胃ガンで胃全摘した私の手術痕、術後2年4ヶ月3日目にして痛む傷口

2014年08月08日
0
0
胃がんブログ

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。今回は、胃ガンで胃全摘した私の手術痕についての話し。がんセンターの医師より、手術の傷口は時が経つにつれ、色が薄くなっていくと言われておりますが…。


胃ガンで胃全摘した私の手術痕、術後2年4ヶ月3日目にして痛む傷口

胃がんの全摘手術を行なってから、今日で術後2年4ヶ月と3日目。これが、現在の私の手術痕の状況です。

スポンサードリンク

これが、胃がんの手術をしてから2年4ヶ月と3日が経過した後の手術痕。しかし、最近は傷口の色が薄くなるどころかむしろ濃くなっている気が…。


胃ガンで胃全摘した私の手術痕、術後2年4ヶ月3日目にして痛む傷口

おまけに、時たま激痛が走ることが増えてきて、不安が募るばかりです(-。-;


問題のなき事を祈ります。



実は、こちらの「アットノン」という商品が手術痕にも効果があることを知ったのは、ずいぶん先のことでした...。今では常に常備してひたすら塗り続けています。


love.

関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
スポンサードリンク
M
Posted by M
ブロガー/ファッション研究家/会社経営/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する45歳/おうちごはん男子部 所属/料理を悪戦苦闘修行中/2011年38歳の若さでほぼ末期の胃がん宣告/奇跡的に生還!/人生なんて気持ち次第!!きっとなんくるないさ~

Comment 0

There are no comments yet.

コメントする