社労士に相談 【がん 障害年金 Q&A】年金をもらうためにやること3つ

By



スポンサードリンク


こんにちは。「がん障害年金ブログ」の管理人Mです。


前回に引き続き、胃ガンになって後遺症を抱えたボクが障害年金のことを知り、専門の社労士に相談する話しを書いています。


胃ガンで胃全摘したら障害年金をもらえるの? - 社労士に相談する日

障害年金 - 準備編目次(クリックして表示)①【癌 障害年金 ブログ】はじめます!胃がんでも年金って貰えるの?②胃ガンで胃全摘したら障害年金をもらえるの? - 社労士に相談する日③社労士に相談 【がん 障害年金 Q&A】年金をもらうためにやること3つ④【障害年金 初診日証明】 がんのカルテがない!その時どうした?!⑤障害年金には「基礎年金番号」が必要、年金手帳が見つからない時は?⑥【障害年金の診断書】胃がん術後の"自...


自分の現状を社労士に伝え、いろいろと障害年金のことを詳しく教えてもらったうえで、年金をもらう手続きを始めるか決めようと思いました。


今回は、社労士に相談したときに教わった、「癌で障害年金をもらうためにやる3つのこと」を説明していきますので、ご参考になれば幸いです。




スポンサードリンク

社労士事務所の最寄り駅、同じ「胃がん」で死去した父親との思い出


今日は障害年金のことで相談するため、社会保険労務士事務所に伺うことになっていました。障害年金のことを知ってからまだ2日目のことです。


胃がんのボクでも本当に年金がもらえるのかを知るためです。


約束の時間に遅れないように、社労士事務所がある最寄り駅へ早めに到着しました。


ここはたまたま、自分が住む場所から近所にあります。しかも、この駅は幼い頃の思い出深い場所だったのです。


駅の近くには昔から、大きなホテル兼結婚式場が建っています。中には大きなプールがあり、夏になると同じ胃ガンで死去した父親によく連れて来られたものです。


今では自分も胃ガンになり、その後遺症のことでまたこの駅に来ている。これも何か運命の巡り合わせなのだろうか?


これまでの胃がん治療や胃全摘による後遺症を社労士に説明した


約束の時間になったので、予定通り社労士事務所を訪ねた。事務所はとても広く、かなりの人数が従事しているようだ。


対応してくれたのは、代表の社労士と事務スタッフが1名。本職の社労士はとても親切そうな女性で、ボクより少し上くらいの年齢に見えた。


事務スタッフも女性。どうやらこの事務所は全員女性なのかも知れません。


約1時間ほどにわたり、自分の胃ガンやこれまで行なってきた治療のこと、胃全摘後の後遺症などについて話しを聞いてもらいました。


抗がん剤治療や胃全摘にともなう後遺症は障害年金の受給対象になる


結論から先に言うと、がん治療で使用した「抗がん剤」の後遺症や、胃を全摘したことが原因で起こる後遺症(ダンピング症状など)は障害年金の受給対象になるとのこと。


やっぱりそうだったのか...。「胃がん」になったらボクでも障害年金がもらえるんだ!


ここまで来たら躊躇する必要もない。その場で障害年金の手続きをお願いすることにしました。



業務委託契約書(委任状)を取り交わし、着手金として3万2,400円(税込)を支払いました。


障害年金の準備でやるべきことは3つ!①「初診年月日の証明」


障害年金の申請にあたり、ボクがやるべきこととして3つのことを言われました。


まず一つ目は、「ガンの初診を受けた病院」に行き、「初診の年月日」を証明してもらうことから始めるらしい。



この「受診状況等証明書」という用紙を担当医師に渡し、所定のことを書いてもらう必要があるようです。


②初診の年月日を起点にした「診断書」の作成


やるべきことの二つ目。初診の日付を証明してもらったら、この日付を起点にして「診断書」を書いてもらうのが次のステップ。


用意する診断書は次の2つです。


  • 「初診日から1年6ヶ月後」の時点における診断書

  • 「現在」の診断書


計2種類分の診断書が必要になるようです。まず①は、過去(最高5年)にまでさかのぼって障害年金を請求するためのもの。


②は、これから未来にわたって年金をもらうための請求用です。


障害年金って、本来もらえた分を過去5年分までさかのぼって請求できるんですね!これは凄いことです。


金額もかなりまとまった大きなものになりそうだし、この制度を知らない人はかなり損をすることになりますね。



診断書にも、「障害年金用」として所定の用紙があるらしい。通常の診断書と内容も違ってくるので注意が必要です。


③癌になってからの経緯を「病歴・就労状況等申立書」に書く


3つ目として、「病歴・就労状況等申立書」という用紙を渡されました。



こちらの用紙には、癌になってからの病歴状況等を自分で書き込むようです。いわば、「がんの履歴書」みたいなものか?


【がん 障害年金 Q&A】 障害年金が支給されるまでの期間はどれくらい?


すべての書類が整い、年金事務所に申請を行なう。すると、実際に年金が支給されるまでは一般的に3、4ヶ月ほど期間を要するらしい。


これは近年、年金受給の申請が増え続けていて、処理に対応しきれていないことが理由とのこと。


早く年金を受給するためには、迅速に診断書等の書類を揃えて申請をおこなうことがポイントのようです。


しかし、診断書等の作成は自分が動いてお願いしなければならないので、後遺症を抱えた独り身だと結構つらいものがある(汗)


体調が悪くて思い通りに動けるのでしょうか?


まずは明日、初診を受けたクリニックへ行き「初診年月日の証明」をお願いしてこようと思っています。


胃がん宣告を受ける直前の採決結果が出てきた


そうそう。社労士に相談する時、資料として当時の物を何かしら持って行こうと漁っていたら、胃がん宣告前に血液検査した時の採血結果が出てきました。



初診から約半年後のものです。初診当時はまともに診察されず、検査すらしてもらえなかったので何も残っていません。


この半年間のブランクが自分の胃がんを進行させたかと思うと、今でも怒りがこみ上げてきます。


さて。


初診をしたクリニック側は、初診日としていずれの日を証明してくるのでしょうか?


容態が悪くなってから半年後に再び訪れた日なのか?それとも、何も対応せずに胃がんが進行してしまう原因となった当初の診察日を入れるのか…


相談が終わり、社労士事務所を後にしようとした時、障害年金の本を頂きました。帰ってからよく読んでみようと思います。



関連記事