だった⁈

ネタバレになるので細かいことを書くのは差し控えますが、著者・本多理恵子さんの『料理が苦痛だ』という本に、そもそも女性は料理が好きというのは幻想で主婦さんのほとんどが「料理が苦痛」と感じている、と書かれていることにたいへん驚いています。

しかし、考えてみれば決しておかしなことではないんですよね。

男女が同じような社会生活を暮らしている現在の日本で「男性ならば車の運転や大工仕事が好きで、女性ならば料理や手芸を楽しいと思う」って、逆に不自然な気がしました。

何が好きか?楽しいか?なんて人それぞれというわけです。

自分は妻だというのに料理が苦痛だ。ちゃんと作ってもいない。だいたい、女だからって料理を作らねばならないのか?と疑問にも思うし、不公平だとも感じる時もある。しかし、そんな風に声高に提議してみる気もなければ、戦う気持ちもない。

そもそも嫌いなわけですから、毎日の料理が苦痛で作ってあげたいと思えないのは当然のことですし、ストレスを抱えながら毎日ごはんを作って自己嫌悪に陥るのもわかる気がします。

苦痛な料理を毎日作るのは罰ゲーム!嫌い・苦手な工程を知るとラクになるかも

料理が苦痛な主婦

主婦にとっての料理は、毎日かつ毎回向き合う“日常”です。嫌いな料理を苦痛に感じながら続けると、まるで罰ゲームでしかありません。

一口に「料理が嫌い」といっても、その中で特に嫌い・苦手な工程があるものだとこの本では説明しています。

したがって、自分はどの作業が嫌いなのか?を知っておくと、苦痛に感じる料理についての対策がとれるそうです。

買い出しが嫌い、洗うのが嫌い、そもそも献立を考えるのが嫌い…。料理をする中で嫌なことが把握できたら省力化するためにとにかく知恵を出す。

自分の嫌いなことを把握しておけば、そこだけ外注・手伝いを頼んだりも出来るし、調理行程を短縮するために手順を考えたり、家電を揃えたりも出来ます。

例えば、買い出しならネットオーダー。洗うのなら食洗器を買う。献立を考えるなら食材宅配サービスやアプリを利用する。

料理を作るのが全部イヤになってしまった…どうすればイイ⁈

料理が嫌になったので休む主婦

しかし、何もかも嫌いになってしまう時は誰にでもあります。もし、料理を作ることの全部が嫌いになってしまったら、すべてをやめるべきだとこの本にはつづってありました。ダメ出しをする他人には決して惑わされないで欲しいとも…。

料理をすることでストレスから解放される人がいる一方で、料理自体がストレスな人もいる。これは、お互いにまったく別世界に生きている人で、どちらも同じく正解で、正しいということなんですね。

料理を毎日作っていたら「もう作りたくない」とか「誰かが作ってくれたご飯を食べたい」と思うのは当たり前。作り続けたらイヤになることなんて当然なわけです。

料理バロメーターがショート気味になったら、自分を責める前にまず休む。それは許されて当然の休息だと言えます。

料理を作るのが全部イヤになってしまった…そんな時はこう言って休みましょう♪

「料理が苦痛なので、今日は作りません‼︎」

まとめ

かと言って、僕の場合はそうもいかないのが辛いところです。何しろ、胃が無くなってから外食やコンビニ弁当があまり食べられなくなったうえに独り身。たとえ貧血がひどくても料理を作らなければ食事が出来ないときたもんだ…。

大雑把な料理男子

記事の冒頭にも書いた通り、僕の料理は正確に食材のせん切りもやりませんし、揚げ物も作りません。まったくの独学で料理を始めたことも関係してますが、どうせ食べるのは自分だけだし、ストレスフリーな調理方法で十分♪

料理が不味いと文句をいう夫に怒る主婦

だから、人のために料理を作るのって本当に大変なのは良くわかります(^^)

女性だからといって料理が義務化するのもおかしいし、そのうえせっかく作った料理に「まずい」とイチャモン付けられたらアタマにも来ますよね‼︎

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
グルメ