胃がん 睡眠とビタミンBの関係のはなし

By

スポンサードリンク
慢性的な睡眠障害により、チカラの入らない状態が
日常化してしまい、いつも具合が悪いのですが(-。-;


なかなか食欲も湧かず、飯を作る気力すら削がれて
しまう為、睡眠というものは、人間が生きるうえで
全ての活力の源なんだなぁ~って、今更ながら痛感
しております( ;´Д`)


そんな事を考えながら、悶々とした状態でいろいろ
サイトを眺めていると、ある記事を目にしました。


不眠はイライラや緊張等、自律神経の不調から来る
場合が多く、これらの予防や改善に効果的なのが、
ビタミンB群


睡眠のリズムを整え、脳や神経の働きを正常に保つ
役割をしてくれるとのこと。


なるほど…( ̄◇ ̄;)


胃を全摘した自分にとって、一生付き合わなければ
ならない後遺症として残ったビタミンBの欠乏症


口から吸収して蓄積が出来ない栄養素という事で、
半年毎の筋肉注射で補っているのですが


日々苦しむ睡眠障害も、手術後の後遺症の一態様と
してきっと、関連付けが出来るのでしょうね(汗)


若い頃は、寝るのが唯一の楽しみ!?でした(^_^;)


そんなささやかな楽しみすら、ゴッソリと根こそぎ
奪い去ってしまう"がん"という恐ろしい病。


医学の進歩により、不治の病と呼ばれていたものが
治る世の中になってまいりましたが、生き長らえた
としても、急激な生活の質低下に伴い、その後待ち
うける様々なジレンマとの闘い(~_~;)


"生きてるだけでめっけもん"


我が国の宗教観のためか、生まれながらにして"生"
という事が絶対的な価値観として存在し、生きてる
だけで幸せという発想に転化するのだと思われるの
ですが、運良く医学の進歩の恩恵に預かれ、その後
何とか生き続ける事を第一の目標に、ポジティブな
気持ちで生活してみても、実際の社会におけるがん
に対する認識度の未熟さ、という様々な現実に直面
する当の本人にとってみれば結構キツイものです。


今の世の中で、たまたま生き長らえてしまったが為
に経験する、様々な苦しみ…。


苦労して何とか繋がっている命なれど、果たして、
その代償にこんなにも苦しみ続ける事を考えると、
それが本当に正解なのか!?と。


大体、悶々とした気分で過ごしてる時には、そんな
葛藤に頭を悩まされる今日この頃です(^_^;)


気を取り直し、本日の2食目はもう夕刻過ぎ(汗)


今回は、軽くお茶漬けを。



水200ccを沸騰させて、油揚げと生姜を入れたら、
醤油と砂糖を各大さじ1/2ずつ加えて甘く煮からめ
ました。



ご飯に乗せたら白ごまを振り、アツアツのほうじ茶
をかけたら完成です^ ^



油揚げの醤油茶漬け(о´∀`о)


レシピはこちらを参考に。



油揚げもこんな風にして食べると、また違った趣き
が味わえてオツなもんですね^ ^


では、頂きます。

love.
関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする