胃がんめ!止まらぬ体重減少|最低値更新と書き遺し。。。

By



スポンサードリンク

術後1872日目です。

おはようございます。

昨夜は、何とか少しでも軽くもう一食としたかった
のですが、力が入らず、食欲も失せました。

目が覚めると、何だか口の中が苦い…

逆流でもしていたのでしょうか?

ボーッとしながら体重計に向かう。

恐る恐るに乗っかると…

47.3㌕!!

最低値を更新してしまいました(;´д`)

もう、危ないな…。

昨日、胃がん手術後の体重減少について今一度良く
調べてみたのですが、胃の全摘による消化吸収力の
低下はさることながら、気になったのが『体重減少
が著しいほど、がんの再発率が高い
』という医師の
見解が述べられている記事。

たしかに、体重は全ての入り口でもあるし、体調の
重要なバロメーター。度々、食事量が減ってしまう
ことはあれど、昨年末あたりに高熱で苦しんだ頃に
比べればしっかり食べてるはず。

身長と比べると、これ以上体重の減少が続き、仮に
46㌔を切るようになってしまったら、今でも体力的
には限界で全く力も入らないのに、流石に『人生の
終焉
』という可能性も念頭に置きながら過ごすしか
ない…。

まずは、『残された時間を有意義に過ごすこと』を
考えて生活をしたほうが、悔いが残らずに済みそう
です。

朝ごはん。下げ止まらぬ体重の反動で、つい重たい
メニューにしてしまいました(汗)



カレーバーグスパゲッティ



カリフラワーを添え、目玉焼きもトッピングしたの
ですが、流石に無理(汗)



2回に分けて、やっと完食出来ました(^_^;)

こうやって、術後は苦労しながら、何とか頑張って
食べ続けて来たのですが、最近は、いくら食べても
栄養が吸収出来なくなってしまったのか、それとも
身体の中で蝕み続けている『何か』が進行している
ためなのか、体調は期待とは真逆の方向を辿る一方
です。

昨年、母が亡くなり、天涯孤独の身となってしまい
ましたが、きっとこのままだと、私の最期は、衰弱
したままでの『孤独死』という結末も、本気で心配
せねばならなくなりました。

唯一の身内とは昨日話しましたが、返ってくる言葉
といえば、『いっさい協力出来ない』とか『きっと
頭がおかしいんだよ』と。会話のキャッチボールが
出来ません。

こんな状態ですから、もしも、このブログの更新が
長い間途絶えている場合は、衰弱したまま力尽きて
しまった可能性があります。

その際には、親切な読者の皆様から警察などへ一報
を入れて頂けると助かります。

私に関しては、『母』や、『兄』などの続柄を入力
してブログ上の検索フォームで調べれば、警察など
も私の所在を見つけやすくなるはずです。

いざ何かあった時のためにと思い、こんな事を書き
遺してしまいましたが、あとはポジティブに精一杯
頑張ります。

本日も素敵な1日を。

love.
関連記事

Comments 5

There are no comments yet.

M  

Re: 返信ありがとうございます。

コメントありがとうございます。

これから初めての抗がん剤治療なんですね。

副作用に負けぬよう、シッカリと食事をして体力を落とさぬようにすることが大切かと思います。

色々とご心配かとは存じますが、何とか乗り越えて海外旅行に行けるように心からお祈り申し上げます。

>返信ありがとうございます。とても参考になりました。
>主人はこれからが初めての抗ガン剤治療です。
>食欲はあり、体重の減少も最近は留まっています。どうか副作用が少ないことを祈るばかりです。海外旅行はハワイなので、8時間は飛行機に乗ることになります。もう少し主人の様子を見てみようと思います。また相談させてください。

2017/05/24 (Wed) 22:58 | EDIT | REPLY |   

名無しさん  

返信ありがとうございます。

返信ありがとうございます。とても参考になりました。
主人はこれからが初めての抗ガン剤治療です。
食欲はあり、体重の減少も最近は留まっています。どうか副作用が少ないことを祈るばかりです。海外旅行はハワイなので、8時間は飛行機に乗ることになります。もう少し主人の様子を見てみようと思います。また相談させてください。

2017/05/24 (Wed) 21:53 | EDIT | REPLY |   

M  

Re: 主人が

おはようございます。

コメントありがとうございます。

ご返信が遅くなり、申し訳ありません。

これからなさる術後の抗がん剤治療は、胃がんが発覚してから初めてになるのでしょうか?

副作用というのは、個人差がとても激しいようで、一概にこうなるとか、ならないとかは、治療をしてみないとまったくわからないようです。

したがって、あくまで私の経験に基づいてお話しさせて頂きます。

まず、投与する抗がん剤の種類によって、副作用の症状も異なりました。

私の場合、胃がん発覚時には手術が出来ない状態だったので、最初は術前抗がん剤治療を行ないました。

使用した抗がん剤は、入院して点滴で行なうドセタキセルとシスプラチンと、飲み薬のTS-1。

治療中は、副作用がかなり心配だったのですが、若干の吐き気を感じた以外はとくに大丈夫でした。

しかし、退院してから通常の生活に戻る時、目まいでフラフラしたり、食事の味覚がおかしくなりました。退院直後に煙草を吸ってしまったら、ひっくり返りました(汗)しばらくすると
慣れてきましたが、退院後も服用を続けたTS-1の副作用で、酷い下痢に悩まされ、一度お腹が痛くなると十数回も頻繁にトイレに駆け込みました。あまりに酷くてがんセンターに電話したこともあります。あとは、最初の点滴による抗がん剤を投与してから、ちょうど2週間後に、毛髪が9割以上バッサリと抜け落ちました。私は毛髪だけでしたが、個人差により眉毛やまつ毛も抜けるようです。

術後は、TS-1のみでしたが、この頃はだいぶ慣れて来たため、
副作用自体で苦しんだ記憶はあまりありません。それよりも、胃の全摘手術で体重が20㎏近く減ってしまったので、体力的な問題に苦しみました。まともに歩く事も出来ませんし、突然ひっくり返って額を怪我した事もあります。

ざっとこんな感じですが、ご主人様と私とで異なるのは、私の場合は、術前の体力がある時に強力な抗がん剤治療を行なった事で副作用も少なかったのだと思われます。一般的には、爪が剥がれたり、吐き気が止まらなかったり、もっと酷くなる方もいらっしゃるようですので、ご主人様のように術後に強い抗がん剤治療を行なう場合は、かなりの副作用を警戒なさった方が宜しいかと思います。体重の方は如何でしょうか?今はそれほど体重が減ってなくても、1ヶ月後には、抗がん剤の影響もあって、かなり状況が変わって来ると思いますよ。今は、動ける体力があって海外旅行に生きたいと思っていても、きっと、旅行の直前になって、体力的に無理なのでは?とご自身が思われる事もあるかと思います。私は、だんだん減っていく体重と体力によって、術後の1〜2ヶ月はほぼ寝たきりでしたから。筋力が落ちて背中も痛くなるため、ベッドで横になる事も出来ませんでした。

あとは、海外先での食事や衛生面でも心配になるところです。
胃の全摘によって、殺菌作用も低下してますし、海外での慣れない食事や水で、食中毒の心配もしなければならないかと…。

ご主人様の現在の食事の状況は、どの様な感じでしょうか?

まだあまり食べられないのであれば、かなりキツイ海外旅行になるのではないでしょうか?

あくまで、私の主観で簡単に述べさせて頂きましたが、もし私だったら、付き添いの方が一緒にいるのであれば、迷惑をかけてしまうかも知れませんが、短期間であれば海外旅行に行ってしまうかも知れません(^_^;)あくまで、直前の体調をみてから、となってしまいますが。もし何とかなりそうであれば、1週間位で劇的に体調が変わるという事もないでしょうから…。

また何かご質問があれば、お気軽にコメントを頂ければ幸いです。


>初めまして。
>ブログを拝見させていただいて、主人が同じような病状なので、コメント失礼させていただきました。
>主人(33歳)が先月胃の全摘手術を受け、病理検査の結果ステージ3bと診断されました。来週から抗がん剤治療(飲み薬と点滴プラス治験の点滴)が始まるのですが、来月海外旅行を控えています。副作用を考えると先生は海外旅行はキャンセルした方が良いと言っていて、私も無理しないで何かあったら困るし、もうキャンセル料は発生してしまうけど、今回の旅行は諦めた方がいいのではないかなと思っていますが、本人は行く気になっています。退院後の楽しみにしていたので、諦められない気持ちもわかります。そこで、差し支えなければ教えていただきたいのが、抗がん剤の治療を始めるとやはり副作用がキツく、旅行は厳しいでしょうか?個人差はあると思いますが、実体験などから教えて頂けますととても助かります。よろしくお願い致します。

2017/05/21 (Sun) 08:15 | EDIT | REPLY |   

名無しさん  

主人が

初めまして。
ブログを拝見させていただいて、主人が同じような病状なので、コメント失礼させていただきました。
主人(33歳)が先月胃の全摘手術を受け、病理検査の結果ステージ3bと診断されました。来週から抗がん剤治療(飲み薬と点滴プラス治験の点滴)が始まるのですが、来月海外旅行を控えています。副作用を考えると先生は海外旅行はキャンセルした方が良いと言っていて、私も無理しないで何かあったら困るし、もうキャンセル料は発生してしまうけど、今回の旅行は諦めた方がいいのではないかなと思っていますが、本人は行く気になっています。退院後の楽しみにしていたので、諦められない気持ちもわかります。そこで、差し支えなければ教えていただきたいのが、抗がん剤の治療を始めるとやはり副作用がキツく、旅行は厳しいでしょうか?個人差はあると思いますが、実体験などから教えて頂けますととても助かります。よろしくお願い致します。

2017/05/21 (Sun) 00:16 | EDIT | REPLY |   

ひよこばぶ  

辛いですね

糖尿病のお薬飲んでから食事も取れているようで良かったなあ~と思ってましたが
不調は続いてるようで辛いですね

お兄様は病気や今の状態も知っていて何も手助けはしてくれないのですか…
精神的にもお辛いですね

ドラマや闘病記などで家族やパートナーの支えが力になりました~などと良く出てきますよね
羨ましいなあ~と思ってしまいます
家族は居ますがいつも孤独感があります
きっと贅沢な悩みなんだと思いますが…

自分との闘いなんでしょうかね

体重減少、私は術後入院が少し長くて体重減少の時、主治医に退院後も減少して増えなかったら栄養補助のゼリー?飲み物?を病院から買って飲むことになりますと言われました

体重増えないと身体に力入りませんよね
恐怖感も生まれるし
消化吸収が上手くいかないんでしょうか
カロリーの心配もあるし食べる事がストレスになるって本当に大変な事です
少しづつちょっとづつでも良くなってほしいです!!
頑張って下さい!

2017/05/20 (Sat) 22:58 | EDIT | REPLY |   

コメントする