がん の研究者 が がんになる!? - がんセンター の 都市伝説 -

By

スポンサードリンク
術後1952日目です。

おはようございます。



昨夜は、バナナフレンチトーストを食べただけで、
目の前がグラグラッと…

胃がん 術後に起きる【胃切除後症候群】と 集中力 の悩みにひとこと言いたい

集中力が戻るまで少し休むつもりが、目が覚めると
朝を迎えておりました( ̄◇ ̄;)

イカン!!こんなことでは…

とりあえず、毎朝の体重計測に。
スポンサードリンク
今朝の体重48.1㎏。

あれ!?おかしいな…。下がってる。

メシを抜いたワケじゃないのに(・_・;

まったく。

自分の体調が良く分かりません(汗)

こうなったら、一作業終えるまでメシ抜き
で頑張ろう。



がんは伝染する!?
がんセンターの都市伝説!?
されどタメになるお話し



その前に、コーヒーブレイク

コーヒーをすすりながら、自分のために
なりそうな胃がんの情報をググってると、
摩訶不思議な記事に辿り着いたのです。

がんと歩んだわが人生|胃を切った人 友の会 アルファ・クラブ

国立がんセンター名誉総長、杉村隆さんの
体験記ですが、ご自身も胃がんで胃を全摘
した経験が書かれております。

同じ胃がん患者にとっては大変参考になる
内容で、このような方が現場に携わること
により、患者目線に立った医療が飛躍的に
発展したであろうことは容易に想像できる
ところです。

しかし、記事中で気になった箇所が…。

これは、都市伝説か!?



がんの研究者ががんになる!?


がんの研究者が、がんになる」という
小見出しで綴られたその内容。

ご自身が胃がんを発症される前、それまで
のがんセンターの歴代総長が次々とがんで
亡くなり、「がんセンターの総長はがんで
亡くなる、がんは伝染する
」という人まで
いたそうです。

そんな都市伝説?があったなんて…

なぜそのような事が起きたのでしょうか?

それだけ、その要職が大変な激務だったと
いうことなのでしょうが…

恐ろしいけれど、朝から大変興味深い話し
に触れる事が出来ました。

本日も素敵な1日を。

love.



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする