胃がん 今日感じたこと、あれこれ

By




スポンサードリンク


私の田舎でもある、栃木県の那須町で起こった雪崩
事故



生徒ら8人の命を奪う、悲しい事故となってしまい
ましたが。


今日行われた、県立大田原高校側の記者会見をたま
たま観て感じたことは、取り返しのつかないことに
なってしまった、という気持ちが表情に見て取れる
校長とは対照的に、責任者である教諭の対応がやけ
に淡々としており、その時の自分の役割は、という
様な発言を繰り返していた事がとても気になった。


雪崩危険「認識なかった」=「取り返しつかない」と涙も―会見で山岳部顧問


「絶対安全だと思っていた」とか、「危険な場所と
いう認識はなかった」
という様な発言を何度も繰り
返していたが、天候の悪い自然の中で安全な事など
ある訳がないでしょう。この会見で他人事のように
淡々と述べている教諭の姿を見て、この人の認識の
甘さが今回の大惨事を招いたのでは?
と感じたのは
私だけであろうか。





学校法人森友学園の、補助金不正受給問題について。


籠池理事長への告発を受理…大阪地検特捜部


金額の異なる売買代金が記載された契約書のことが
取り沙汰されているけれど、このようなことは巷で
良く見られる話しだ。


私のまわりでも、住宅を購入する方が金融機関から
住宅ローンの融資を受けるに際し、自己資金が足り
なかったり、収入の関係で通常受けられる融資金額
では住宅購入が難しいようなケースの場合、実際の
融資金額を不正に増額させる目的で、仲介に入って
いる不動産業者の営業マンが金融機関の審査の為に
提出する不動産売買契約書の金額を偽造して水増し
したりしているのを良く見かけたものだ。


そのうえで、私の手元に、資料として送られてくる
契約書の写し(実際の売買金額が記載されたもの)
は絶対に金融機関には見せないでくれと釘を打って
くるのだ。自分の営業成績のために、こんな不正を
行なってまで購入者の返済能力以上の住宅ローンを
組ませても、私のように大病を患えば、蓄えのない
購入者は一瞬で返済が滞り、任売か最悪破産となり
人生終わりだ。


そろそろ日付が変わろうとしているので、ボチボチ
晩ごはんの支度でも考えます..(汗)

love.
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする