癌 の【初期 症状】に共通する2つ特徴とは!? 癌の「部位別」初期症状まとめ

By

スポンサードリンク

癌の初期症状に共通する2つ特徴とは


は、他の多くの病気と同様に、初期症状がありますが、その病の性質上、共通する特徴として次の2つが考えられます。


①何らかの(悪性腫瘍)を形成する


②癌は血管(新生血管)が多く組織がもろいため、出血しやすい傾向がある


今回はこの2つの特徴をもとにして、多くに共通してみられる癌の初期症状をまとめてみました。

スポンサードリンク

塊(悪性腫瘍)の形成によって引き起こされる症状


癌という塊(悪性腫瘍)が出来ることで、次の症状が出てくる可能性が考えられます。


塊が「できもの」として触れる


塊が皮膚の浅い部分に出来るような病気では、手で触れて分かることがあります。


• 乳がん
⇒ 手触りに明らかな違和感があるため、自己触診が推奨されています。


• 甲状腺がん
⇒ 前頚部の腫れとして発見され、触診によって癌の可能性が疑われる場合があります。


塊によって何らかの閉塞症状が起こる


塊が管状の臓器に出来た場合、何らかの閉塞症状が生じます。


• 大腸がん
⇒ 便の通過障害としての便秘や、下痢と便秘を繰り返す便通異常といった症状を引き起こします。


• 肝臓がん、膵臓がん
⇒ 胆汁という、肝臓からの消化液の流れが滞ることで黄疸(皮膚が黄色くなる症状)が見られる場合があります。


癌からの出血によって起こる症状


癌が作る「新生血管」のもろさにより、ちょっとした刺激で出血しやすくなります。


• 肺がん、気管支がん
血痰


• 大腸がん
血便


• 胃がん
タール便(出血が消化管を通過していく中で、血中のヘモグロビンに含まれる鉄分が酸化されることで起こる真っ黒な便)


子宮がん
⇒ 血性のおりもの、過多月経


さらには、出血が続くことで貧血が出現。目まいやふらつき、動悸、息切れなどが起こりやすくなります。


このように、癌の塊の形成や、出血しやすい性質を理解しておくことで、癌の初期症状が疑われるような僅かな異変にも気付きやすくなるのではと思います。


 関連記事  癌 の 初期 症状 に 共通 する 危険 信号 とは!?

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする