ゆうらり Happy Smile
天皇陛下:即位祝賀パレードの御料車、トヨタのセンチュリーとはどんな車?

天皇陛下:即位祝賀パレードの御料車、トヨタのセンチュリーとはどんな車?

今日のエッセイ
2019/11/10
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#天皇陛下 #即位祝賀パレード #祝賀御列の儀 #御料車 #センチュリー #センチュリーオープンカー #センチュリーロイヤル #天皇パレード #トヨタ最高級車 #車

先月の10月22日。「即位礼正殿の儀」の後におこなわれるはずだった『パレード:祝賀御列の儀』ですが、台風19号による甚大な被害が発生したことを踏まえた天皇陛下は、11月10日への延期をお決めになられましたね。そしていよいよ、10日というパレード実施の日がやって来ました。


生きているうちに何度も見られるわけじゃありませんから、誰もが注目するところだと思います。ちなみに皆さんは、どんな所に関心を持ってらっしゃいますか?


僕の関心事はもっぱら、パレードに使われるオープンカー。すなわち、天皇皇后両陛下がお乗りになる「御料車」のことです。


これについてはすでに発表されていて、車種のほうはトヨタ・新型センチュリーのオープンカーなのだとか。今回のパレードのため、特別に仕立てられたその契約金額は、8000万円を上限としているといいますから凄い車ですよね!



世界中が注目する一世一代のお披露目ということで、日本の車はいかに素晴らしいものかを世に知らしめる絶好の機会でもあるわけなのでしょう。


実のところ、僕は車のことがあまり詳しくありません。ところが、僕には無類のセンチュリー好きの友達がおりまして。よく、センチュリーの話しを聞かされることもあり、今回のパレードをもう少し深い視点で見てみたくなった僕は、センチュリーがどんな車なのかを調べてみることにしました。

スポンサードリンク

天皇皇后両陛下の「御料車」はトヨタの最高級車センチュリー特別仕様で約8000万円!

これは誰でも知っていることですが、センチュリーといえば、半世紀以上も続くトヨタの最高級車。ついうっかり、トヨタの最高級車と聞くとレクサスLSなのでは?と思ってしまいがちですが、あれは別ブランドになりますね。


そして本日おこなわれる即位祝賀パレードで、天皇皇后両陛下が乗車されるのはセンチュリーのオープンカー。しかし、センチュリーの市販モデルにはそもそもオープン仕様が存在しないため、約8000万円で内閣府が購入した特別仕様になるわけです。



まるで高級な土地付き一戸建てでも購入するかのようで、とても車とは思えない価格ですよね。しかし、市販モデルでも2000万円近いといいますから、破格の高さというわけでもなさそうです。

「センチュリー」という名前の由来は?センチュリー登場からのあらまし

ちなみに、センチュリーが初めて発売されたのは1967年のこと。それより少し前の65年にデビューした日産プレジデントに対抗する意味合いがあったと言われています。その時になぜ「センチュリー」の名前が用いられたのか?というと、それは、トヨタの始祖・豊田佐吉翁が誕生してから100年ということがきっかけでした。


また、センチュリーが初めてモデルチェンジした97年まで、30年間にわたって作り続けられたのは、国産車として最長寿記録。ちなみに、今回のパレードで使われるセンチュリーは、2018年6月に登場した現行モデル(3代目)がベースです。


センチュリーの初代は、3リッターV8、2代目は5リッターV12エンジンを搭載。しかし、3代目となる現行モデルは、時代の流れに合わせてハイブリッド車になりました。最高出力381ps、最大トルク510Nmの5リッターV8エンジンに、224psの電動モーターとニッケル水素バッテリーを組み合わせています。



時代を経ても変わらないのが、エクステリアデザイン。全長4980mm、全幅1890mmだった初代から5335mm、1930mmへとサイズは拡大したものの、プロポーションはほぼ同じのまま。キャビン後部の両側にあるCピラーがなぜ太いのかというと、この車は後部座席が最重要だということを示しているのだとか。


センチュリーは原則として、オーナーが運転しない純然たるショーファーカーなんですね。そのため、後部座席に座り、快適な移動を楽しむ仕様になっているわけです。


ロールスロイスやベントレーですらドライバーズカーとして使われることが多くなっているなかで、センチュリーだけは決して時代に流されない。現在も、ほぼ100%運転手付きで乗られており、天皇陛下が乗るに相応しい車だということがよく理解できました。

センチュリー特別仕様オープンカー「御料車」の特徴


今回の御料車として使われるセンチュリー特別仕様オープンカーは「おもてなしの車」です。内外装の設えは、約8000万円という金額が示すとおり、妥協なく仕上げられたようです。


御料車のボディには、7層の塗装に漆塗り技法の水研ぎを3度ほどこし、奥深い艶と鏡のような輝きを追求。色は神威(かむい)と名付けられたエターナルブラックに塗られています。


さらに、インテリアには正目材の本杢を使用。和テイストを強調しているのは、VIPの乗り物であるというほかにも、天皇と皇族が乗車するための特別な車としての意味があるのだそうです。



かつて皇族の車にはロールスロイスやキャデラックなどが使われていました。その後、1967年には日産プリンスロイヤルを採用。この車の老朽化により、2006年からはセンチュリーをベースに仕立てられたセンチュリーロイヤルが採用されています。



こうして調べてみると、今回のパレードに使われるセンチュリーのオープンカーは非常に凄い車だということが分かりました。



最新の技術を惜しみなく使いながら、匠の技により贅を尽くした唯一無二のモデルだったのです。日本の魂が込められたその勇姿は、即位祝賀パレードに華を添えるに相応しい車だと言えます。



あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
今日のエッセイ