とんねるずの【保毛尾田保毛男】に相次ぐ批判 | フジテレビが謝罪

By

スポンサードリンク

9月28日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」30周年スペシャル。


とんねるずのみなさんのおかげでした


番組では石橋貴明の扮するするかつての人気キャラクター「保毛尾田保毛男」が久し振りに登場。ゲイと見られる男性をホモと表現し、同性愛者を揶揄しているとされる「青ひげにピンク色の頰」のキャラクターは、いろんな意味で話題となりました。



スポンサードリンク

SNSなどのネット上では、当事者から


(当時)このキャラクターの話題になるたび、顔では笑いながら心の中ではホモであることが周りにバレたらどうしようと震えていた


当時も全然笑えなかった。言ったらいじめられると思っていた


などの声が上がっていましたが、これに対しLGBTの関連団体などは


「ホモという単語は男性同性愛者に対する蔑称であるとともに、その存在⾃体を嘲笑の対象として表現することは、今なお⽇本社会に残る性的少数者への差別や偏⾒を助⻑する」


などと声明を発表。謝罪を求めていました。


これを受け、フジテレビの宮内社長が記者会見で陳謝


これは30週年スペシャルで、30年間で作り出してきた色々なキャラクターで展開をしたわけですが、もしその時代が違っていて、不快な面をお持ちになった方がいたことは、テレビ局としては大変遺憾なこと。謝罪をしないといけない


と述べ、NHKニュースでも報じられました。


先日、私のブログには癌を患った患者を差別するようなコメントが寄せられましたが、


 関連記事  ニセのがん闘病ブログは「癌患者を差別的な目で見ている」


世の中には人を差別的な目でみる心ない人がいたり、視聴率を稼ぐことばかりに気を取られ、多方面への配慮を忘れたことが一部の人を傷つける結果となってしまったり。難しいものですね。


今後、「保毛田保毛男」がお茶の間に現れることは二度とないのかも知れません。


関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
Share & 拍手
スポンサードリンク

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする