胃がんの障害年金で審査請求を社労士に依頼 | 審査請求手続きの期間や流れ

By

スポンサードリンク

胃がんの障害年金で審査請求を社労士に依頼 | 審査請求手続きの期間や流れ


前回、障害年金の審査結果に疑念を抱き、審査請求をする予定と記事に書きましたが、その件で、社労士から連絡を頂きました。


 関連記事  胃がんで障害年金が認められた年金証書の記載内容で社労士からの回答が


 関連記事  障害年金 の 受給 が【胃がん 患者】の私にも認められた!


審査請求を行なう要件としては、結果を知った日から3ヶ月以内にとなっているため、すぐに手続きを行いたいと伝えました。


でも。


すると、社労士が難色を示したのです。


ん?


理由として、審査請求を行なう前提としてまず先にやらなければならない手続きがあるというのです。


え!?

スポンサードリンク

審査請求を行なう前提として先にやるべき手続きとは


審査請求を行なう前提として、まず先にやるべき手続きというのは、年金機構に対する情報開示請求でした。


なぜなら、審査請求を行なうには、請求するに至った不服の理由が必要。


そのためにはまず、年金機構が裁定した内容を開示させ、それがどのように記載されているのかを確かめる必要があるとのこと。


審査請求手続きの期間や流れ


うーむ。


理詰めで考えればその通りで、言ってることは分かるんだけど…。


「障害年金」の手続きは、「理詰めだけでは上手く行かない」ことが今回の経緯で痛感しているのです。


何言ってるの?


行政が相手なんだから、手続きに則ってやるしかないでしょ?


そんなことは分かってます。私も今まで長いこと法手続きに携わってきた身ですから…。


ただ。


障害年金が他の行政手続きと違うのが、とにかく遅い!


本来なら、法律で定められた期間内に手続きが進められるべきなのに、「間に合いませんでした」という理由書を送りつけて平気な顔して処理を遅延させてくる。


「年金」の分野については、ひと昔前の行政機関と同じなのです。


うん。


内容が内容だけに、この分野での手続き遅延は非常に致命的で、障害を抱えた多くの人を身体的・精神的に苦しめているに違いないのです。


結局、マニュアル通りに手続きを行なったって行政側が決まりを守らないんだから話しになりません。


ちなみに、情報開示請求~審査請求を行なったらどのくらいの期間を要するのか聞いてみた。


①情報開示請求が約2ヶ月

②審査請求が約4ヶ月~半年


呆れた。


マニュアル通りに行けば、ざっと半年以上。この通りに進む訳がないのだから、きっと1年以上かかるに違いないのです。


どこが「社会保障」なのでしょうか?こんな制度じゃ、手続きが終わる前に重篤な後遺症を抱えた人は死んじゃいますよ…。



そこで。


社労士に何点か尋ねました。


①情報開示請求と審査請求を同時に行なうことは出来ないのか?

⇒ 出来ないし、意味がない。ちなみに、情報開示請求は直接本人自身の名で行わなければならないらしい。


②情報開示請求をやらず、先に審査請求をする方法はないのか?請求の理由は、裁定内容を見なくても考えることが可能なはずだし。

⇒ 出来ない。というより、当社労士事務所では情報開示請求をやらずに審査請求はやらないようにしている。


むむむ?


出来ないのではなく、事務所の方針ということなのか。


③審査請求を行なうと、今現在の認定された裁定が取り消されたり、さらに不利益な結果となることはあるのか?

⇒ 今より利益になることはあっても、不利益になることは一切生じない。


④審査請求をして認められなかった場合は、再び審査請求を行なえるのか?

⇒ 出来る。


障害年金の審査請求を社労士に依頼


以上から、私は決めました。


「すぐに審査請求を行なって下さい。」


社労士「気持ちは分かりますけど、当事務所の方針通りにまずはじっくりと情報開示請求から…。」


のんきに気構えている社労士に言いました。


「今、食事がまともに出来ないほど体調が悪化し、体力的にも限界が来ているのです。元犯罪者の親族に話しても、何の手助けすらしてくれません。正直なところ、自分の体はあと数ヶ月も持たないのでは?と実感しています。マニュアル通りに手続きを進めたら、結果が分かるまでに私はこの世にいられる自信がないのです。」


「分かりました。すぐに審査請求を行います。」


また新たな「闘い」が始まりました。


さすがに、今回ばかりは、体力的にみても終わりまで見届けられるかは可能性が低いですが…(涙)


その時まで生きていられると良いのだけれど。


これじゃ、何のために障害年金を請求してるのか意味が分かりませんね(汗)


"年金"の便利アプリまとめ


年金計算機


年金豆知識


知らないと損するお金の知識


定年までの毎月積立額がズバリわかる!あんしん老後の貯蓄計画


ねずみ先生の高額療養費制度-医療保険は必要なのか?


胃がん 術後2008日目/5年5ヶ月28日目


昨日は、まったく食事が喉を通らず…


何か食べると、体が過剰反応を示し、苦しみながら寝込んでしまいます。おまけに、少し時間が経つと強烈な下痢がずっと続くので、さらに体調がおかしくなります(-。-;


結局、食べられたのは、遅い時間にインスタントラーメンの麺のみでした(汗)


食べないと低血糖が襲ってくるのですが、食事の代わりにひたすら甘いコーヒーを飲んでこらえてました。


術後2008日目。5年5ヶ月28日目です。


おはようございます。


昨日の食事量からして、体重がヤバいのでは!?と思いましたが。


今朝の体重47.1kg。


水太りで何とかごまかせたようです(汗)


今日は少しでも食事が出来るといいなぁ…。


本日も素敵な1日を。


love.


関連記事