ゆうらり Happy Smile
【サインはV:鬼コーチ役】俳優の中山仁、肺腺がんで死去

【サインはV:鬼コーチ役】俳優の中山仁、肺腺がんで死去

がんニュース
2019/11/12
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#中山仁 #肺腺がん #サインはV #鬼コーチ #癌 #癌ニュース

俳優の中山仁さん(本名:中山仁平、享年77歳)が、肺腺がんにより10月12日に亡くなっていたことがわかりました。中山さんの訃報は所属事務所から11日に発表されましたが、故人の遺志によって葬儀やお別れ会は執り行われず、逝去の公表も控えていたといいます。


中山仁
映画「愛の讃歌」より


なお、中山さんが亡くなってから1ヶ月後に公表されたのは、遺族と相談したうえでこのような形に至ったようです。

スポンサードリンク

中山仁さんといえば、刑事ドラマをはじめ、映画や舞台、演劇、青汁のCMなど、幅広く活躍を続けてきた名俳優ですが、何よりも有名なのはドラマ『サインはV』の鬼コーチ役だと思います。


中山さんは早稲田大学政経学部を中退後、1965年に文学座養成所入りしています。それからは劇団「NLT」を経たあと、68年には三島由紀夫さんらと「浪曼劇場」を設立した経歴を持ちます。


昭和の名優がまた、癌によって旅立っていかれました。謹んでご冥福をお祈りいたします。



あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんニュース