comments trackbacks you may also like

【近況報告】胃癌の再発で「最長1年」の余命宣告からまもなく1年…シン・胃がん闘病記~序章

2019年10月21日
AVANT: 癌の余命宣告~共存
0
#胃がんブログ #胃がん闘病記 #シン・胃がん闘病記 #シン・胃がん闘病記_序章 #胃がん再発ブログ #胃癌ブログゆうらり #がん終末期ブログ #転移性肝がんブログ #がん余命宣告ブログ #転移性肝がん

胃癌ブログゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。

胃がん闘病記終了してから大変ご無沙汰してしまいました(汗)今回、このシン・胃がん闘病記にて初投稿させてもらいます。

なお、この「シン・胃がん闘病記」は、胃がん再発の転移性肝がんの闘病記録をつづるためカテゴリを設けたものです。

シン・胃がん闘病記

だからといって、昨年10月24日に医師から告知された癌の余命宣告からいまだに治療をはじめられずにいます。

あれから早いもので、今日は2019年10月21日。医師の見立てによると、かりに治療を行わなかったとしたら、癌の進行によってどれくらいの期間で死んでしまうのか?と尋ねたところ、もって最長1年だろうとのことでした。

まあ、多少の誤差はあるのでしょうが、日本の名医と呼ばれた主治医の予想だけあって、さすがにかなりまずい体調に陥っている次第です。

一刻も早く病院へいき、処置をほどこす必要があるのにそれが出来ない。だから、この「シン・胃がん闘病記」を始めるのはある意味フライングになってしまう。

では、なぜ今回こうして書いているのかと言いますと、心配していらっしゃる読者の方からたくさんのメールをお寄せ頂いているのに、まったく返信が出来ずにいるからです(汗)

もう一つは、FC2ブログのテンプレートを先日リニューアルした時にいろいろと調べものをしていたところ、空のカテゴリが存在するとSEO的に良くないと書かれてあったので…。こりゃあ、何かを書いておかなきゃアカン!ということに至りました。

てな訳で、この記事はもし治療を始められたら削除するかも分かりませんし、治療が出来ずに間もなく癌の進行で死んでしまったら、この記事で終わりになるかも知れません。

とりあえず、読者の方へのお返事を兼ねて簡単な近況報告とさせてもらいます。

まもなく癌の余命宣告から1年を迎える僕の体調は⁈

癌の治療が出来ぬまま、まもなく余命宣告から1年を迎えようとしている僕の体調を簡単に説明します。

以前から「胃がん闘病記」のほうにつづってきた症状は悪化の一途を辿るばかりです。治療どころか、薬ひとつ飲んでないのですから当然のことか…。

貧血・目まい

現状で何よりもつらいのは、貧血と目まいですかね。やっぱり、これがヒドイと何も出来ないし、ほとんど起きていられなくなります。

貧血は、転移性肝がんの診断を受けるちょっと前あたりから自覚症状にあらわれました。それから1年近くも放ったらかしで過ごしていて、現在ではちょっと尋常じゃないくらいにキッツイ症状が襲って来ています。

横から起き上がると、まず、強烈なかすみ目が起こります。それと一緒に、だいたい眉毛から上が自分の頭じゃないような感覚になって、全体に異変が始まるのです。

何か、頭を半分ちょん切って、その上を星のようなチカチカしたものが左右に流れていくような気持ち悪い感じ…。その内だんだん頭が重くなって起きていることが難しくなります(汗)

こんな有様ですから寝ていることしか出来ないのだけど、何も出来ないとストレスが山積していきます。だからブログを書くようにするのですが、こんな体調だとなかなか難しいもんですね(汗)10分くらいしか集中力が続かず、すぐに眠ってしまいます…。

握力の低下

おまけに、最近は握力がまったく無くなった。まず、商品の袋を開けられなくなり唖然。さらに、無理やり起きているために気付薬代わりで甘いコーヒーを飲むとき、砂糖を入れてスプーンでかき混ぜる手が攣ります(汗)

コーヒー

こんな状態で、もっと自分が驚いたのが、スマホをタップしてもなかなか反応しなくなってしまったんです( ̄O ̄;)

だから、スマホでブログを書こうとしてもなかなか進まないし、変換ミスだらけ(汗)こうなると、かなりまずいですよね…。

右肋骨あたりの痛み

癌の進行による腹膜播種?異常な腹部膨張の写真を撮影 胃がんブログ ゆうらりHappySmile

あとは、腹膜播種らしきお腹の張りに加え、右の肋骨あたりがいつもシクシクと痛むようになりました。癌の宿る肝臓自体には神経がないので痛まないはずですから、他への転移が進んでいるということなのでしょうか⁈

【体調報告】癌の進行で腹膜播種を思わせる腹部膨張感のその後について(ページ1/3)

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。とくに、これといった進展は何もないのだけれど、「生きてますか?!」という問い合わせメールがたくさん届いて返信できませんので「胃がん闘病記」を更新することにしました(^_^;)大丈夫です。まだ何とか生きておりますのでご安心ください…。▼関連記事【閲覧注意】癌の腹膜播種⁈がさらに肥大(写真あり)し苦しんだ1日…(ページ1/3)胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。昨日に引き続き、...

癌と腹膜播種の関係は?経験したことがないほどの貧血と目まいが襲ってきた(ページ1/3)

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。久しぶりに「胃がん闘病記」の更新となります。書きたいことが他にあったのだけれど、今回は癌の進行にともなう「貧血」をテーマに絞って書きたいと思います。▼前回の記事【雑感】癌の進行で頭に障害?目が開かず、物事が認識できなくなる…(ページ1/3)胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。昨日は、どういうことか、目を開けていられる時間が数時間にも満たない1日でした。今も状況はまっ...

糖尿病の発症⁈血糖値スパイクも重症化

dragonball

また、癌の進行とは別に、胃の全摘にともなう血糖値の後遺症も放置したままだから、これの悪化した症状もかなりつらい(汗)

手先と足先が痛むうえ、たぶん高血糖の仕業だと思われる頭皮の赤ただれ。血糖値スパイクも激しくて、食事がまともに出来ないから、激痩せに拍車がかかっています。

糖尿病を発症してる可能性が高いので、癌の進行とともに症状が複雑化する現状はまるで拷問のようです(汗)

こんな生活を1年近くも続けています。普通の人なら耐えられないんじゃないか⁈と思うほどつらいですが、24時間ずっとさまざまな症状で苦しんでいるもんですから耐性というか、自分自身ワケがわからなくなっているのかも知れませんね(汗)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

おそらく、ドラゴンボールZの劇中で、フリーザを倒すためにナメック星へ向かう途中、宇宙船で重力の修行をおこなう孫悟空と同じ状況なのだと思います(^_^;)

胃がん再発の転移性肝がんを治療するために準備のほうは整っているんです…

実は、胃がん闘病記のほうでも書きましたが、資金面など、転移性肝がんの治療を始めるための準備はすでに整っているんです。

体が動かなくても、友達が車で運んでくれると言ってくれてますし、区の保健師さんも付き添ってくれると言ってくれてます。

ところが、たった1つの障害のために、癌の治療が何も始められない状況で非常に困っているのです。

がん治療を始められないたった1つの障害とは⁈

その、たった1つの障害というのは、胃がん闘病記を読んで下さった読者の皆さんもよくご存知の通りだと思います。

すなわち、昨年からずっと続く、身内の非協力のためなのです。

裁判のほうでお願いしている弁護士は、今でもひたすら身内への連絡を試みています。ところが、相変わらず逃げ回っている始末…。

まさか、ここにきて、昔お世話になった恩師の言葉が現実になるとは思ってもみませんでした。

「あの兄貴だけは信用するな。あとで必ず裏切る時がやってくるから。」

そもそも、僕の兄貴は人とまともな会話やコミュニケーションにトラウマを抱えている変わり者。以前は「〇〇先生の話しかた教室」へ通うのに、1人では行けないから強制的に僕を引き連れたほどです(汗)

ここで経緯を説明すると長くなってしまいますので、お知りになりたい方は「検索フォーム」を使って関連記事をお読み頂ければ幸いです。

あわせて読みたい

家族・身内が癌になった時の協力のあり方とは⁈医師が治療の協力や同意を求めてくる‼︎

ちなみに、僕の友達は、別居されてる身内の方が腹膜がんを患っていることから、何時間もかけて車で毎週サポートに出かけています。

【希少癌】腹膜がんとは?腹膜播種との違いや自覚症状、治療法、生存率など最低限知っておくべき5つのこと

友達から、身内に腹膜がんの方がいると聞かされました。“腹膜”というワードは、「がん」という病との関連でよく出てくるのだけれど、がんの転移した場合に起こる“腹膜播種”とは意味合いが異なるようです。「腹膜がん」という病をはじめて聞かされたボクは、それがただならぬ病状であることが容易にイメージ出来ました。しかし、気になりつつも、そのままズルズルと時間が経ってしまったので、遅ればせながら腹膜がんとはどんな病気...

非常に苦痛で大変なご苦労かと思いますが、すべては身内や家族のため。家族や身内が癌になった場合、通常ですと皆さんはどのように協力なさっているのでしょうか?

ネット上で、次のような質問をしてる人がいました。

家族が癌です 病院に何度も呼び出されます

家族が癌です。
初めは、手術の付き添いのため病院に呼び出されました。
これは理解出来ました。
その後、病状の説明と今後の癌治療について家族同席で説明したいということで呼び出されました。
患者本人はいい大人なので、家族の同席が必要なのかちょっと疑問でしたが、まぁ本人も気落ちしているだろうからという配慮なのかなと思いました。
しかしその後も、同じような病状説明のために呼び出されたり、◯◯という検査をしますという程度の説明に呼び出され、先日の検査結果はこうでしたから治療は◯◯になりますという話にまた呼び出され・・・としているするうちに、なんでこんなに何度も家族が呼び出されるのかと、不審に思いはじめ、疲れてもきました。
往復4時間かけて、仕事も休んで、「え?そんな話、本人だけにすれば良くない?未成年じゃあるまいし」という思いが強くなってきました。
癌の治療というのは、こんなに家族が呼び出されるのが普通なのでしょうか?
経験者の方、ぜひ教えて下さい。

引用:家族が癌です 病院に何度も呼び出されます | 心や体の悩み | 発言小町

この質問について、皆さんの回答は以下のように続きました(クリックすると内容が表示されます)。

当たり前じゃ無いの。

経験者
2015年9月8日 22:45
お子さまだから理解出来ないのですか?

今後の治療方針、治療費用、治療の経過報告など、家族に報告するのは当然です。

行くの嫌ならほっとけば。
普通の人なら、ガンならそんな考え方しないでしょうね。呆れました。

引用:家族が癌です 病院に何度も呼び出されます | 心や体の悩み | 発言小町

あたりまえです
Alice
2015年9月8日 23:05
トピ主さん、初めてのことなので無理もないかとは思いますが
癌に伴う検査や治療の中には、身体に負担がかかるだけでなく、
危険を伴うこともあるので、事前の説明と同意が必要です。
癌の治療では、検査結果によって治療方針も変わってきますので
そのつど説明と同意を経て治療を進めていくのです。

癌になられた方がトピ主さんの何にあたる方なのか不明ですが
どんな年齢の方でも、深刻な病気にかかっただけでもショックなのに
次々に予定される経験したこともない検査や治療の説明など、
自分一人だけで落ち着いて聞いていられないし、理解することも難しい。
近親者が同席して一緒に説明を受けるのは絶対に必要です。

何か不慮のトラブルが起こったとき、家族の方が
「そんなこと聞いてない!」「なんで、そんな検査必要だったの?」
などと騒いでモメることもあるので、事前に「本人と家族」によく説明して、
同意を得て行うのです。

万一トラブルが起こったとき、本人は当事者なので、意識がないとか
モノを判断できる状況でないかもしれないのですよ。
きちんと家族が説明を聞いておくものです。常識です。
面倒がらずに病院に行ってください。

引用:家族が癌です 病院に何度も呼び出されます | 心や体の悩み | 発言小町

患者さん本人はかなり動揺しているので…
ひわ
2015年9月8日 23:32
ご家族の方が同席の上でしっかりと説明しておきたいという意向があると思います。
癌の進行度などに関わりなく、本人は冷静ではいられないものです。不安で押しつぶされそうになっています。
また、抗がん剤などの治療が始まると、副作用で体調が非常に悪くなり、益々医師の話をしっかり聞いて自分で判断するのが難しくなります。患者さんは、あなたをとても頼りにしていらっしゃいます。
往復四時間、本当に大変なことではありますが、どうか支えて差し上げて下さい。

引用:家族が癌です 病院に何度も呼び出されます | 心や体の悩み | 発言小町

家族の同意がないと何もできません
いなちゃん
2015年9月8日 23:54
治療にしても何にしても、家族の同意がないと何もできません。
それが病院というところです。
けれど、それは病院の一存で行っている訳ではないので、変える事もできません。

本人のサインだけあれば良いのではと、私も思いますよ。
何で家族の同意が必要なんだと。

でも、厚労省から求められている事なので、病院の一存でどうすることもできません。

身寄りのいない人の場合、色々と本当に大変です。

病院だって大変ですよ。
ご家族の都合を聞いて、多忙な医師の空き時間を確認してスケジュールを合わせないといけない。
その設定も結構手間がかかるんです。ご家族との連絡もなかなかつかないし。

でも、本人だけでなく、ご家族への説明と同意が求められるのです。

どうぞ厚労省に文句を言ってください。私も言いたいです。

あ、私は病院に勤める看護師です。

引用:家族が癌です 病院に何度も呼び出されます | 心や体の悩み | 発言小町

愛情が無いんだな
寒い
2015年9月9日 3:29
頻繁に呼ばれれば大変なのは分かる。
けれどトピ文を呼んで感じるのは
迷惑を掛けられたくない、面倒だ
という気持ち。

何だかとても冷たい。
ご家族に対する愛情が感じられない。

将来もし、トピ主様が癌宣告をされても
家族にも友人にも頼らずに
どうか一人で闘ってください
未成年じゃ無いんでしょうから。

引用:家族が癌です 病院に何度も呼び出されます | 心や体の悩み | 発言小町

仕方ない部分もありますよ
ライダー18号
2015年9月9日 6:46
ご家族のガン治療、ご心労のことと思います。
お見舞い申し上げます。

さて、私は2年前にガンで手術、術後に抗がん剤治療をしました。

告知は一人で受けましたが、その後の

・病状の詳細説明 ・治療方針の決定 ・手術の範囲、方法等の説明
・手術後の報告とその後の治療法の決定

は、家族の同席を求められました。

インフォームドコンセントという面と、クレームリスク回避のため
でしょう。

ガンの場合、検査や投薬の内容によっては費用面、体調への影響な
ど、事前に家族が了承しておかないと不都合なことが多いのでは
ないかと(保険外になったり、被曝や副作用など)。

再々呼び出されてお疲れかと思いますが、意思決定がそれだけ必要
で、何が行われているのか直接把握できる機会と考えてみてはい
かがでしょう。きちんと記録を取っておくのもおすすめします。

治療の成功をお祈りしております。

引用:家族が癌です 病院に何度も呼び出されます | 心や体の悩み | 発言小町

このように、病院側は家族や身内、親族の診察への同席や治療への協力を求めてくるのです。後々の医療ミスなど、法的トラブルの回避やコンプライアンス徹底のために仕方ないことなんですけどね…。

まあ、それ以前の問題として、癌の治療を1人でおこなうのは非常に難しいんです。これは、胃がん治療の時に経験してますから、自分自身がよくわかっています。

おまけに、今回は癌の再発。さらに、僕は通常の抗がん剤治療がおこなえない体になってしまいました。

胃全摘後の再発がん治療は危険な【抗がん剤のリスク】をともなう?!

今回は、ボクの再発したがんについて、国立がん研究センター中央病院の内科医に相談した内容を書いていこうと思います。本来、がん治療をおこなうのは外科ですが、「内科」という別の立場にある医師からの意見はとても貴重なものでした。胃がんの再発とされる「肝臓へのがん転移」が発覚した2日後。国立がん研究センター中央病院での診察がありました。ちなみに、現在では大学病院のほうを胃外科のかかりつけにしていますが、胃が...

今後、もしも化学療法を始める場合は、現在かかりつけの大学病院に加え、国立がん研究センター中央病院が協力のもとでやらなければならないんです。

このことからしても、身内への説明や協力が必須となっているのはどなたもお分かり頂けると思います。

でないと、見切り発車で動いて仮に治療が始められたと仮定した場合、僕は間違いなく「がん治療難民」になってしまうことでしょう。

おわりに

このことについて、身内の兄はすべてわかっています。彼だって、胃がん治療の時に経験済みなわけですから。

現在の状況についても、すでにメールでぜんぶ説明してあります。

ちなみに、弁護士が送り続けているメールはこんな感じ。

御願い - 弁護士から身内の兄へのメール

それに加えて、行政の指導により僕が送ってあるメールがこちら。

御願い - 弟から兄へのメール1

御願い - 弟から兄へのメール2

すべての状況が分かっていて、一刻も早くがん治療を始めなければ僕が死んでしまうことを兄は知っています。なのにもかかわらず、ワザとこれらに対してダンマリを続け、逃げ回っているのです。

僕は自分が死ぬことを少しも恐れていません。まあ、「もういっかな」くらいの気軽な気持ちで構えてます。2度も全身麻酔をして悟りましたが、人間なんて死んだら無になるだけ。ただそれだけなんですから…。

しかし、僕がこのまま死んでしまった場合に気になるのは、僕を故意に死なせたことになる兄のことです。

先日も、保護責任者遺棄致死の罪の重さがニュースで話題になりました。いわゆる、自分で実際に手を下さない「不作為殺人」というやつです。

こちらも、身内の弟として兄を「殺人者」として、2度目の犯罪者にする形であの世に旅立つのはどうなのか。出来ればそうしたくない気持ちもあって、今さら手遅れかも知れない癌治療のために協力の要請を続けている次第であります。

とりあえず「シン・胃がん闘病記」の初投稿がこのような話しでとても残念です。しかし、現在ではほとんど動けなくなった体を押して、もう少しだけ希望を捨てずにいようと思います。

love.

追記:昨日はどうしてもやらなきゃいけないことがあったのに、とうとう1度も起き上がれなかった(汗)

おまけに、この記事を完成させるのに何と、丸1日かかってしまいましたよ(~_~;)

カラダがしんど…

という訳で、ブログで体調のことや近況報告をコンスタントに書くのがつらい。そして、「シン・胃がん闘病記」には出来れば楽しく闘病日記を書いていきたいので、治療を開始できてから始めたいと考えています。

そこで、しばらくの間は(生きていられたら)すっかり放置したままだったnoteのほうに無料記事を上げていこうかと。

ゆうらりHappySmile|note

ブロガー/FC2公式おすすめブログ認定(http://yularihappysmile.com/)/note始めました!(2018/7/24~) Twitterのフォローもお願いします♪ https://twitter.com/yulari_happy

noteはブログと違って技術的なことがまったく必要なく、SNSのようにサクサク書けちゃいますから(^_^;)

▼で、こんなカテゴリを作ってみた。

シン・胃がん闘病記~序章|ゆうらりHappySmile|note

2018年10月24日、胃がんの術後6年半目にして再発。「転移性肝がん」の発覚で最長1年と『癌の余命宣告』を受けました。それから間もなく1年…。いまだにがん治療が始められず(-_-;)ここでは、再発がん治療をつづる予定の「シン・胃がん闘病記」序章として、ブログとは別に現在の近況報告を不定期で更新していこうかなと思っています。

今後は不定期ながら、ブログの他に余力があればこちらにも書いていこうと思ってます♪

\チェック/

【ランキングに挑戦中】

いつも応援クリック↓
ありがとうございます

にほんブログ村

関連記事
M
この記事を書いた人: M
ブロガー/FC2公式おすすめブログ認定/企業家/投資家/Fashion研究家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/人生なんて気持ち次第‼︎きっと何くるないさ〜(´ー`)
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー日本ブログ村 プロフィール

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!

コメント(0)

There are no comments yet.
未分類 (0)
シン・胃がん闘病記 (20)
┣  AVANT: 癌の余命宣告~共存 (11)
┗  セントラルドグマ: 父親の胃癌 (9)
胃がん(ブログ、闘病記録、胃癌ニュース、私の症状など胃ガン情報全般) (5942)
┣  胃がんブログ (279)
┣  よりぬき 胃がんブログ (16)
┣  胃がん闘病記・日記 (5586)
┣  酒場放浪記 (10)
┣  胃がん手術後の食事記録 (6)
┣  胃切除後の料理など (35)
┗  がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がん History (85)
┣  ステージ3B 多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
┗  胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (27)
がん のこと(ガン情報全般) (502)
┣  がんブログ (285)
┗  がんニュース (217)
胃がん 障害年金ブログ (71)
┣  障害年金 - 準備編 (23)
┣  障害年金 - 審査から年金受給まで (12)
┣  障害年金 - 審査請求・不服申立 (26)
┗  障害年金 - 再審査請求 (10)
Amazon (ニュース、お得なセール情報など) (139)
┣  Amazonセール (2)
┗  📱kindleセール (136)
おもしろグッズ (11)
今日のエッセイ (110)
ニュース・芸能・話題 (759)
┗  転職・キャリアアップ (21)
占い・心理テスト (5)
恋愛・人間関係 (28)
終活ブログ (12)
グルメ (94)
┣  低糖質レシピ (21)
┗  お酒の飲み方 (2)
胃切除後の食事・レシピ (670)
┣  ご飯・おかゆ・和食 (174)
┣  おかず (139)
┣  味噌汁・スープ (74)
┣  カレー関係 (66)
┣  パン・洋食 (63)
┣  麺類 (112)
┗  その他、簡単レシピなど (39)
ブログ (229)
┣  FC2ブログ・便利ワザ・アイテム・HTML・SEO対策など (185)
┣  Google Adsense (アドセンス) (8)
┣  趣味や将棋のこと (28)
┗  ファッション (8)
iPhone の使い方・アプリなど (31)
司法書士 (26)
┣  仕事・実務や登記のこと (1)
┗  事件ファイル (25)
COLLECTION (27)
┣  家電 (11)
┣  ホーム&キッチン (4)
┣  ビューティー&ケア (5)
┣  QOLの改善&ヘルスケア (2)
┗  お酒 (5)