ゆうらり Happy Smile
【抗がん剤・脱毛対策】絶対バレない!自然な「ウィッグのつけ方」(癌ニュースまとめ 2019/12/9)

【抗がん剤・脱毛対策】絶対バレない!自然な「ウィッグのつけ方」(癌ニュースまとめ 2019/12/9)

がんニュース
2019/12/09
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#抗がん剤 #ウィッグ #抗がん剤ウィッグ #抗がん剤ウィッグブログ #抗がん剤ウィッグ帽子 #抗がん剤ウィッグおすすめ #抗がん剤脱毛 #抗がん剤副作用 #女性のがん #癌ニュース

帽子付きウィッグ


こんにちは!ブロガーのM(@yulari_happy )です。


若いがん患者、つまりAYA世代と言われるがん患者のうち、その75.9%を女性が占めているという衝撃的な事実が国立がん研究センターなどによって報告されましたね。

【まとめ】若いがん患者は「女性が75%」国立がんセンターなど集計

国立がん研究センターなどの集計で「AYA世代」のがん患者に関する報告書が公表されました。すると、AYA世代のがん患者のうち75.9%を女性が占めていることが分かったといいます。出典:院内がん登録 小児・AYA世代がん集計について | 国立成育医療研究センターAYA世代で女性の割合が多いのは、子宮頸(けい)がんなどが急増するためだといいますから、若いからといって健康に過信するのは要注意。定期検診は怠らないように気をつけ...

若い女性がん患者にとって悩みの種となるのが抗がん剤の副作用。癌の治療中は「脱毛」によって容姿が変化することから、ストレスを感じることも多いかと思います。


抗がん剤の脱毛対策としてウィッグを購入される患者さんが非常に多いそうです。しかし、ウィッグのつけ方を間違えると側からはすぐに気付かれますので、何の意味もありませんよね。


そこで今回は「絶対にバレない自然なウィッグのつけ方」をご紹介します。

スポンサードリンク

セレブ専属ヘアスタイリストが教える絶対バレない「ウィッグのつけ方」とは⁈

絶対バレない!自然なウィッグのつけ方とは? 癌ニュース ゆうらりHappySmile

女性が抗がん剤の脱毛対策としてよく用いるのがウィッグです。たとえ癌の闘病中でも病院には通う必要があります。外出を避けて通るのは至難の業ですが、絶対にバレない自然なウィッグのつけ方をマスターすればいくぶん気持ちのほうも軽くなるのではないでしょうか。


ウィッグを上手につけるには、絶対バレない!自然な「ウィッグのつけ方」をセレブ専属ヘアスタイリストが紹介という記事で詳しく紹介されているので参考になると思います。

さまざまなウィッグの種類があるけれど、トーキョーによると、地毛っぽさを出したいなら、前髪にレースがついた「フロントレースウィッグ」がオススメだという。自然な生え際だから、ウィッグだと誰も気づかないとのこと。

またトーキョーは、「ウィッグをつける時は、必ず実際の生え際より2cm前を意識して。じゃないと、おでこが広く見えて猿の惑星みたいになっちゃう」とジョーク交じりにアドバイス。

▼Amazonタイムセールでウィッグを探す

Amazonタイムセール会場

なお、抗がん剤の副作用は脱毛のほかにも現れる場合があります。その際は、以前ご紹介したこちらの記事が参考になるかと思います。

女性のための無料小冊子「がん患者さんのためのBeauty Book」外見上の悩みに対応

がん治療の副作用でお困りの女性患者さんに朗報です。化粧品の製造・販売をおこなう資生堂が、小冊子「がん患者さんのためのBeauty Book」を10月21日に発行しました。これは、抗がん剤などをはじめとするがん治療の副作用で生じた美容上の悩みや肌色の変化、眉・まつげが抜けるといった外見上の変化に対し、スキンケアやメイクアップによってカバーする美容情報やテクニックをまとめたものです。...

「これでもう帽子なしでも外出できる」…医療用部分ウィッグ体験で当事者感激

抗がん剤治療や脱毛症によって髪を失った女性のための医療用部分ウィッグ。一般的な部分ウィッグは、加齢による薄毛を対象に、ボリュームアップを目的とする人工毛のものが主流だが、近年は比較的若い利用者のニーズを反映した「ボリュームを出さず、地毛と自然に馴染む」、そんな部分ウィッグが注目されているという。

「医療用ウィッグ」試着してみると―

岩田キャスター「こちらはどのようなサービスをしているんですか」

抗がん剤治療をするがん患者の大きな悩みのひとつが、脱毛による“見た目”の問題。そんな悩みを解決するために、こちらの美容室では、医療用のウィッグを試着・購入できるそうなんです。その「医療用ウィッグ」とは、どんなものなのか、さっそく見せてもらうことに。

岩田キャスター「見た目ではあまり違いがわからないんですが…」

さらに、触ってみても、違いがわかりませんでした。実は、通常のウィッグと医療用との違いは、内側に秘密があるんだそうです。

店頭「外からの見た目、さわり心地は変わらなくても、一番の違いはここに(人工)皮膚がついているっていうものなんですね」

抗がん剤治療で脱毛した頭皮に直接ウィッグをつけた際、自然に見えるよう、裏地がはり付けられているんです。

がん治療、見た目もケア 頭髪・顔色…おしゃれに工夫

男女を問わず、がん治療で患者の多くが気にするものの一つは見た目の変化。ボランティアグループ「帽子クラブ」は、窓口から紹介を受けた患者などの脱毛や顔色の変化などの相談に乗る。眉のカットや化粧の手伝いのほか、プロの講師によるメークの講習会や安全な化粧品の紹介、帽子の販売などを主に週2回実施している。化粧をしたり、似合う帽子を見つけたりすることで、患者の気持ちは変化する。ある患者は「メークして久しぶりに心がおどった」と感謝の声を寄せた。

妊娠への備え、ウィッグ…26府県、がん患者に独自助成

がん治療を若い世代が受けると、女性は卵巣・子宮、男性は精巣などの生殖機能に悪影響が出る可能性がある。治療後に妊娠したいという希望をかなえる温存治療は近年、広がり始めている。だが保険適用外のため女性20万~50万円、男性が4万~6万円程度かかる費用が課題だ。また、保存を続けるために毎年数万円ずつがかかる。所得や年齢による制限もあるが、12府県は女性に10万~40万円、男性は2万~5万円(手術を伴う場合は25万円)を上限に卵子や精子の採取・凍結にかかる費用を助成している。

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング
がんニュース