胃がん 【 目まい 】 これって 術後 の 鉄欠乏性貧血 ?はもう要らない!

By

スポンサードリンク
術後1943日目です。



おはようございます。

今日は朝から具合が悪くて…(汗)

サーッと引いていく、目まいに悩まされています。

まだ食事が出来てません(-_-;)

気持ちは前向きなのですが、何ぶんにも体がついて
来ないのです。

とりあえず、朝測った体重ですが…
スポンサードリンク
今朝の体重47.6㎏。

無題 

夜中に、軽くもう1食はさんだおかげか、
今日のところは下げ止まったようです。

この体調不良の原因は何なのか。

胃がん術後の後遺症がさまざまに絡み合う
結果だとは思うのだけれど、やっぱり目先
のことで思い当たるのは、体重減少も関連
した栄養の欠乏でしょうか。

胃全摘のリスクは想像以上に大きい訳で、
食べても期待通りに栄養が吸収されてない
割合が高いのかも知れませんね(汗)

そんなことを考えているうちに、あること
に気付く。

半年ごとに、がんセンターで投与していた
ビタミンの筋肉注射だけれど、今度はいつ
になるのだろう?

無題 

主治医が別の大学病院に移るので、その頃
になるのでしょうが、それがいつになるか
はまったくの未定。いつもより大幅に期間
が空いてしまいそうなんです(・_・;

もしかしたら、この目まいは胃切除による
鉄欠乏性貧血」や、「ビタミンB12欠乏性
貧血
」というものなのか!?( ̄◇ ̄;)


胃の部分切除をした人の約35%、全摘した
人の
約70%に貧血が現われ、術後3年以上が
経過してから起こるのが多いようだけど。

無題 

ビタミンB12の吸収は、胃から出る内因子
いう物質と、ビタミンB12がくっついて吸収
される仕組みのため、胃を切ってしまうと、
この内因子が出なくなる。

よって、口からビタミンB12を入れても吸収
されない
ので、生きてる間はビタミン注射
を定期的に打ち続ける必要がある訳です。

良く、他の胃全摘患者さんのブログを拝見
していると、メチクールというビタミン剤
を医師から処方されて飲み続けてる記事を
見かけるのですが、あれ!?と思う。

この患者さん。

バリバリと働いていたり、出先でガッツリ
と食事が出来ている記事も多いのですが、
胃を全摘したうえに、転移したリンパ節の
郭清まで行なったと書いてありながらも、
ビタミンの筋肉注射の代わりにメチクール
の服用という専門的なところを突き詰めて
いくと、「この患者さん。胃の全摘という
のはおそらく話しを盛っているのだな…。
たぶん、胃の一部切除だ。」ということが
分かってしまうんですね(^_^;)

まあ、人のことは置いといて。

そろそろ無理矢理にでも何か食べなければ
と焦っているところです(汗)

本日も素敵な1日を。

love.
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする