胃がん の 初期症状 で【見逃しやすい】2つの 症状 とは

By




スポンサードリンク


胃がんの初期症状として見逃しやすいの2つの症状とは


胃がんの初期症状として見逃しやすく、かつ気をつけなければならない症状は、以下の2つです。


① みぞおちの不快感、痛み


胃がん 初期症状


これらの症状は、胃酸過多による胃炎・胃潰瘍や、十二指腸潰瘍でも見られる症状でもあり、市販の胃薬でごまかしてしまうケースが多いと思います。


しかし、重要な癌の早期発見を見逃がすことにもなりかねません。痛みや食欲不振が長く続いたり、以前より症状が悪化しているといった場合には、ぜひお近くの病院へ行くことをおすすめします。



スポンサードリンク


② 真っ黒なタール便が出る


胃がん 初期症状


真っ黒な便が出たときは、注意が必要です。


食べものや鉄剤など薬の影響で黒い便が出ることはありますが、黒い便が続くような場合は放置せずに病院へ行くべきです。


 関連記事  癌 の【初期 症状】に共通する2つ特徴とは!? 癌の「部位別」初期症状まとめ


まとめ/私の経験


以上の2つの症状は、いつもストレスを抱えがちだったり、食生活が乱れがちな生活を送っている多くの人達にとっては、当たり前のように経験していることかも知れません。実際、私もそうでした。


重い胃がんを経験した私の場合、未だに「自分は癌だったのか?」と思ってしまうことがあります。夢でもうなされるほどです。何故なら、医師から宣告を受けるまでは胃がんの初期症状と呼べるものが実感出来なかったからです。


しかし、それは大きな誤りでした。今回述べた2つの症状が、胃がんの初期症状と関係があるなどと知らなかったためで、実際には長いあいだこれらの症状が続いていた訳です。


早めに危険性を察知し、病院へ行っていればどんなに良かったことか...。


検査は非常に大切なこと、と痛感しても、すでにあとの祭りです。



胃がんリスクチェック一覧ページへ

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply