【胃がん】障害年金の審査は既に終了していた | 年金機構の対応と闇に怒り

By

スポンサードリンク

胃がんにより、さまざまな後遺症に苦しむこの私。



そんな私が現在進めている手続きが、障害年金の受給申請と遡求請求。


法手続きのプロである私らしく、準備から申請まで最速のスピードで行なったものの、申請を行なってから早6ヶ月が経過してしまいました。


 関連記事  ついにこの日が! 胃がん の私が行なう 障害年金 受給申請 の 申立日 初心者はこれだけは読んどけ!


 関連記事  【必読】 胃がん 「 障害年金 請求後 」 審査期間 の錯覚に気付いた朝 緊急レポート


本来定められた審査期間に間に合わない旨の文書が届いてから1ヶ月。診断書の不備を指摘されたものの、作成した「国立がん研究センター中央病院」側の迅速な対応で、最速な補正をしたのです。


 関連記事  胃がん の 後遺症 で申請した 障害年金 の件で 年金事務所 から送られてきた「文書の内容」について押さえておくべき3つのこと


 関連記事  【今さら!?】胃がん 障害年金の件で問題発覚 ! がんセンターの診断書に不備だと !? 些細な事に無駄な時間を費やすお役所の醜態は戦後民主主義教育の当然の帰結


 関連記事  【必読】訂正後の - 障害年金 用 診断書 - を入手 | 緊急レポート


不備を指摘されるということは、審査が行われたということ。書類の送付や、補正した内容の確認等、諸々の行動パターンを想定すると、審査結果が通知されるまでに1ヶ月はかからないであろうと予想していたのです。


しかし、年金事務所からは依然、何も音沙汰もなし


自分としては、いろんなシグナルを総合的に鑑みた結果、年金機構の事務処理には疑念を抱いております。きっと、人手不足によって、すぐ行えることが放置されていたり後回しにしてみたり…。


大量な障害年金の申請で手が回らないとしても、申請から半年も過ぎるのはいくらなんでもずさん過ぎる。


障害年金という社会保障制度自体が形骸化し、名ばかりでまったく無意味なものとなってしまうのです。


そんななか、年金機構の関連で、こんな事がニュースになりました。


年金支給漏れ 再発防げ | 公明新聞


年金相談電話5%しかつながらず…増設し無料化 | 読売新聞


これはヒドい。きっと、私の件も放ったらかしのままに違いない…。


さすがにクレームで動くことにするか。


そこで本日、手続きをお願いしている社会保険労務士に進捗状況の照会をしてもらったのです。


 関連記事  障害年金 をこれからはじめるあなたへ 「 社労士 選び 」で騙されないために


すると、社労士側から照会結果としてこんな内容のメールが届きました。

スポンサードリンク


やはり、審査はとっくに終わっていたようです。


 関連記事  そろそろ本気で学びませんか? 胃がん 障害年金 遡及請求 による 年金受給額 一覧


このブログをご覧になり、これから障害年金をお考えの皆さん。くれぐれもお気をつけ下さい。こんな有り様ですから、ヘタをすれば準備を開始してから審査結果が出るまでに1年近くかかるかも知れませんよ。


とりあえずは「障害年金」に関する進捗状況の報告でした。


love.


Yahoo!ショッピング
無料
(2017.09.22時点)
posted with ポチレバ


 幅広い有機食材や食品が最短1時間で届く!話題の『Vegery(べジリ―)』 


関連記事