胃がん 術後に起きる【胃切除後症候群】と 集中力 の悩みにひとこと言いたい

By

スポンサードリンク
遅い晩ごはん。



今日は、予定がグルグル2転3転としてしまって、
やろうと思ったことが何も出来ず(~_~;)

食事のほうも振り回され、きっちりと献立を考える
余裕さえなくなる有り様でした(汗)

まあ、食事時間が遅くなるのは毎度のことですが…



胃がんの術後に起きる
胃切除後症候群|集中力との関係



ところでこの私、胃がんの全摘手術後は、食事の後
には集中力が散漫となり、細かい作業が非常に困難
な状況となってしまいます。

これは、胃がんの術後に起きる「胃切除後症候群
のうちのどこに分類されるのでしょうか?
スポンサードリンク
そもそも、胃切除後症候群とはどのような
ものなのか。

これについては、下記の専門サイトで非常
に分かりやすく分類・解説されています。

胃切除後に気をつけたい症状|日本臨床外科学会

このなかで、食後に集中力が散漫になって
しまう原因としては、おそらく早期に起き
ダンピング症候群と思われるのですが、
血糖値の上昇を抑制するセイブル薬を服用
してる現在でも、この集中力の散漫自体を
改善することは難しいようです。

この症状を上手く説明することは出来ない
のですが、血糖値の変動という数値以前の
問題
として、食道から小腸、大腸へと食物
という「異物」が流れ込むことの身体への
負担
が大きいのではないでしょうか?

食事の量で調整してみても、どれだけ良く
噛んで食べても大なり小なりで、この症状
がなくなることはありません。

大事な用事があるときや、集中して書類を
作らなければならない時には、とても厄介
な症状ですね(汗)

少しでも症状を感じ取ると、無理して作業
をしてもそのうちだんだんと低血糖が酷く
なり、目まいや冷や汗などが次々に襲って
来るのです。

一度、この悩みを主治医に相談したことが
あるのですが、その時に得られた回答は、

何も食べないこと。

とても悲しいことですが…

これしか対処する手立てはないようです。

この問題を一つ取り上げてみるだけでも、
胃を全摘」するということが、どれだけ
生活の質(QOL)に悪影響を及ぼすのかが
表されているように思います。



晩ごはんは、
バナナフレンチトースト
だけですが…



ちょっとやらなきゃならないことがあり、
出来れば食事をしたくないのだけれども、
体重減少」という問題も疎かに出来ない
ので非常に煩わしい…(汗)

仕方なしに



軽く、バナナフレンチトーストだけでも。



前回作ったブログ記事はこちら



何度食べても美味しいのですが、案の定、
すぐさま目の前がグラグラと…(汗)

しばらく休むしかありません(;´д`)

love.



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする