【今さら!?】胃がん 障害年金の件で問題発覚 ! がんセンターの診断書に不備だと !? 些細な事に無駄な時間を費やすお役所の醜態は戦後民主主義教育の当然の帰結

By




スポンサードリンク


審査で待たされ続けてる
障害年金の件で進展が?



昼ごはんを食べようと考えているところしていると
1通のメールが



内容を確認してみると、それは…

以前より、障害年金の件で手続きをお願いしている
社会保険労務士からのものでした。

どうやら、問題が発生したようなのです( ̄◇ ̄;)

スポンサードリンク


「審査」にこれだけ時間を
費やした年金機構からの
指摘とは!?



メールの記載は、次のようなものでした。

M 様

お世話になっております。
◯◯社労士事務所の◯◯でございます。

さて、本日、年金事務所から診断書の返戻
がありまして、診断書に「るいそう(体重
低下状態)」との記載があるため、遡及分
・現在分両方について、身長・体重を記載
してほしい
、とのことでした。

直近で受診の予定があるようでしたら、
直接M様からお願いできれば、とも思うの
ですが、あくまでも数字的な追記ですので
もし直近で受診の予定がないようでしたら
当方から手配したいと思います。

つきましては、今後の受診のご予定をお聞
かせいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ゲッ!!

診断書の追記だと!?( ̄◇ ̄;)

もしかして、たったそれだけの事柄を指摘
するのにこれだけ月日をかけたのか!?


そんな訳もなかろうから、やはり遅れてる
原因は人手不足にあったのだな、と確信。

さて、問題は診断書のこと。

身長・体重の記載といっても、検査や診察
のたびに計測する訳ねえだろ!!
手術の前
じゃないんだからよ~(๑•ૅㅁ•๑)

こんな時のために、術後の体調を毎日記録しておくことをオススメします。


一体、どんなヤツが審査してるんだ!?

こんなやり方だから、いろいろと行政問題
が取り沙汰されることになるんだよ!!

事件は年金機構の机の上で起きてるんじゃ
ない!現場で起きてるんだ!( *`ω´)!


しかし、診断書の訂正といっても、胃外科
の方は今後の受診の予定がないんだよなぁ
(汗)

がんセンター卒業しちゃったので( ̄◇ ̄;)

おまけに、診断書を書いてくれた主治医も
転勤
で、すでにいない可能性が!( ̄◇ ̄;)

がんセンター内の糖尿病科には、10月に
最後の受診が残っているけと、今回の件に
まったく関係ないし…(汗)

一応、そんな感じの返信をして、今後どう
すれば良いかの判断を仰いだのです。

現実問題としてどうすべきか…。

がんセンターの電話受付が繋がらなくなる
3分前に、何となく電話をかけてみた。

はい。がんセンターです。
どうされましたか?


「Mと申しますが、◯◯先生いらっしゃい
ますでしょうか?」

どうされましたか?
具合が悪いですか?


「いえ。以前書いて頂いた診断書の件で」

お繋ぎしますので、お待ち下さい。

あっ!まだいた!( ゚д゚)

無題 

はいこんにちは。どうしたの?

用件を伝える。

ずいぶん前の話しだね。るいそうと判断
した根拠となる身長・体重を示せっちゅう
訳やね。分かった。文書課のほうに診断書
を回してくれればすぐ書くよ!


俺は、何と悪運の強い男なのだろう!!

助かるはずのない、重い胃がんを奇跡的に
切り抜けて来れたのも、この悪運の強さが
あってのことだったのかも!?(c" ತ,_ತ)



「障害年金」をお考えの方に
オススメな本はこちら!



これまで私がブログ上に書いてきた内容を
お読みの方は、障害年金の申請がどれほど
大変なものか
ご理解頂けたかと思います。

これから障害年金をお考えの方は、まずは
制度や手続のことを理解することが必要。

障害年金を理解するうえで、私がオススメ
する本はこちら。

実際に私が参考にしている一冊です。


これならわかる〈スッキリ図解〉障害年金
【商品内容】
がん、糖尿病、うつ病、統合失調症、発達障害、ケガ、難病…
病気やケガで働けなくなった時の強い味方「障害年金」!

公的年金の1つである障害年金。
「制度を知らない」「手続きがわからない」「自分の傷病は対象外だと思っていた」など、
受給の可能性があるにもかかわらず請求手続きをしていない方が少なくありません。

本書では、障害年金を専門に活躍するキャリア10年の社会保険労務士の著者が、
制度の仕組みや手続きなどの基礎知識、請求・受給のポイントを、
図表とともにわかりやすく解説します。

「受給要件は何?」「年金はいくらぐらいもらえる?」「不支給、低い等級になったときは?」
「医師に診断書を頼むときの注意点とは?」「受給しながら働くことで社会とつながる」……
生活の不安を軽減し、就労のハードルを下げ、安心して暮らすために知っておきたい
「障害年金」のこと。

●「請求→不服申立て→受給後→就労」の時系列順で、知りたいところから読める!
●初診日認定変更(平成27年9月~)、精神障害等級判定ガイドライン(平成28年9月~)に対応!

【目次】
第1章●「障害年金」って何?
第2章●障害年金の手続きってどうやるの?
第3章●専門家に相談したいときは?
第4章●却下・不支給の通知が来たら?
第5章●受給が決まった後はどうなる?
第6章●働くことで社会とつながる
【商品レビュー】
障害年金第一人者ならではの本
障害年金は、普段の生活ではあまり関わりがないものですが、いざというときは最も頼りになる制度です。

しかも、受給対象者になっているのに本人が気づいていないこともあるということをこの本で知りました。

さらに、一般的には社会的な信用の高い医師も、障害年金については知識が少なく、記入漏れや実態とは異なったことを診断書に書かれることもあるなど、長年、障害年金の実務に携わった方でなければ分からない注意点が豊富に記載されています。

また、なかなか聞きにくい必要書類も平易な言葉で説明してある点も、この本の特徴だと思います。

いつ、なんどき、障害年金を利用するか分からない立場にある私たちも、いざというときはこの本が心強い味方になってくれると感じました。
(2017年3月5日の投稿から抜粋)

障害年金には時効があります。

後悔する前に、早めに目を通しておくこと
が大切です。

こんな無料アプリに目を通しておくことも
オススメかもです。

障害年金や助成金でお悩みなら社労士の青山信一事務所へご相談!
無料相談にて対応しており、料金を気にすることなくご相談いただけますので、
障害年金・助成金の手続きに関する分からないことや申請に行き詰まっているという方は、
ぜひご相談を。


その他【がん関連】無料アプリはこちら

がんコル | がんセンター が QOL の記録で win-win な研究アプリをリリース!【がん の 無料アプリ】まとめ

続く。

関連記事